ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
➞ジャパンナレッジについて詳しく見る
  1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 自然
  6. >
  7. >
  8. 日本の山
  9. >
  10. 両神山
日本歴史地名大系

日本歴史地名大系
両神山
りようかみさん

現両神村の西端、大滝おおたき村との境界にある標高一七二四メートルの山で、秩父多摩国立公園・県立両神自然公園のうち。北麓は小鹿野おがの町域にかかる。秩父古生層のチャートからなり、周囲を絶壁に囲まれた特異な山容で知られる。関東平野から遠望され、古くから信仰の対象となった。「風土記稿」すすき村の項には「嶮嶽ニテ高ク青霄ニ聳ヘ、ソノ大ナル武甲山ニ譲ラス、四角八方ニ巌々タル危峰険岩、兀々トシテ羅立セリ、児孫ノ如ク打絡ヘリ」とあり、山の所有は薄村と中津川なかつがわ(現大滝村)枝村白井差しろいざすの二ヵ村で、年貢地となっていた。一方、同書河原沢かわらさわ(現小鹿野町)の項では「八日見山」とみえる。同項では山上に竜神大明神の社を勧請していることから竜神りゆうかみ山とも称したといい、「衆山ニ秀テ嶮岨ノ山路細径曲折、土人モ容易ニ攀ル事ヲ得ス、宿願ノモノ偶登山セリ」とある。

江戸時代には修験者の修行の道場として賑わい、山頂には両神権現社(現両神山両神神社奥社)・両神明神社(現両神神社奥社)の両社が祀られていた。権現社の別当は本山派修験金剛こんごう院、明神社の別当は当山派修験観蔵かんぞう院が勤め、両社ともに伊弉諾命・伊弉冉命の二神を祀り、勧請草創は東征の折に当山に登った日本武尊(命)と伝える。文化年中(一八〇四―一八)の両神山出入訴状并返答書写(金剛院文書)によれば、同八年明神社別当についての争論が観蔵院・金剛院の間で起こり、翌九年に和解、明神社は観蔵院、権現社は金剛院の支配と定められている。ところで寛政期(一七八九―一八〇一)木曾御嶽の登拝道を開いた普寛行者の高弟が金剛院の世代から出たため、同院は御嶽山蔵王権現を奥院(両神権現社)に勧請したり、御嶽講を組織したりしている(同文書)。また両神山の神の眷属である山犬を盗賊・火難除けのため近隣に貸出したり、眷属札(守護札)を代参の者が受取っていた(「風土記稿」など)。一方、観蔵院も両神講を組織して代参を募り、大口真神(神犬)の神札を授けていた。現在、両神山両神神社は小森こもりの字浦島うらしまに里宮が、両神神社は奥社のやや南に本社、薄の日向大谷ひなたおおやに里宮がある。近世の登山道は日向大谷観蔵院前から登るコースが表登山道、ほかに浦島金剛院前から登るコース、河原沢村うち竜頭りゆうとう神社から向かうコースが中心で、各登拝路には多くの石神・石仏などが奉納されていた。現在では表口の日向大谷コース、南口の白井差コース、北口の八丁はつちよう峠コースの三つが代表的登山道になっている。五月下旬から六月にかけてはヤシオツツジが咲き、秋には紅葉も美しい。山中には丸神まるがみの滝・昇竜しようりゆうの滝や、高さ約三〇〇メートルの絶壁である大ノゾキなどの名所もある。なお旧金剛院の史料は現在薄平家(両神山両神神社神主)に保存されている。両神山信仰に関する史料をはじめ、江戸中期からの聖護院門跡の補任状、御嶽山開闢記など普寛行者に関するものなども数多い。

ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。
すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
パソコン・タブレット・スマホからご利用できます。
ジャパンナレッジの利用料金や
収録辞事典について詳しく見る

両神山の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 19
検索コンテンツ
1. 両神山
日本大百科全書
山頂直下の両神神社奥社に伊弉諾・伊弉冉尊(いざなぎいざなみのみこと)の二神を祀(まつ)るので両神山とよばれる。奈良時代に役小角(えんのおづぬ)が開山したと伝えら ...
2. 両神山
世界大百科事典
埼玉県秩父市と小鹿野町との境にある秩父山地北部の山。標高1723m。秩父多摩国立公園に属する。秩父古生層のケイ岩からなる鋸歯状の岩峰で,伊弉諾(いざなき),伊弉 ...
3. りょうかみさん【両神山】埼玉県:秩父郡/両神村地図
日本歴史地名大系
高さ約三〇〇メートルの絶壁である大ノゾキなどの名所もある。なお旧金剛院の史料は現在薄平家(両神山両神神社神主)に保存されている。両神山信仰に関する史料をはじめ、 ...
4. 小鹿野[町]
世界大百科事典
を醸造する。両神山や御岳山(1080m)には多くの登山客が訪れ,小森や薄にはフクジュソウの野生群落がある。1960年代以降人口流出が続き,過疎地域の指定を受けて ...
5. かかんぷ【火浣布】
国史大辞典
平賀源内が日本ではじめて織りだした。源内は一連の殖産興業上の試みとして、明和元年(一七六四)奥秩父の両神山で石綿を発見、採集し、これを材料として火浣布を試作した ...
6. かわらさわむら【河原沢村】埼玉県:秩父郡/小鹿野町地図
日本歴史地名大系
[現]小鹿野町河原沢 両神山の北東、赤平川最上流域の山間地に位置し、東は三山村、南は薄村(現両神村)、西は二子山から延びる山嶺を境に上野国甘楽郡神原村(現群馬県 ...
7. 埼玉(県)画像
日本大百科全書
甲武信ヶ岳(こぶしがたけ)(2475メートル)、雲取山(くもとりやま)(2017メートル)、両神山(りょうかみさん)(1723メートル)など2000メートル前後 ...
8. しろいざす【白井差】埼玉県:秩父郡/両神村地図
日本歴史地名大系
[現]両神村薄 両神山の南東麓、小森川の最上流域に位置する。同山西麓の中津川村(現大滝村)の枝郷で、北東は薄村、東は小森村。「風土記稿」ではシライサシと訓じ、白 ...
9. 秩父画像
日本大百科全書
がたけ)(2475メートル)の高峰をはじめ、雲取山(くもとりやま)、三峰山(みつみねさん)、両神山などや、雁坂(かりさか)峠、新緑や紅葉の名所として名高い中津峡 ...
10. 両神
日本大百科全書
造が行われ、観光農園がある。旧村域東部を主要地方道皆野両神荒川線が走る。西部の秩父市境にある両神山(1723メートル)は、秩父多摩甲斐国立公園(ちちぶたまかいこ ...
11. りょうかみむら【両神村】埼玉県:秩父郡地図
日本歴史地名大系
境となっている。この二つの尾根にほぼ並行して、両神山より分岐した尾根が東に延び四阿屋山(七七二メートル)に続き、村を南北に分断している。また両神山に源を発する薄 ...
12. 【総論】埼玉県地図
日本歴史地名大系
、雲取山から以下は東京都の奥多摩に接する。これらの県境にそびえる山々から埼玉県域に向かって、両神山(一七二〇メートル)・南天山(一四八三メートル)・白泰山(一七 ...
「両神山」の情報だけではなく、「両神山」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

両神山と同じ日本の山カテゴリの記事
富士山(日本大百科全書(ニッポニカ))
山梨・静岡両県にまたがる、玄武岩を主とする成層・円錐火山。かつての富士火山帯の主峰であるが、全国最高の標高(3776メートル)と美しい容姿のために、古来、日本の象徴として仰がれ、親しまれ、海外にもよく知られる活火山。その傾斜は山頂部で32~35度
槍ヶ岳(改訂新版・世界大百科事典)
飛驒山脈南部,長野県松本市,大町市,岐阜県高山市の境界に位置する山。標高3180mは日本第4位の高さである。山頂付近は槍の穂先のように鋭い尖峰を呈し大槍と呼ばれ,その北西斜面には小槍,孫槍,曾孫槍などの尖峰が付随する。山頂からは東鎌尾根,西鎌尾根,槍・穂高稜線,北鎌尾根の
御嶽山(日本大百科全書(ニッポニカ))
長野・岐阜県境にそびえる複式の成層火山。木曽御嶽ともいう。中央火口丘の剣ヶ峰(けんがみね)が最高峰で標高3067メートル。外輪山(摩利支天山、継母岳)、寄生火山(継子岳、三笠山)、噴火口跡(一ノ池~五ノ池)などが南北に連なり、これらを総称して御嶽山とよぶ。頂上周辺の一ノ池
おお‐やま[おほ‥] 【大山】(日本国語大辞典)
(1)大きな山。また、山の美称。*万葉集〔8C後〕一二・三一五三「み雪ふる越の大山(おほやま)行きすぎていづれの日にか我が里を見む〈作者未詳〉」
しら‐やま 【白山】(日本国語大辞典)
〔一〕石川・岐阜県境にある白山(はくさん)の古称。*古今和歌集〔905〜914〕羇旅・四一四「きえはつる時しなければこしぢなるしら山のなは雪にぞありける〈凡河内躬恒〉」
日本の山と同じカテゴリの記事をもっと見る


「両神山」は自然に関連のある記事です。
その他の自然に関連する記事
ソメイヨシノ(日本大百科全書・日本国語大辞典)
バラ科(APG分類:バラ科)の落葉高木。オオシマザクラとエドヒガンの雑種で、明治初年に東京・染井(現在の豊島(としま)区巣鴨(すがも)付近)の植木屋から売り出されたサクラである。初めはヨシノザクラとよんでいたが、奈良県吉野山のヤマザクラと混同されやすいので
鹿島槍ヶ岳(日本歴史地名大系)
後立山連峰のほぼ中央、立山町・宇奈月(うなづき)町・長野県大町市の境界にそびえ、角閃石岩や輝石安山岩からなる。標高二八八九・七メートル。南槍・北槍の両峰が並び立ち、両峰間の吊(つり)尾根も美しい双耳峰で、しかも多くの岩場を有する
五龍岳(日本歴史地名大系)
後立山連峰のほぼ中央部、宇奈月(うなづき)町と長野県大町市との境界にそびえ立つ雄峻な岩山。標高二八一四・一メートル。五竜とも記される。割菱状の岩壁が山体の東面を構成しているので割菱(わりびし)ノ頭(あたま)とよばれたが
白馬岳(日本歴史地名大系)
後立山連峰の北部にそびえる。標高二九三二・二メートル。山頂は朝日(あさひ)町と長野県白馬(はくば)村の境界をなすが、その山体は新潟県西頸城(にしくびき)郡にもまたがり、越中・越後・信濃の三国境の山という。信州側の古絵図に両替(りようがえ)岳とあるのは
天城山(日本歴史地名大系)
伊豆半島中央の東部を占める火山。万三郎(まんざぶろう)岳(一四〇五・六メートル)を主峰とする連山で、古くは狩野(かの)山と称したとされるが、天城山は狩野山を含む呼称で、狩野山は現天城湯(あまぎゆ)ヶ島(しま)町と中伊豆町の境の嵩田(たけだ)山(竹田山)付近
自然に関連する記事をもっと見る
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る