ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
➞ジャパンナレッジについて詳しく見る
  1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 社会
  6. >
  7. 経済
  8. >
  9. >
  10. 復興特別税

ジャパンナレッジで閲覧できる『復興特別税』の辞書・事典・叢書別サンプルページ

日本大百科全書

日本大百科全書(ニッポニカ)
復興特別税
ふっこうとくべつぜい

東日本大震災(2011)の復興財源を確保するための日本の税金。臨時の増税措置であることを強調するため「特別税」という名称になった。2012年(平成24)から順次、従来の法人税、所得税、個人住民税に上乗せする形で徴収し、復興費用や復興債の償還費用に限定支出している。全国の個人や企業から広く薄く徴収することで、国をあげて復興を後押しするねらいがある。根拠法は復興財源確保法(正称「東日本大震災からの復興のための施策を実施するために必要な財源の確保に関する特別措置法」平成23年法律第117号)と、地方財確法(正称「東日本大震災からの復興に関し地方公共団体が実施する防災のための施策に必要な財源の確保に係る地方税の臨時特例に関する法律」平成23年法律第118号)。復興特別法人税は2012年4月から2年間(当初3年の予定を短縮)、税額に10%を上乗せして徴収した。復興特別所得税は2013年1月から25年間(2037年末まで)、税額に2.1%を上乗せして徴収。財務省によると、夫婦と子供2人のサラリーマン世帯で、年収500万円の場合で年約1600円、年収1000万円で年約1万4000円の負担増となる。個人住民増税は2014年6月から10年間(2023年5月まで)、所得にかかわらず一律に課す均等割で1000円(都道府県分と市区町村分それぞれ500円)を臨時特例的に加算徴収する。国税である復興法人税と復興所得税は東日本大震災復興特別会計で通常予算とは区別して管理されている。個人住民税の復興増税は2024年度で終了するが、以降は森林整備の財源となる、同じく均等割1000円の森林環境税(国税)が課される。

 復興特別法人税・所得税は主に復興債の償還費に、住民税増税分は地方自治体へ移譲して地方の防災・減災支出にあてられた。復興特別税については、復興とは無関係の支出に流用されたと会計検査院からたびたび指摘されてきた。一方で、新型コロナウイルス(COVID(コビッド)-19)感染症対策のために悪化した国・地方の財政状況の改善に向けて、広く国民に負担を求めた復興特別税を参考に財源確保すべきだとの主張もある。

[編集部]2020年11月13日

ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。
すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
パソコン・タブレット・スマホからご利用できます。
復興特別税の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 14
検索コンテンツ
1. 復興特別税
日本大百科全書
主に復興債の償還費に、住民税増税分は地方自治体へ移譲して地方の防災・減災支出にあてられた。復興特別税については、復興とは無関係の支出に流用されたと会計検査院から
2. 復興特別税
法律用語辞典
東日本大震災からの復興を図るため平成二三年度から平成二七年度までの間に実施される施策に要する費用の財源を確保するため、「東日本大震災からの復興のための施策を実施
3. 東日本大震災復興基本法
法律用語辞典
再生を図ることを目的とする法律(一)。 →復興債 、 →復興庁 、 →復興特別区域 、 →復興特別税
4. 復興債
法律用語辞典
る特別措置法」(平二三法一一七)に基づき、財政法四条の例外として発行される公債。復興債は、復興特別税の収入、財政投融資特別会計財政融資資金勘定からの繰入金等を財
5. 復興特別会計[財政]
イミダス 2018
繰り入れ1253億円、東日本大震災復興予備費4000億円が計上されている。歳入については、復興特別税5305億円(うち法人税4810億円、所得税495億円)、一
6. 復興特別所得税
法律用語辞典
復興特別税
7. 復興特別法人税
法律用語辞典
復興特別税
8. 特集 コロナ株高の終わり 中銀の「禁じ手」が招く超円安、輸入物価高騰=熊野英生
週刊エコノミスト 2019-20
認めるが、今から必ず財源のことは議論すると約束した方がよいと考える。東日本大震災のときは、復興特別税を2013~37年にかけて、所得税では上乗せ2.1%で賄うこ
「復興特別税」の情報だけではなく、「復興特別税」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

復興特別税と同じカテゴリの記事
ふるさと納税(日本大百科全書・現代用語の基礎知識)
ふるさとや応援したい自治体へ寄付をした個人や法人の納税額を軽減する制度。公益にかなう寄付をした納税者の税額を減らす寄付税制の一種である。都市と地方の税収格差の是正が目的で、欧米に比べて遅れぎみの寄付文化を醸成する役割も期待されている
復興特別税(日本大百科全書)
東日本大震災(2011)の復興財源を確保するための日本の税金。臨時の増税措置であることを強調するため「特別税」という名称になった。2012年(平成24)から順次、従来の法人税、所得税、個人住民税に上乗せする形で徴収し、復興費用や復興債の償還費用に


「復興特別税」はに関連のある記事です。
その他の税に関連する記事
復興特別税(日本大百科全書)
東日本大震災(2011)の復興財源を確保するための日本の税金。臨時の増税措置であることを強調するため「特別税」という名称になった。2012年(平成24)から順次、従来の法人税、所得税、個人住民税に上乗せする形で徴収し、復興費用や復興債の償還費用に
ふるさと納税(日本大百科全書・現代用語の基礎知識)
ふるさとや応援したい自治体へ寄付をした個人や法人の納税額を軽減する制度。公益にかなう寄付をした納税者の税額を減らす寄付税制の一種である。都市と地方の税収格差の是正が目的で、欧米に比べて遅れぎみの寄付文化を醸成する役割も期待されている
NISA(日本大百科全書・現代用語の基礎知識)
株式や投資信託に少額を投資して得られた配当や譲渡益に一定期間税金がかからない少額投資非課税制度の愛称。イギリスで1999年に始まった個人貯蓄口座(ISA:Individual Savings Account)を手本としたため、ISAに日本(Nippon)の頭文字をつけてNISAとよぶ


ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る