ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
➞ジャパンナレッジについて詳しく見る
  1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 歴史
  6. >
  7. 遺跡
  8. >
  9. 日本の史跡・遺跡・遺物・史料
  10. >
  11. 笹子トンネル

ジャパンナレッジで閲覧できる『笹子トンネル』の辞書・事典・叢書別サンプルページ

日本国語大辞典

日本国語大辞典
ささご‐トンネル 【笹子─】

解説・用例

(トンネルは{英}tunnel )

〔一〕JR中央本線笹子駅と甲斐大和駅(旧初鹿野駅)の間にある鉄道トンネル。下り線の笹子トンネルは明治三六年(一九〇三)完成。全長四六五六メートル。上り線の新笹子トンネルは昭和四〇年(一九六五)完成。全長四六七〇メートル。

〔二〕甲州街道(国道二〇号線)の山梨県大月市と大和村の間にある道路トンネル。昭和三三年(一九五八)開通。全長二九五三メートル。新笹子トンネル

〔三〕中央高速道の大月インターチェンジと勝沼インターチェンジとの間にある道路トンネル。昭和五二年(一九七七)開通。全長は上り車線が四七八四メートル。下り車線が四七一七メートル。

発音

ササ〓トンネル

〓[ト]


ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。
すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
パソコン・タブレット・スマホからご利用できます。
笹子トンネルの関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 22
検索コンテンツ
1. 笹子トンネル画像
日本大百科全書
ルがあり、国道20号の新笹子トンネルは2953メートルで1958年開通(なお旧甲州街道にある笹子トンネルは約250メートル、1938年開通)。中央自動車道の笹子
2. ささご‐トンネル【笹子─】
日本国語大辞典
大和駅(旧初鹿野駅)の間にある鉄道トンネル。下り線の笹子トンネルは明治三六年(一九〇三)完成。全長四六五六メートル。上り線の新笹子トンネルは昭和四〇年(一九六五
3. 笹子トンネル[イミダス編 社会・健康]
イミダス 2018
上り線用の新笹子トンネル(全長4670メートル)が開通した。道路トンネルは58年、国道20号線に自動車専用の新笹子トンネル(全長2953メートル)が開通。77年
4. 笹子トンネル(明治時代)[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
笹子ささご駅方入口。現在の中央本線下り線。山梨県北都留きたつる郡笹子村(現在の大月市笹子町)。『日本名勝旧蹟産業写真集 国定小学校教科書準拠 天』(1912年〈
5. 新笹子トンネル
日本大百科全書
笹子トンネル
6. インフラストラクチャー(インフラ)【2019】[都市問題【2019】]
現代用語の基礎知識
建設から40年以上経過し、点検や補修が必要な施設が急増している。2012年12月、中央自動車道笹子トンネルの天井落下事故で9人死亡したが、開通から35年で起きた
7. インフラ老朽化
日本大百科全書
鉄塔など、社会インフラが経年により劣化すること。2012年(平成24)12月、中央自動車道上り線笹子トンネル(山梨県大月市)にて約140メートルにわたって天井板
8. おおつき【大月】
国史大辞典
近世甲州街道が川に沿って東西に走り、笹子峠の難所を越えて甲府盆地に入ったが、明治三十六年中央本線笹子トンネル(四六五六メートル)が開通した。丹那トンネル開通まで
9. 関東山地
世界大百科事典
じて車道が通じていた。国道18号線(中山道)に1971年碓氷バイパス,中央自動車道に77年笹子トンネルが通じてから道路の整備が進み,93年には上信越自動車道の藤
10. 国土強靭化基本法[日本経済]
イミダス 2018
2011年3月の東日本大震災や、12年12月の中央自動車道笹子トンネル崩落事故などを受けて、災害に強い公共事業が求められたことから、13年12月に成立した法律
11. 笹子隧道[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
1938年(昭和13)に甲州街道一の難所といわれた笹子峠につくられ、幹線として利用されてきたが、新笹子トンネル(1958年開通)の誕生によりその役目を終えた。1
12. 笹子峠画像
日本大百科全書
との境界に相当する。かつては甲州街道上の難所であったが、明治末期に国鉄(現、JR)中央線の笹子トンネルの開通により、その重要性を失った。また、第二次世界大戦後の
13. 笹子峠
世界大百科事典
開通し,77年には中央自動車道の笹子トンネルが開通したため,峠越えの道路は現在ではほとんど使われない。横田 忠夫 白野 阿弥陀海道 黒野田 鶴瀬 笹子トンネル 
14. ささごとうげ【笹子峠】山梨県:大月市/黒野田村
日本歴史地名大系
となっている。このほか明治三六年の完成当時日本最長を誇ったJR中央本線の笹子トンネル上り・下り、中央自動車道笹子トンネル上り・下りの計六本が当峠下を通っている。
15. たのくらむら【田野倉村】山梨県:都留市
日本歴史地名大系
当時の朝日川の流路であったといわれる「クボ川」「古沢川」が描かれるが、これはのちに中央自動車道の笹子トンネル工事の排土で埋立てられた。臨済宗(現臨済宗妙心寺派)
16. 丹那トンネル
世界大百科事典
建設し,東海道本線に切り換える計画がたてられた。この改良計画は,トンネル工事としても従前のもの(例えば笹子トンネルなど)から飛躍的に大型で,その後の清水トンネル
17. ちゅうおうせん【中央線】
国史大辞典
月東京まで開通)。この線は本州中央部山岳地帯を縦貫するため多くのトンネルが建設され、小仏・笹子トンネルなどがある。八王子―甲府間は昭和六年(一九三一)に電化され
18. トンネル画像
世界大百科事典
石屋川トンネル 逢坂山トンネル 柳ヶ瀬トンネル 笹子トンネル 清水トンネル 丹那トンネル 北陸トンネル 新清水トンネル 大(だい)清水トンネル 青函トンネル 笹
19. やまとむら【大和村】山梨県:東山梨郡
日本歴史地名大系
る。近世は甲州道中の笹子峠が国中と郡内を結び、現在国道二〇号・中央自動車道・JR中央本線の笹子トンネルが笹子山の山腹をくり抜いている。鎌倉時代当村域は深沢郷の一
20. やまなしし【山梨市】山梨県
日本歴史地名大系
たどり、代わって葡萄・桃・李の果樹栽培が三五年頃から伸びてくる。これは三三年の国道二〇号の笹子トンネル開通も、大消費地東京との時間短縮という点で大きな影響を与え
21. 【総論】山梨県
日本歴史地名大系
大幅に短縮するとともに、国中地方と郡内地域との結び付きを強めた。とくに昭和三三年に開通した笹子トンネルは県の果樹地帯を大消費地である東京と直結させ、「果樹王国山
22. 言言語語 ~12/4
週刊エコノミスト 2020-21
しさがこみ上げるばかり」=2日付『毎日新聞』夕刊  2012年に9人が死亡した中央自動車道笹子トンネル(山梨県大月市)の天井板崩落事故は2日、発生から8年となっ
「笹子トンネル」の情報だけではなく、「笹子トンネル」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

笹子トンネルと同じ日本の史跡・遺跡・遺物・史料カテゴリの記事
大坂の陣(国史大辞典・世界大百科事典・日本国語大辞典)
関ヶ原の戦の戦勝により、政治の主導権を獲得し、かつ戦勝者として大名の支配を可能にした徳川氏にとっては、中央政権を樹立し、その支配権を正当化し確立することが今後の課題となった。そのため戦後一門・譜代大名の創出とその要衝配置、ならびに豊臣秀吉恩顧の大名をはじめとする外様大名
関ヶ原古戦場跡(日本歴史地名大系)
慶長五年(一六〇〇)九月一五日に行われた徳川家康の率いる東軍と石田三成の率いる西軍との合戦場跡。決戦は東西約四キロ、南北約二キロ、標高一三〇メートルの関ヶ原台地で展開され、この戦いに勝利したことで家康は事実上天下の支配者となり、慶長八年の征夷大将軍補任によって名目上からも全国統一の権威をもった
桶狭間古戦場伝説地(日本歴史地名大系)
[現]豊明市栄町 南舘名鉄本線中京競馬場前駅(名古屋市緑区)南方二〇〇メートルの、国道一号を横断した所にある。国指定史跡。この辺りは知多半島に続く丘陵地で谷間が多く、豊明市内には大狭間・小廻間の地名が多い。狭間(廻間)というのは「はさまった間」を意味するといわれ、国史跡指定地は谷あいにある。
小豆坂古戦場(日本歴史地名大系)
[現]岡崎市羽根町 小豆坂 羽根地籍東方の丘陵地。松の木立に覆われた起伏の多い一帯が今川義元と織田信秀の軍が激しく戦った小豆坂古戦場である。「信長記」などによると、天文一一年(一五四二)八月、今川義元は駿遠三の兵を率いて、当時織田信秀の支配下にあった安祥城(現安城市)を攻撃し
新沢権現堂古戦場(日本歴史地名大系)
[現]大内町新沢 新沢の八幡神社の背後に館跡があり、権現堂ノ館・荒沢之城・新沢館・小助川館などとよばれ、元亀―天正(一五七〇―九二)の頃に矢島大井氏の一族小助川治部少輔が居館を構えていたという(「小助川氏系図」由利郡中世史考)。館の広さは東西一〇〇間、南北三〇間であったが


「笹子トンネル」は建築物に関連のある記事です。
その他の建築物に関連する記事
白川庄・白川郷(日本歴史地名大系)
北流する庄(しよう)川の上流域、現荘川村と白川村を中心とする地域は白川郷と総称される。標高一〇〇〇―二〇〇〇メートル級の山々に囲まれ、狭隘な渓谷に集落が点在する。白川の名称は、白山の白水(しらみず)谷に源を発して庄川に流入する大白(おおしら)川の水が
佐渡金銀山(国史大辞典・日本歴史地名大系)
[現]相川町宗徳町町部中心街約一・五キロ東方の標高一一〇メートルの山中の宗徳(そうとく)町にある。町北部へ注ぐ北沢(きたざわ)川上流の右(みぎ)沢と左沢の渓谷の間に突出た台地上で、東は白子(しらこ)嶺と青野(あおの)嶺、南は中山(なかやま)嶺
笹子トンネル(日本国語大辞典)
解説・用例(トンネルは{英}tunnel )〔一〕JR中央本線笹子駅と甲斐大和駅(旧初鹿野駅)の間にある鉄道トンネル。下り線の笹子トンネルは明治三六年(一九〇三)完成。全長四六五六メートル。上り線の新笹子トンネルは昭和四〇年(一九六五)完成


ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る