ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
➞ジャパンナレッジについて詳しく見る
  1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 社会
  6. >
  7. 祭・祭事・イベント
  8. >
  9. 盆踊り・舞踊
  10. >
  11. 天津司舞

ジャパンナレッジで閲覧できる『天津司舞』の辞書・事典・叢書別サンプルページ

日本大百科全書

日本大百科全書(ニッポニカ)
天津司舞
てんづしまい

山梨県甲府市小瀬(こせ)町に伝わる人形芸。2メートルほどの竹の心串(しんぐし)の上部約1.3メートルが人形という杖頭傀儡(じょうとうかいらい)形のものを用いる。4月10日前の日曜日に行われる。人形を祀(まつ)る天津司神社を行列で出て諏訪(すわ)神社に着き、社殿前に設けられた御船とよばれる楕円(だえん)形の高幕舞台で人形を掲げながら遣う。人形は、一ノささら・二ノささら・一ノ太鼓・二ノ太鼓・一ノ笛・一ノ鼓・鹿島(かしま)・姫・鬼の九体からなる。一ノ笛と鼓と鹿島は一人遣いで、他は2~4人で遣うが、基本的には2人で操る棒遣い形式である。簓(ささら)、太鼓、笛、鼓など人形の持ち物、綾藺笠(あやいがさ)風の一文字笠、狩衣(かりぎぬ)・袴(はかま)の衣装からして明らかに田楽躍(でんがくおどり)人形で、鹿島は田楽の曲芸の刀玉を、姫と鬼が田楽の能を演じる。天津司の名称は手傀儡(てくぐつ)の転訛(てんか)音で、中世の人形芸を思わせるが、初発は不明。地元では、住吉十二神体が天降(あまくだ)り舞楽を舞ったのに始まり、名称は囃子(はやし)の擬音と称している。国指定の重要無形民俗文化財。
[西角井正大]



天津司舞[百科マルチメディア]
天津司舞[百科マルチメディア]

甲府市小瀬(こせ)町に伝わる伝統芸能。小瀬の里を開いたとされる神を模した9体の人形を天津司神社を(てんづしじんじゃ)から諏訪神社(すわじんじゃ)へ渡し、社殿前の高幕舞台で人形の舞が演じられる。毎年4月10日前の日曜日に行われる。国指定重要文化財 山梨県甲府市 ©やまなし観光推進機構
ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。
すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
パソコン・タブレット・スマホからご利用できます。
天津司舞の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 7
検索コンテンツ
1. 天津司舞画像
日本大百科全書
山梨県甲府市小瀬(こせ)町に伝わる人形芸。2メートルほどの竹の心串(しんぐし)の上部約1.3メートルが人形という杖頭傀儡(じょうとうかいらい)形のものを用いる。
2. 天津司舞[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
甲府市小瀬(こせ)町に伝わる伝統芸能。小瀬の里を開いたとされる神を模した9体の人形を天津司神社を(てんづしじんじゃ)から諏訪神社(すわじんじゃ)へ渡し、社殿前の
3. こせむら【小瀬村】山梨県:甲府市/旧山梨郡地区
日本歴史地名大系
字北屋敷にあった東光院の寺地二四〇坪も黒印地(同書)。天津司社は中世の田楽に特有のささらを使った天津司舞(オテヅツサン)を伝承することで知られる。九体の木造等身
4. すずのみやすわじんじゃ【鈴宮諏訪神社】山梨県:甲府市/旧山梨郡地区/下鍛冶屋村
日本歴史地名大系
計が兼務する別の社であったが、その後合祀され鈴宮諏訪神社となった。国指定重要無形民俗文化財の天津司舞は小瀬の天津司社から当社まで御幸して奉納される。
5. 人形劇
日本大百科全書
幡宮に属する産所(さんじょ)(散所、算所)に住む祝詞(のりと)職であった。甲府(山梨県)の「天津司舞(てんづしまい)」、美濃(みの)(岐阜県)の「ひんここ人形」
6. 山梨(県)画像
日本大百科全書
えられたものといわれている。そのほか、4月に甲府市小瀬(こせ)町の諏訪(すわ)神社で行われる天津司舞(てんづしまい)(国指定重要無形民俗文化財)や大月市笹子(さ
「天津司舞」の情報だけではなく、「天津司舞」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

天津司舞と同じ盆踊り・舞踊カテゴリの記事
白石踊(日本大百科全書(ニッポニカ))
岡山県の白石島(笠岡(かさおか)市)の盆踊り。月遅れ盆の8月14~16日に、口説きの音頭と太鼓によって踊られる。一曲の音頭のなかで、さまざまに異なる扮装(ふんそう)をした踊り手が、いろいろな振りを同時に踊るところに特色がある。男踊、女踊、奴(やっこ)踊(笠踊)
ウシデーク(日本大百科全書(ニッポニカ))
沖縄諸島の農村でシヌグ、ウンジャミなどの祭りののちに女性のみで行う祭祀(さいし)舞踊。シヌグ、ウンジャミは農作物を自然の災害から守るために初夏に行う予祝儀礼である。まず音取(ねとり)とよばれる小鼓(こつづみ)を持った年長者の女性数人を先頭に
エイサー(日本大百科全書(ニッポニカ))
沖縄諸島全域に伝わる盆踊り。17世紀ごろ仏教(浄土宗)とともに本土から伝来し、首里(しゅり)、那覇を中心にしだいに地方へ広まったようである。歌詞は七五調で、親への孝養を説く「継親念仏(ままうやにんぶち)」「親の御菩提(うやぬぐぶだい)」などを三味線にのせた
綾子舞(歌舞伎事典・世界大百科事典・日本大百科全書)
新潟県柏崎市(旧刈羽郡黒姫村)下野(しもの)および高原田(たかはらだ)に伝わる民俗芸能。少女によって踊られる優美な小歌踊と、男性による狂言がある。踊の扮装や振、歌詞、また囃子に三味線が入らないことなど、女歌舞伎の踊にきわめて似通うものがあり
風流踊(改訂新版 世界大百科事典)
趣向をこらした扮装の者たちが,集団で笛・太鼓・鉦(かね)・鼓などの伴奏にあわせて踊る踊り。歌は室町時代後期から近世初期にかけて流行した小歌を,数首組歌にして歌う場合が多い。現在風流踊は民俗芸能として,太鼓踊,カンコ踊,神踊(かみおどり)
盆踊り・舞踊と同じカテゴリの記事をもっと見る


「天津司舞」は祭・祭事・イベントに関連のある記事です。
その他の祭・祭事・イベントに関連する記事
送り火(日本大百科全書・世界大百科事典・日本国語大辞典)
門火(かどび)ともいい、一般には盆が終わり、精霊(しょうりょう)を送るため、家の入口、四つ辻(つじ)、墓などで焚(た)く火のこと。所によっては葬式の出棺のまぎわ、あるいは婚礼のおり娘が生家を出るとき、家の入口で火を焚く習俗があり、これも送り火とか門火
長月(日本大百科全書・日本国語大辞典)
陰暦9月の異称。語源は明らかではないが、中古以来、夜がようやく長くなる月の意の夜長月の略称といわれてきた。稲熟(いなあがり)月、稲刈(いなかり)月、穂長月などが変化したものとする説もあり、近時では、9月は5月と並ぶ長雨の時季で「ながめ」とよぶ物忌みの
中秋節(世界大百科事典)
陰暦8月15日は秋の半ば(中秋)にあたり,中国では月を祭る日とされてきた。古くから観月の習慣はあるが,中秋のそれに固定化したのは唐代以後であり,中秋の名月こそ一年中で最も美しい月とされた。初めは高楼等に登って月を眺めながら酒食を楽しむにすぎなかったが
十五夜(日本大百科全書・世界大百科事典・日本国語大辞典)
陰暦の毎月15日の満月の夜のことであるが、通例は陰暦8月15日の夜をいう。この夜、月見をしたり、綱引、相撲(すもう)などを行い、年占(としうら)的行事が多い。月の満ち欠けを基準とする太陰暦では、満月はもっともわかりやすい目印であり、生活の折り目の
中元(日本大百科全書・世界大百科事典・日本国語大辞典)
本来は、1月15日の上元、10月15日の下元と並ぶ中国の道教の三元信仰の一つで、陰暦7月15日をいう。善悪を判別し人間の罪を許す神(地宮)を祭る贖罪(しょくざい)の日とされたが、これが仏教の盂蘭盆会(うらぼんえ)と結び付いて祖先崇拝行事になった。日本
祭・祭事・イベントに関連する記事をもっと見る


ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る