ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
➞ジャパンナレッジについて詳しく見る
  1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 歴史
  6. >
  7. 遺跡
  8. >
  9. 寺・神社・教会
  10. >
  11. 荒城神社
日本歴史地名大系

日本歴史地名大系
荒城神社
あらきじんじや

[現]国府町宮地 宮垣内

荒城川右岸にあり、祭神は大荒木之命・国之水分神・天之水分神・弥都波能売神。旧県社。「延喜式」神名帳の荒城郡五座のうちの一つ。「和訓栞」に「荒木ハ生ノママナルヲ云ナルベシ、地名ニ荒木、新城ナドカケリ、新墾ノ義ナルベシ」とあり、当郡開拓の神社の意といえる。神社明細帳(県立歴史資料館蔵)に「創立年紀不詳(中略)往古荒城郡荒城郷荒城神社ト云、其後郡名郷名ハ変ルト雖モ社号ハ従来ノ如ク荒城神社ト唱来(中略)飛州志ニ荒城神社ヲ今ハ荒木宮河伯大明神ト称スト有」と記される。九月七日の例祭に奉納される闘鶏楽と獅子舞は荒城神社鉦打獅子舞として県指定重要無形民俗文化財。またこの時使われる獅子頭九個は県指定重要有形民俗文化財。本殿は元中七年(一三九〇)の建立で、三間社流造・柿葺・素木造で、正面と側面の三方に縁をつけた簡素な構造で、棟札七枚とともに国指定重要文化財。このほか平安前期の木造神像二体、室町時代の木造随身像二体、応永期(一三九四―一四二八)の鰐口、室町期の面四面が県指定重要文化財。

ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。
すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
パソコン・タブレット・スマホからご利用できます。
ジャパンナレッジの利用料金や
収録辞事典について詳しく見る

荒城神社の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 11
検索コンテンツ
1. あらきじんじゃ【荒城神社】岐阜県:吉城郡/国府町/宮地村
日本歴史地名大系
資料館蔵)に「創立年紀不詳(中略)往古荒城郡荒城郷荒城神社ト云、其後郡名郷名ハ変ルト雖モ社号ハ従来ノ如ク荒城神社ト唱来(中略)飛州志ニ荒城神社ヲ今ハ荒木宮河伯大 ...
2. あらきじんじゃいせき【荒城神社遺跡】岐阜県:吉城郡/国府町/宮地村
日本歴史地名大系
[現]国府町宮地 荒城川右岸の低位段丘に位置し、荒城神社境内一帯から遺物が出土している。縄文中期の土器を多く出土し、後期の土器も含む。石器は打製石鏃・打製石斧・ ...
3. あらきごう【荒城郷】岐阜県:飛騨国/荒城郡
日本歴史地名大系
荒木は当郷のことであろう。式内社の荒城神社は「三代実録」貞観九年(八六七)一〇月五日条に荒城神とみえ、従五位上を授けられており、現吉城郡国府町宮地の荒城神社に比 ...
4. あらきごう【荒木郷】岐阜県:吉城郡
日本歴史地名大系
生川村北西部にかけての荒城川沿岸を占めていた古代から近世にかけての郷。「延喜式」神名帳に載る荒城神社は、現在も国府町宮地にある。「和名抄」の荒城郡七郷のうちに荒 ...
5. おおいのしょう【大袋庄】富山県:新湊市
日本歴史地名大系
は浄土真宗興正寺(現京都市下京区)派に転じた例が多い。なお庄内の金屋に関して、現岐阜県国府町荒城神社の永禄五年(一五六二)七月二八日の梵鐘銘(飛州志)に「本願大 ...
6. 高山[市]
世界大百科事典
が通る。耕地に乏しい飛驒地方の中で,高山盆地とともに古くからの米作地帯をなしている。安国寺,荒城神社,阿多由太神社,熊野神社などの古社寺が多く,1408年(応永 ...
7. とりげ‐うち【鳥毛打】
日本国語大辞典
〔名〕岐阜県飛騨地方に伝えられる郷土舞踊。大野郡宮村の水無神社や吉城郡国府町の荒城神社などの祭礼に行なわれるもので、鶏毛の冠をいただき、孔雀・鶏などの模様の衣装 ...
8. はちの-ちゅうじろう【八野忠次郎】
日本人名大辞典
昭和時代の宮大工。明治41年6月22日生まれ。生地岐阜県高山の小学校を卒業後,宮大工に弟子入り。国府町荒城神社本殿などの修理復元を手がける。日中戦争で負傷。大工 ...
9. みやじむら【宮地村】岐阜県:吉城郡/国府町
日本歴史地名大系
之瀬村(現大野郡丹生川村)、西は今村・東門前村。上古は今村・西門前村・東門前村を含む大村で、荒城神社の参道にある村という意味で宮道とよばれたが、後世宮地に変わっ ...
10. よしきぐん【吉城郡】岐阜県
日本歴史地名大系
進大肆位を授けられている。「延喜式」神名帳では飛騨国八座のうち五座が当郡にある。荒城神社は国府町宮地の荒城神社、栗原神社は上宝村宮原の同名社に比定される。他三社 ...
11. 【総論】岐阜県
日本歴史地名大系
易に対する関心が高まっている。中期になると大規模集落が認められ、吉城郡河合村下田遺跡・国府町荒城神社遺跡・古川町中野山越遺跡などが飛騨にある。飛騨川沿いの大野郡 ...
「荒城神社」の情報だけではなく、「荒城神社」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

荒城神社と同じ寺・神社・教会カテゴリの記事
興福寺(国史大辞典)
奈良市登大路町にある法相宗大本山。南都七大寺の一つ。寺伝では「こうぶくじ」という。縁起によると、天智天皇八年(六六九)藤原鎌足の死去に際し、妻の鏡女王が鎌足の念持仏の釈迦丈六像などを祀る伽藍をその山階(山科)邸に設けたのに始まり(山階寺)、その子不比等によって藤原京の厩坂に移遷(厩坂寺)
東大寺(国史大辞典)
奈良市雑司町にある華厳宗の総本山。大華厳寺・金光明四天王護国寺・総国分寺などの別称がある。南都七大寺・十三大寺・十五大寺の一つ。東大寺の寺号は平城京の東方にある大寺を意味し、『正倉院文書』の天平二十年(七四八)五月の「東大寺写経所解案」に初見するが
法隆寺(日本大百科全書(ニッポニカ))
奈良県生駒(いこま)郡斑鳩(いかるが)町にある聖徳(しょうとく)宗総本山。斑鳩寺(鵤寺、伊可留我寺とも書く)、法隆学問寺などの異称がある。南都七大寺の一つ。草創の由来は、金堂の薬師如来坐像(やくしにょらいざぞう)光背銘によると、用明(ようめい)天皇が病気平癒を念じ
龍潭寺(日本歴史地名大系)
[現]引佐町井伊谷。県道引佐―舘山寺(かんざんじ)線の西側の小丘陵上に位置する。臨済宗妙心寺派。山号は万松山、本尊は行基作と伝える虚空蔵菩薩。元文六年(一七四一)に気賀(けが)関所(現細江町)に差出した御要害村寺院縁寿録(山本家文書)によると、天平五年(七三三)に行基が地蔵寺を開創、のち自浄(じじよう)院
渭伊神社(日本歴史地名大系)
[現]引佐町井伊谷。井伊谷(いいのや)の北西端に鎮座する。社域西側を神宮寺(じんぐうじ)川が半円を描いて流れ、杉・檜・楠の古木が社叢をなす。祭神は品陀和気命・息気長足姫命・玉依姫命。旧郷社。「延喜式」神名帳にみえる引佐郡六座のうちの「渭伊(イイノ)神社」に比定される。
寺・神社・教会と同じカテゴリの記事をもっと見る


「荒城神社」は日本の重要文化財に関連のある記事です。
その他の日本の重要文化財に関連する記事
釜石製鉄所(日本歴史地名大系)
[現]釜石市鈴子町西に食込む釜石湾奥の西岸に位置する。明治七年(一八七四)二月、工部省工部卿伊藤博文の「陸中国閉伊郡に熔鉱炉を設置」の発議に基づき、同年五月工部省鉱山寮釜石支庁が置かれ、橋野・大橋・栗林、佐比内(現遠野市)の鉱山が官営に移管、翌八年一月工場建設に着手した
旧中村家住宅(日本歴史地名大系)
[現]檜山郡江差町字中歌町近江出身の商人大橋宇兵衛によって幕末から明治二〇年代にかけて建てられた店舗・蔵・住宅。九艘川(くそうがわ)町の南西端に位置した。大正四年(一九一五)に中村米吉に譲渡された。現在海岸線に沿って走る道路(国道二二八号)から海岸に向かい
旧イギリス領事館(日本歴史地名大系)
[現]函館市元町明治四五年(一九一二)当時の会所(かいしよ)町に建設された領事館で、設計はイギリス政府上海工事局、施工は真砂(まさご)町の大村合名会社建築部。煉瓦造二階建瓦葺で、建坪は一階が一五三・二七坪、二階は一三三・三三坪であった
時の鐘跡(日本歴史地名大系)
[現]中央区日本橋室町四丁目本石(ほんごく)町三丁目に江戸市中で最初に設置された時の鐘。天正一八年(一五九〇)の徳川氏関東入部後は江戸城内の鐘楼堂が明六つ暮六つ時に時の鐘をつき、町方の便宜にもなっていたが、二代将軍徳川秀忠のとき鐘鳴が御座の間に大きく響くため
弘道館(日本歴史地名大系)
[現]水戸市三の丸一丁目三の丸(さんのまる)の大手橋の西にあり、その西に鹿島神社・孔子(こうし)廟・八卦(はつけ)堂などが建つ。士風の刷新を目指した徳川斉昭が天保一二年(一八四一)に開設した藩校。斉昭はすでに同四年頃建設計画を発表したが
日本の重要文化財に関連する記事をもっと見る
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る