ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
➞ジャパンナレッジについて詳しく見る
  1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 歴史
  6. >
  7. 遺跡
  8. >
  9. >
  10. 明石城跡
日本歴史地名大系

日本歴史地名大系
明石城跡
あかしじようあと

[現]明石市明石公園

東を朝霧あさぎり川、西を明石川に画された洪積台地の南西端部(通称人丸山)に築かれた江戸時代の城跡。標高約二四メートル、前面の沖積地との比高は約二〇メートルの平山城。明石藩の政庁。元和三年(一六一七)七月信濃国深志ふかし(現長野県松本市)から小笠原忠真が一〇万石で入部、当初明石川西岸の船上ふなげ城に入った。同城は一国一城令により屋敷構とされていたことから、同四年将軍徳川秀忠より忠真の義父姫路藩主本多忠政とともに新城築城を命じられた。城地の選定にあたっては軍事・交通・商業活動などが加味されたといわれる。同年一〇月幕府から普請奉行として都筑弥左衛門・村上三右衛門、代官の建部与十郎が派遣され、工事費として銀一千貫目が下渡された。工事のうち主郭部の石垣や土塁などについては幕府の直営工事で、捨曲輪は幕府と小笠原氏との共同工事、武家屋敷は同氏の工事とされている。石垣と堀については入札による町人請負により進められたとされ、翌五年一月工事に着手、八月には早くも普請工事を完了して作事に移り、同年末には本丸御殿が完成し忠真が移ったといわれている。

城の縄張りは自然地形を巧みに活用し、台地上に本丸・二の丸・三の丸(のちの東の丸)など主郭部を設け、本丸の西側に西の丸(のちの稲荷曲輪)、台地南の麓に捨曲輪(のちの山里曲輪・三の丸・居屋敷郭)を配置していた。これらの施設の東側に千石せんごく(のちの箱堀)薬研やげん堀があり、北側には谷(のちの桜堀)を隔てて北出曲輪が設けられ、さらにその西にはこうの池(のちの剛ノ池)、南側の居屋敷郭の周囲には内堀をめぐらし、その外に中堀を、さらに家臣団の武家屋敷を隔てて外堀がめぐらされている。本丸の四隅には三層の艮・巽・坤・乾の櫓があり、西側に天守台が設けられていたが天守は造られなかった。二の丸の北、三の丸の東・南側には二層の櫓が設けられている。本丸には当初城主の住む御殿が設けられていたが、寛永八年(一六三一)に焼失したため捨曲輪に居屋敷郭が新たに設けられた。築城資材の一部には船上城や廃城となっていた三木城・高砂城の資材が活用されたといい、さらに本丸の坤櫓は、切手きつて(御殿の表門。現在は月照寺山門)とともに山城伏見城の遺構と伝えられている(明石志・明石名勝古事談)

小笠原忠真は寛永九年九州小倉こくら(現福岡県北九州市小倉北区)に転封。翌一〇年信州松本まつもと(現長野県松本市)から松平(戸田)康直が七万石で入部したが、翌年上洛の途上急死、直ちに康直の兄の子光重が後を継いだが、同一六年二月美濃国加納かのう(現岐阜市)に転封、加納から七万石で大久保季任(忠職)が入部した。季任は慶安二年(一六四九)唐津からつ(現佐賀県唐津市)へ転封、丹波篠山から七万石で松平(藤井)忠国が入部した。忠国とその子信之は新田開発にも努力、忠国の時代には松陰まつかげ新田の開発や林崎はやしざき掘割が、信之の治世には伊川いかわ掘割(現神戸市西区)の築造とともに鳥羽とば新田・東野新ひがしのしん町、わき新田・生田いくた新田(現西区)など大々的に新田開発が実施され、各村々には信之の供養墓や報徳碑などが造られている。信之は延宝七年(一六七九)大和郡山こおりやま(現奈良県大和郡山市)へ転封、郡山から本多政利が六万石で入部した。政利は苛政を咎められ天和二年(一六八二)岩瀬いわせ(現福島県岩瀬町)一万石に改易、越前大野おおの(現福井県大野市)から六万石で松平直明が入部、以後明治維新まで越前松平家が一〇代続いた。

越前松平家は家門の家柄であり、直明以来代々六万石であったが、将軍徳川家斉の子斉宜が天保一一年(一八四〇)養子となって八代藩主を襲封するにあたり、同一三年二万石が加増され八万石(格式は一〇万石)となっている。同一五年斉宜の死後松平慶憲が後を継いだが幕末の激動期にあたり、異国船打払いのための砲台建設やコレラ騒ぎ、さらにはお蔭参りが街道を埋めている。慶応四年(一八六八)には官軍の山陽道鎮撫総督四条隆謌が明石に軍を進めて明石城の開城を迫ったり、はては大目付津田柳雪ら三〇余名が脱藩し、上野の彰義隊に身を投じたりしている。明治二年(一八六九)二月、慶憲は隠居し家督を直致に譲ったが、同年六月直致は版籍を奉還し明石藩知事に就任。同四年には廃藩置県が断行され新たに明石県が誕生した。領地は小笠原氏時代に明石郡四万八千三八七石余・美嚢みなぎ郡三万七千四〇五石余・加東かとう郡一万一千三八五石余・加古郡二千八二一石余の計一〇万石(「御当家末書」福岡県立豊津高等学校蔵)。元和七年加古郡と美嚢郡の大半が上知された(「三木町御領主累代控」三木市有文書)。松平(戸田)氏は明石・美嚢で七万石、大久保氏・松平(藤井)氏と変わらず、万治二年(一六五九)信之襲封の際弟信重に美嚢郡の五千石を分知し、「寛文朱印留」によると明石郡一一四村・四万八千三八七石余、美嚢郡六七村・一万六千六一二石余の計六万五千石。本多氏以降六万石で推移し、天保一三年明石郡・美嚢郡、美作国吉野郡で八万石に加増、旧高旧領取調帳によれば明石郡一四七村・五万七千一五二石余、美嚢郡八一町村・二万三千三五七石余、吉野郡四一村・九千八五七石余の計二六九町村・九万三六七石余。

〔遺構と発掘調査〕

明治六年七月の廃城令、同一四年大半の櫓の取壊しなどがあり、現在は県立明石城公園となっている。最初の発掘調査は昭和五二―五四年(一九七七―七九)まで実施され、近年は平成八年(一九九六)から兵庫県南部地震の復興に伴う調査が行われている。現存するのは石垣や濠のほかは本丸内の巽櫓と坤櫓とこれに接する土塀、東帯郭東端部の石垣上にめぐらせた土塀の一部である。両櫓(元文四年五月吉日の板札を含む)は国指定重要文化財。本丸の発掘調査は艮櫓で行われ、礎石群・雨落溝・石垣が発見された。礎石は東西三間×南北四間であるが、雨落溝は西側および南側に存在することや、現存の櫓が天端まで利用されていることから、東・北側の天端石まで利用した四間×五間の櫓であり、古記録と合致する。排水溝の蛇口部分は本丸側へ石組で暗渠になっている。築城時のものと考えられている。ごうノ池側に通じる暗渠排水溝の調査中に、北側の石垣から三メートル内側で、石垣と並行する石組排水溝が発見された。けんの門から石垣に沿って稲荷郭の暗渠に向かう排水施設と判明している。天守台の西側下端部では根石列と裏込石が発掘されている。本丸・二の丸間は幅八間あって、播州明石絵図(岩瀬家蔵)に合致する。

出土遺物は土師器小皿・陶磁器・瓦類。陶磁器は昭和六〇年の調査で無釉(備前系)・施釉(西播系・丹波系・京焼系・瀬戸美濃系など)がまとまって出土した。磁器は白磁・染付(肥前系・東山系など)がある。瓦は多量に出土し、軒丸瓦は三階菱紋瓦(小笠原家)、剣酢漿草紋瓦(藤井松平家)、酢漿草紋瓦(同上)、三葉葵紋瓦(越前松平家)、山字紋瓦(同上)がある。軒平瓦もさまざまな文様瓦があるが、軒丸瓦とのセット関係は明らかでない。これらの瓦は後世笵を真似て製作されているものもある。

ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。
すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
パソコン・タブレット・スマホからご利用できます。
ジャパンナレッジの利用料金や
収録辞事典について詳しく見る

明石城跡の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 4
検索コンテンツ
1. あかしじょうあと【明石城跡】兵庫県:明石市/明石城下
日本歴史地名大系
[現]明石市明石公園 東を朝霧川、西を明石川に画された洪積台地の南西端部(通称人丸山)に築かれた江戸時代の城跡。標高約二四メートル、前面の沖積地との比高は約二〇 ...
2. 明石[市]
世界大百科事典
また風光明美の地として知られ,江戸時代は小笠原氏10万石の城下町として栄えた。山陽本線明石駅の北に接する明石城跡は広大な明石公園となっている。駅南の旧城下町地区 ...
3. おおあかしむら【大明石村】兵庫県:明石市
日本歴史地名大系
路より大明石に到着している(「羽柴秀吉書状」広田文書など)。慶長国絵図に村名がみえる。現在の明石城跡の東側、柿本神社の西坂の下にある銘水亀の水の辺りは、中世末期 ...
「明石城跡」の情報だけではなく、「明石城跡」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

明石城跡と同じカテゴリの記事
大坂城跡(日本歴史地名大系)
日本歴史地名大系/平凡社/[現]東区大阪城。東区の北東の一角にある城跡で、本丸と二ノ丸のほぼ全域七三万平方メートルが国の特別史跡。城跡にもと玉造定番屋敷・同与力同心屋敷の一部を加えた約一〇三万平方メートルが大阪城公園となっている。
伏見城跡(日本歴史地名大系)
伏見山(桃山丘陵)に豊臣秀吉によって築かれた城。関ヶ原の合戦に伴う東軍と西軍の攻防戦で被害を受けた後、徳川家康の手で大規模な修築復興がなされたが、元和九年(一六二三)廃城になった。
井伊谷城跡(日本歴史地名大系)
[現]引佐町井伊谷。井伊谷の盆地北側、標高一一四メートルの城(しろ)山の山頂とその南東方向の麓にあった居館。井伊(いい)城ともいい、井伊氏の居城。なお史料上、南北朝期にみえる井伊城は三岳(みたけ)城をさす。
三岳城跡(日本歴史地名大系)
[現]引佐町三岳・川名。三岳山の山頂部にある山城跡。標高四六六・八メートルの山頂を中心として東西約七〇〇メートルにわたる尾根上に築かれていた。国指定史跡。井伊氏の本城で、平時の居館であった井伊谷(いいのや)の井伊谷城に対し、詰の城として利用され、当城と井伊谷城は同一視されていた。御嵩城・三嶽城・深嶽城あるいは
(日本大百科全書(ニッポニカ))
塁、堀、柵など外敵の侵入を防ぐために設けられた軍事的構築物のことをいい、さらにそれによって防衛された地域もいう。城郭という語も城と同義に用いられる。しかし火器の発達した近代に構築された軍事的防衛施設は城とよばず要塞とよばれる。最初は自然の地形を利用して防衛のためにのみ築城したが
城と同じカテゴリの記事をもっと見る


「明石城跡」は日本の重要文化財に関連のある記事です。
その他の日本の重要文化財に関連する記事
岸和田城(国史大辞典・日本歴史地名大系)
大阪府岸和田市岸城町にあった。縄張りが滕(ちぎり)に似ているところから別称を千亀利城という。本丸・二ノ丸・三ノ丸と総曲輪からなる臨海の平城で、総面積約七万二千坪。建武年間(一三三四―三八)楠木正成に属した和田新兵衛高家が構えたのがはじまり
平戸城(国史大辞典)
長崎県平戸市岩の上町所在。亀岡城・朝日岳城・玄武城ともいう。平山城。平戸藩主松浦氏の居城。宝永四年(一七〇七)松浦棟が築城、以後明治維新に至る。実はこれ以前、同地には慶長年間築城の日之岳城があった。しかし、これは慶長十八年(一六一三)
高山陣屋跡(日本歴史地名大系)
[現]高山市八軒町城山の西方、宮川に架かる中橋を西に渡った地点に東に向いて位置する。敷地は一千一九二坪で、陣屋門(天保三年築造)・表玄関、広間(書院造)・白洲・庭園・収納米蔵などがあり、現存する唯一の郡代陣屋跡として国指定史跡
奈良井宿(日本歴史地名大系)
[現]楢川村大字奈良井鳥居峠(一一九七メートル)の北麓に位置し、中山道の中で最高所の宿である。「西筑摩郡誌」によると「天文元年、木曾義在奈良井に専念寺を建つ。同二年、義在木曾に宿駅を定む」とあり、永禄一一年(一五六八)の相州文書にも宿駅として
韮山反射炉(日本歴史地名大系)
[現]韮山町中字鳴滝(なるたき)にある幕末に築造された反射炉。国指定史跡。一九世紀ヨーロッパにおいて高炉が発達し、銑鉄の大量生産が可能になると、銑鉄を溶融して大砲を鋳造するために反射炉が考案された。天保(一八三〇―四四)末年オランダより入った技術書
日本の重要文化財に関連する記事をもっと見る
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る