ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
➞ジャパンナレッジについて詳しく見る
  1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 歴史
  6. >
  7. 歴史上の人物
  8. >
  9. 日本史上の人物
  10. >
  11. 新渡戸稲造
日本大百科全書・世界大百科事典

日本大百科全書(ニッポニカ)
新渡戸稲造
にとべいなぞう
[1862―1933]

教育家、農政学者。文久(ぶんきゅう)2年9月1日、盛岡(岩手県盛岡市)に生まれる。東京英語学校を経て、1881年(明治14)札幌農学校卒業。同農学校在学中、内村鑑三(うちむらかんぞう)らとともに受洗し、キリスト者となる。1883年東京大学に入学するも飽き足らず、翌1884年退学し、アメリカに留学。留学中、札幌農学校助教授に任ぜられ、農政学研究のためさらにドイツに留学。1891年帰国し、同校教授となる。1901年(明治34)台湾総督府技師に任ぜられ、殖産事業に参画。1906年第一高等学校校長となり、7年間在職。1909年より東京帝国大学教授として植民政策を講じる。1918年(大正7)東京女子大学学長。一方、「太平洋の橋たらん」との信念のもとに、国際連盟事務次長(1920~1926)あるいは太平洋問題調査会理事長(1929~1933)として、国際理解と世界平和のために活躍した。1933年(昭和8)カナダで開かれた太平洋会議に出席したあと病を得て、同年10月16日同地にて死去。日本における農政学、植民政策論の先駆者であり、最初の農学博士として著名であるのみならず、理想主義、人格主義の思想家であり、たぐいまれな指導者として、学生・生徒に思想的、人格的感化を与え、さらに著述を通して多くの青年男女に大きな影響を与えた。主著に『農業本論』(1898)、『武士道』(1900)、『修養』(1911)などがある。
[三原芳一]2018年3月19日



改訂新版 世界大百科事典
新渡戸稲造
にとべいなぞう
1862-1933(文久2-昭和8)

農業経済学者,教育家。南部藩出身で,札幌農学校に学び,札幌バンドの一人となる。1884年東大を中退し,アメリカ,ドイツの諸大学で特に農業経済学,統計学を学び,その間札幌農学校助教授になる。1901年台湾総督府に招かれ,糖業により統治の経済的基礎を確立。03年京都帝大教授,06年一高校長を経て,東京帝大教授となり植民政策講座を担当した。18年には初代の東京女子大学学長に迎えられた。また国際連盟事務局次長(1920-26),ついで帝国学士院会員,貴族院議員となり,太平洋問題調査会の理事長として〈太平洋の橋〉になろうとした。彼は札幌時代における信仰上の懐疑と母の死の悲しみを,カーライルの《衣装哲学》のいう〈悲哀の中の慰め〉によって解決の方向を見いだし,クエーカーの神秘主義や人道主義で魂の安住を得た。そしてこの万人に内在する光への黙想の立場が宇宙の生命との一体を説く東洋思想に通じると考え,武士道を日本のよき精神的伝統とし,それを育成するものとしてキリスト教をとらえ,そこに東西文明の交流の方法を考えた。また,個性のある豊かな教養と確かな見識をもつ人間教育の重要性を唱え,大学では人間として苦しみ,そこで得た人間観,価値観を語り,一高では野心に満ちた学生,煩悶する学生に高遠な理想と自己反省を教え,一般社会では人間らしい世渡りの道と修養のたいせつさを通俗的に説いた。同時に地方の夜間学校教育,女子教育に深い関係を持ち続けた。《農業本論》(1898),《武士道--日本の魂》(英文,1899),《修養》(1911)などの著書がある。
[土肥 昭夫]

ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。
すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
パソコン・タブレット・スマホからご利用できます。
新渡戸稲造の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 145
検索コンテンツ
1. 新渡戸稲造画像
日本大百科全書
教育家、農政学者。文久(ぶんきゅう)2年9月1日、盛岡(岩手県盛岡市)に生まれる。東京英語学校を経て、1881年(明治14)札幌農学校卒業。同農学校在学中、内村
2. 新渡戸稲造[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
©小学館ライブラリー
3. 新渡戸稲造
世界大百科事典
1862-1933(文久2-昭和8) 農業経済学者,教育家。南部藩出身で,札幌農学校に学び,札幌バンドの一人となる。1884年東大を中退し,アメリカ,ドイツの諸
4. にとべ‐いなぞう【新渡戸稲造】
日本国語大辞典
教育者。農政学者。岩手県出身。札幌農学校卒。アメリカ留学ののち、京都帝大教授、一高校長に就任。女子高等教育にも尽力し、東京女子大初代学長などを歴任、明治・大正期
5. にとべいなぞう【新渡戸稲造】
国史大辞典
[参考文献]石井満『新渡戸稲造伝』、石上玄一郎『太平洋の橋―新渡戸稲造伝―』、松隈俊子『新渡戸稲造』、東京女子大学新渡戸稲造研究会編『新渡戸稲造研究』、佐々木篁
6. にとべ-いなぞう【新渡戸稲造】画像
日本人名大辞典
1862−1933 明治-昭和時代前期の教育者。文久2年8月8日生まれ。新渡戸十次郎の3男。札幌農学校にまなび,内村鑑三らとキリスト教に入信。欧米に留学後,母校
7. 新渡戸稲造[文献目録]
日本人物文献目録
教授新渡戸稲造』高倉新一郎『名古屋と故新渡戸博士とそして私』信夫淳平『新渡戸稲造先生の想ひ出』高木八尺『新渡戸稲造先生の宗教を中心として』高木八尺『新渡戸稲造
8. 有島武郎画像
日本大百科全書
負って、儒教的な教育と西洋風の教育のなかで育つ。学習院初・中等科に学び、農業革新の夢を抱いて、新渡戸稲造(にとべいなぞう)の縁故で札幌農学校(北海道大学の前身)
9. いしい-みつる【石井満】
日本人名大辞典
。ホイットマンの研究でも知られた。昭和52年11月13日死去。86歳。千葉県出身。著作に「新渡戸稲造伝」など。
10. いるまし【入間市】埼玉県地図
日本歴史地名大系
同一二年には豊岡公会堂が完成、同一四年から豊岡大学が開講され、昭和一二年まで二二回にわたって犬養毅・新渡戸稲造・尾崎行雄らを招聘して講座が開かれた。昭和八年に宮
11. 岩手(県)画像
日本大百科全書
欠いていたためではない。原敬(はらたかし)、後藤新平、斎藤実(まこと)など政界人、金田一(きんだいち)京助、新渡戸稲造(にとべいなぞう)、石川啄木(たくぼく)、
12. 内村鑑三画像
日本大百科全書
り受洗。1881年同校を卒業し、開拓使御用掛(ごようがかり)となった。卒業にあたり、同期の新渡戸稲造(にとべいなぞう)らと一生を二つのJ(JesusとJapan
13. 内村鑑三[文献目録]
日本人物文献目録
信仰思想篇』益本重雄, 藤沢音吉『内村鑑三』正宗白鳥『内村鑑三先生の憶ひ出』志賀直哉『内村鑑三と新渡戸稲造』矢内原忠雄『内村鑑三の思想と信仰』石原兵永『予言者と
14. 英学
日本大百科全書
アメリカ人クラークは1876年に札幌農学校の創設に招かれ、現在の北海道大学の基礎をつくった。この学校から新渡戸稲造(にとべいなぞう)、内村鑑三(かんぞう)のよう
15. えいがく【英学】
国史大辞典
可知論を主唱した。札幌農学校はクラークの指導で開設され、キリスト教的感化を受けた内村鑑三・新渡戸稲造らの人材を出した。歴史書では、はじめ通俗的なパーレーの『万国
16. エスペラント画像
日本大百科全書
った。 エスペラントの理想主義は共鳴者を得た。1921年には、当時国際連盟事務次長であった新渡戸稲造(にとべいなぞう)が国際連盟総会に報告書を提出し、「外交のた
17. 欧化主義
世界大百科事典
列強の富国強兵や帝国主義をモデルとしていた。これに対して,明治の安部磯雄や内村鑑三,大正の新渡戸稲造らがスイス,オランダやスカンジナビア諸国をモデルとして言及し
18. 岡倉天心[文献目録]
日本人物文献目録
日本人と英文 天心、鑑三、稲造を中心として』山県三千雄『日本人の英語 内村鑑三・岡倉天心・新渡戸稲造の英文の特徴』斎藤襄治『日本の近代化と岡倉天心 その伝統主義
19. おんな二代の記 127ページ
東洋文庫
風の中を雪どけの道になやみながら、女子大国文科出の姉の友達に意見を聞きにいきました。それは新渡戸稲造博士の姪でやはり新渡戸さんといい、まことにおちついた親切な人
20. おんな二代の記 136ページ
東洋文庫
女子の医学修業の道はとざされていました。お陽さんの父君は青年時代札幌農学校でいっしょに学んだ新渡戸稲造博士にお陽さんの進学について相談したところ、外国へ留学させ
21. 嘉納治五郎[文献目録]
日本人物文献目録
嘉納治五郎』野口源三郎『嘉納治五郎』川本信正『嘉納治五郎 その体育理念』宮畑虎彦『嘉納治五郎氏と新渡戸稲造氏』笹川臨風『嘉納治五郎氏の非文部独立談』-『嘉納治五
22. 貨幣
日本大百科全書
一新することとなり、形を従来のものより一回り小さくするとともに、1万円券には福沢諭吉、5000円券には新渡戸稲造(にとべいなぞう)、1000円券には夏目漱石(そ
23. かわいえいじろう【河合栄治郎】
国史大辞典
十一年十一月より十四年八月までイギリス留学ののち十月より社会政策を担当、翌十五年二月教授に昇任。早くは新渡戸稲造・内村鑑三の影響をうけ、のちイギリスのT・H・グ
24. 河上丈太郎
日本大百科全書
れ。父は友愛会初代評議員を務めたクリスチャンであった。第一高等学校、東京帝国大学法学部では新渡戸稲造(にとべいなぞう)、高野岩三郎の感化を受け、1927年(昭和
25. カーライル(Thomas Carlyle)
世界大百科事典
ギリスの知識層に広く迎えられた。日本でも特に明治期に大きな影響を与え,内村鑑三,植村正久,新渡戸稲造らのキリスト教徒,高山樗牛,国木田独歩らの文学者に愛読された
26. 郷土論
世界大百科事典
奪われるあまり,それらの母体に,古い地方的なもののあることが見のがされる傾向が強かった。1910年以来,新渡戸稲造柳田国男らが結成した郷土会の活躍が,この点で注
27. 近世の日本・日本近世史 113ページ
東洋文庫
、日本人が外国文で書きましたものとがございます。日本人の外国文で書きましたものには、例えば新渡戸稲造氏が往年著わされた『日米交通史』がある。 さて第七講におき
28. 近世の日本・日本近世史 255ページ
東洋文庫
戚臨丸の司令官として初の太平洋横断をなしとげたことで有名。これが機縁となって福沢諭吉と親交があった。新渡戸稲造全集第=二巻(教文館)所収。、.→ぎ蜜冨器器Z毘o
29. ぎょう‐ぎ【凝議】
日本国語大辞典
〔名〕評議をこらすこと。いろいろと相談を重ねること。*青年修養法〔1909〕〈新渡戸稲造〉青年は如何に志を立つべきか「又夜半(よなか)の二時三時までも鳩首凝議(
30. クエーカー
世界大百科事典
くの帰依者をもつようになった。ペンシルベニア州の設立者W.ペンもクエーカーである。日本でも新渡戸稲造がこの流れにつらなることによって,たとえば前田多聞など少数で
31. クラーク(William Smith Clark)
世界大百科事典
なり,2人の有能なアメリカ人教授とともに,北海道開拓に必要な人材養成に尽くした。内村鑑三,新渡戸稲造ら多くの人々が彼の残したキリスト教の遺産や科学的精神を自覚的
32. クラーク
日本国語大辞典
農学校(現在の北海道大学)初代教頭となる。熱烈なキリスト教主義による教育精神は、内村鑑三、新渡戸稲造、宮部金吾らに大きな影響を与えた。(一八二六~八六)〔四〕(
33. クラーク【William Smith Clark】
国史大辞典
帰国後も指導を怠らなかった。ためにその徳風は後世に及び、門下に伊藤一隆・大島正健のほか、内村鑑三・新渡戸稲造のような近代日本の指導者を輩出し、札幌独立教会の基を
34. クラーク画像
日本人名大辞典
れ,札幌農学校(現北大)初代教頭となる。キリスト教にもとづく人格教育をおこない,内村鑑三,新渡戸稲造(にとべ-いなぞう)らに影響をのこした。10年帰国。1886
35. クラーク(Clark, William Smith)
世界人名大辞典
により学生の信望をあつめ,佐藤昌介,大島正健,中島信之,伊藤一隆らは直接の,また内村鑑三,新渡戸稲造,宮部金吾,広井勇らは間接の弟子である.その徳化は,彼が決別
36. クレメント(Clement, Ernest Wilson)
世界人名大辞典
e Christian Movement in Japan》の編集に当たる[07-09].新渡戸稲造に招かれて第一高等学校教師[11-27],帰米[27].
37. 巧言(こうげん)令色(れいしょく)鮮(すくな)し仁(じん)
故事俗信ことわざ大辞典
ク)は鮮(スクナイ)かな仁(ジン)、と孔夫子もおっしゃったではないか」自警録(1916)〈新渡戸稲造〉四「尚之と関聯して世に誤解された教訓は、『巧言令色(カウゲ
38. 国際連盟
世界大百科事典
動には比較的公平な立場から貢献したといってよい。理事会における石井菊次郎,事務次長としての新渡戸稲造,杉村陽太郎,常設国際司法裁判所における安達峰一郎らの活動は
39. こくさいれんめい【国際連盟】
国史大辞典
安達は織田万に続き常設国際司法裁判所判事ともなった。なお連盟の事務次長兼国際事務局部長には新渡戸稲造が就任し、連盟内の行政問題あるいは対外宣伝活動で努力した。米
40. 国民之友
日本大百科全書
民友社の刊行物は読者に支持されず、98年『国民新聞』に併合されて廃刊した。執筆陣には内村鑑三(かんぞう)、新渡戸稲造(にとべいなぞう)、横山源之助、田口卯吉(う
41. こくみんのとも【国民之友】
国史大辞典
(二)「特別寄書」欄では中江兆民・田口卯吉・植木枝盛・酒井雄三郎・尾崎行雄・島田三郎・内村鑑三・新渡戸稲造・北村透谷・坪内逍遙などの大家・少壮の寄稿を載せ、なか
42. 今和次郎
世界大百科事典
意図し,精力的な研究を行ったが,学派を作らず,その成果は孤立して今日にのこされている。1916年ころより新渡戸稲造,柳田国男らの知遇を得,民俗学勃興期の農村調査
43. 札幌[市]
世界大百科事典
や,W.S.クラーク博士像とともに観光名所の一つとなっている。博士のキリスト教的開拓精神は新渡戸稲造,内村鑑三らにひきつがれた。月寒の羊ヶ丘(1906開設)は農
44. 札幌農学校画像
日本大百科全書
近代的な人格教育を目ざしたものであった。クラークの感化により、内村鑑三(うちむらかんぞう)、新渡戸稲造(にとべいなぞう)らの人材を輩出。クラークの残した“Boy
45. 札幌農学校
世界大百科事典
任したマサチューセッツ農科大学長W.S.クラークの影響は大きく,技術者のみならず内村鑑三,新渡戸稲造らの思想家を生んだ。その後,1907年に東北帝国大学農科大学
46. さっぽろのうがっこう【札幌農学校】
国史大辞典
同二十四年五月の国立学校設置法に基づき、新制の北海道大学となり、現在に至っている。卒業生には内村鑑三や新渡戸稲造など著名なキリスト教思想家が多い。→クラーク [
47. 札幌バンド
日本大百科全書
農学校1期生に佐藤昌介(しょうすけ)、大島正健(まさたけ)ら15人、2期生に内村鑑三(かんぞう)、新渡戸稲造(にとべいなぞう)、宮部金吾、広井勇ら18人を数える
48. 札幌バンド
世界大百科事典
らず,日本の宗教界,教育界に活躍した人たちが現れた。伊藤一隆,佐藤昌介,内田瀞,大島正健,新渡戸稲造,宮部金吾,内村鑑三,広井勇らである。土肥 昭夫
49. さっぽろバンド【札幌バンド】
国史大辞典
大学総長となった佐藤昌介、水産業界で活躍し禁酒運動に尽瘁した伊藤一隆、二期生には内村鑑三・新渡戸稲造のほか植物学者で北海道帝国大学教授宮部金吾、工学博士広井勇ら
50. 札幌沿革史[文献解題]北海道
日本歴史地名大系
札幌史学会(明治二五年創立。北海道の歴史・地理の研究をおもな目的とする)が、札幌農学校教授新渡戸稲造(会頭)、白野夏雲・永田方正・河野常吉・高岡熊雄などのちにこ
「新渡戸稲造」の情報だけではなく、「新渡戸稲造」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

新渡戸稲造と同じ日本史上の人物カテゴリの記事
真田幸村(真田信繁)(日本大百科全書(ニッポニカ))
安土桃山時代の武将。本名信繁。昌幸の次男。1586年(天正14)豊臣秀吉の臣となり、94年(文禄3)豊臣信繁の名で従五位下左衛門佐に叙任した。妻は秀吉の奉行大谷吉継の女。のち父昌幸、兄信之とともに徳川家康に臣従したが、関ヶ原の戦いには
徳川家康(日本大百科全書・国史大辞典・改訂新版 世界大百科事典)
江戸幕府初代将軍(在職1603~1605)。三河(愛知県東部)の小大名の家に生まれ、幼年時代は隣国駿河(静岡県)の大名今川氏の人質となって苦労したが、桶狭間の戦いののち今川氏から独立し、織田信長と同盟して駿河・遠江(とおとうみ)(静岡県)・三河3か国に所領を拡大した
坂本竜馬(坂本龍馬)(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
幕末期の討幕運動指導者、海援隊長。竜馬は通称。直陰のちに直柔と名乗り、脱藩後は才谷梅太郎などの変名を使う。天保六年(一八三五)十一月十五日(十月十五日説・十一月十日説あり)、土佐藩の町人郷士坂本八平直足・幸の次男として
織田信長(日本大百科全書・国史大辞典・改訂新版 世界大百科事典)
戦国・安土桃山時代の武将。戦国動乱を終結し全国統一の前提をつくった。[脇田 修]家系織田氏は近江津田氏と関係があると伝えられているが、室町期斯波氏に仕え、越前(福井県)織田荘を根拠とし織田劔神社を氏神と崇敬した。斯波氏が尾張(おわり)守護の関係で尾張守護代として尾張(愛知県)に入る
上杉景勝(日本大百科全書(ニッポニカ))
安土桃山時代・江戸初期の大名。上杉謙信の養子。初名は卯松、喜平次、顕景。実父は越後坂戸城(新潟県南魚沼市)の城主長尾政景で、母は謙信の姉。父の死後謙信に養われ、1575年(天正3)春日山城の中城で上杉弾正少弼景勝となる。78年謙信の死後、もう1人の養子上杉三郎景虎
日本史上の人物と同じカテゴリの記事をもっと見る


「新渡戸稲造」は人物に関連のある記事です。
その他の人物に関連する記事
王翬(日本大百科全書・世界人名大辞典・世界大百科事典)
中国、清(しん)代初期の画家。王時敏(おうじびん)、王鑑(おうかん)、王原祁(おうげんき)、呉歴(ごれき)、惲格(うんかく)とともにいわゆる四王呉惲(しおうごうん)の一人。字(あざな)は石谷、号は耕煙外史、烏目(うもく)山人
土方歳三(国史大辞典・日本大百科全書・世界大百科事典)
一八三五 - 六九 幕末・維新期の新撰組副長・幹部。歳蔵とも書く。天保六年(一八三五)武蔵国多摩郡石田村(東京都日野市石田)に出生。生家は石田散薬という家伝薬を副業とする旧家。父義醇、六人兄弟の末子。幼時に父母を失い
新渡戸稲造(日本大百科全書・世界大百科事典)
教育家、農政学者。文久(ぶんきゅう)2年9月1日、盛岡(岩手県盛岡市)に生まれる。東京英語学校を経て、1881年(明治14)札幌農学校卒業。同農学校在学中、内村鑑三らとともに受洗し、キリスト者となる。1883年東京大学に入学するも
中岡慎太郎(日本大百科全書・世界大百科事典)
幕末の討幕派志士。土佐国安芸(あき)郡北川郷(高知県北川村)の大庄屋(おおじょうや)小伝次(こでんじ)の長男。名は道正、初め光次と称し、のち慎太郎と改めた。学問を間崎滄浪(まさきそうろう)に、剣を武市瑞山(たけちずいざん)に学び
高村光雲(国史大辞典・日本大百科全書・世界大百科事典)
一八五二 - 一九三四 明治から昭和時代前期にかけての彫刻家。嘉永五年(一八五二)二月十八日、江戸下谷北清島町(東京都台東区東上野)に生まれる。旧姓は中島、父は兼松。幼名を光蔵といった。文久三年(一八六三)十二歳のとき
人物に関連する記事をもっと見る
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る