ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
➞ジャパンナレッジについて詳しく見る
  1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 文化
  6. >
  7. 伝統芸能
  8. >
  9. 能楽
  10. >
  11. 葵上

ジャパンナレッジで閲覧できる『葵上』の辞書・事典・叢書別サンプルページ

世界大百科事典・日本国語大辞典

改訂新版 世界大百科事典
葵上
あおいのうえ

(1)能の曲名 四番目物。世阿弥以前の作。シテは六条御息所(ろくじようのみやすどころ)の生き霊。光源氏の正妻葵上は病床にある。病因を知るために巫女(みこ)(ツレ)に梓(あずさ)の法を行わせると,梓の弓の音に引かれて貴婦人(前ジテ)が現れる。名を尋ねると六条御息所の怨霊(おんりよう)と名のり,恨みごとを述べたてる。御息所は,皇太子妃として花やかな宮廷生活を送った身だったが,夫に先立たれた。その後光源氏と親しくなったが,近ごろでは仲が遠ざかり,顧みる人さえなくなったのが恨めしいとかきくどき,光源氏の愛を奪った葵上をののしる。なおも高まる悔しさに,御息所の霊は葵上の枕元に寄って来て打ちたたきなどするが,のろいを残して姿を消す(〈枕ノ段〉)。呼び迎えた横川小聖(よかわのこひじり)(ワキ)が祈禱を行うと,霊(後ジテ)は恐ろしい形相に変わって再び姿を現し,小聖に立ち向かうが,ついに祈り伏せられる(〈イノリ〉)。枕ノ段とイノリが中心。なお葵上の役は登場せず,舞台に横たえた小袖でその寝姿を象徴する。
[横道 万里雄](2)地歌およびそれを地とする舞 木の本屋巴遊作曲か。三下り歌い物。京都の箏の手付の古いものは河原崎検校による。(1)のクドキから段歌(枕ノ段)までに基づき,途中に三味線歌としてのクドキ風の挿入部分がある。井上流は初世井上八千代振付,2世補作か。山村流は初世山村友五郎振付。着流しと衣装付きとある。(3)山田流箏曲 山田検校作曲。奥歌曲四つものの一つ。(1)のシテの出の一声から段歌までを取る。(4)河東(かとう)節 1858年(安政5)9世十寸見(ますみ)河東,5世山彦河良らによって初演。如童作詞(亀岳代作)。なお,一中節(1894年,3世宇治紫文作曲),長唄(1905年,幸堂得知作詞,4世吉住小三郎・3世杵屋(きねや)六四郎作曲)などがある。また同名の戯曲には榎本虎彦作(1907),岡鬼太郎作(《源氏物語・葵の巻》1930),三島由紀夫作(1955)がある。
[平野 健次]

[索引語]
横川小聖


日本国語大辞典
あおい‐の‐うえ[あふひのうへ] 【葵上

解説・用例

〔一〕「源氏物語」に出てくる女性。主人公光源氏の正妻。左大臣の娘、母は大宮。源氏の愛人六条御息所(ろくじょうのみやすどころ)の生霊のために苦しめられ、夕霧を産んだ後、急死する。

〔二〕謡曲。四番目物。各流。近江系の古作を世阿彌が改作したものか。「源氏物語」による。六条御息所の生霊が、葵上を責めさいなむが、横川(よかわ)の小聖(こひじり)に祈り伏せられる。

〔三〕浄瑠璃。宇治加賀掾正本。天和~元祿三年(一六八一~九〇)ごろ刊か。五段。時代物。近松門左衛門作と推定。謡曲「葵の上」による。

〔四〕箏曲。山田流の奥許物。文化年間(一八〇四~一八)、流祖山田検校の作曲。山田流第一の大曲。謡曲の一節による。生田流にもある。地唄、長唄、河東節、一中節にも同名の作品がある。

発音

〓[0][ノ]


ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。
すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
パソコン・タブレット・スマホからご利用できます。
葵上の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 219
検索コンテンツ
1. あおい‐の‐うえ[あふひのうへ]【葵上】
日本国語大辞典
四番目物。各流。近江系の古作を世阿彌が改作したものか。「源氏物語」による。六条御息所の生霊が、葵上を責めさいなむが、横川(よかわ)の小聖(こひじり)に祈り伏せら
2. 葵上
日本大百科全書
った元皇太子妃の華やかな生活との別離、光源氏の愛の衰えを嘆き、興奮に身をゆだねて葵上を打ち据え、賀茂の祭で葵上から屈辱を受けたその破れ車に乗せて連れ去ろうとする
3. 葵上
世界大百科事典
,顧みる人さえなくなったのが恨めしいとかきくどき,光源氏の愛を奪った葵上をののしる。なおも高まる悔しさに,御息所の霊は葵上の枕元に寄って来て打ちたたきなどするが
4. あおいのうえ【葵上】
国史大辞典
た四番目物に属する能の曲目。六条御息所が光源氏の寵愛の衰えたのを恨み、生霊となって光源氏の正妻葵上につきこれをなやますが、ついに比叡山横川の小聖に調伏されて得脱
5. あおいのうえ【葵上】
日本人名大辞典
「源氏物語」に登場する女性。左大臣の長女。母は桐壺帝の妹大宮。4歳年下の光源氏と結婚するが,源氏にうとまれる。26歳のとき男子夕霧を出産直後,源氏の愛人のひとり
6. あおいのうえ【葵上】[能曲名]
能・狂言事典
を述べ、光源氏の愛を奪った葵上を恨む。かきくどくうちに悔しさは高まり、御息所の霊は葵上の枕元にせまり、打ちたたきなどするが、のろいを残して姿を消す(〈枕ノ段〉)
7. 葵上(著作ID:79572)
新日本古典籍データベース
あおいのうえ 謡曲 能の本 
8. Arthur David Waley【ウェーリー】[人名]
能・狂言事典
田敦盛》《経政》《熊坂》《烏帽子折》《橋弁慶》《景清》《鉢木》《卒都婆小町》《鵜飼》《綾鼓》《葵上》《邯鄲》《放下僧》《羽衣》《谷行》《生贄》《初雪》《白楽天》
9. あおい[あふひ]【葵】画像
日本国語大辞典
〈略〉葵とは、ぜにの事」【二】「源氏物語」の第九帖の名。光源氏二二歳から二三歳まで。源氏の正妻葵上(あおいのうえ)は、嫉妬に狂う源氏の愛人六条御息所(ろくじょう
10. あお‐にょうぼう[あをニョウバウ]【青女房】
日本国語大辞典
二・長崎新左衛門尉意見事「近習の人々青女房(アヲにょうばう)に至るまで悦びあへる処に」*謡曲・葵上〔1435頃〕「破れ車に召されたるに、青女房と思しき人の」(2
11. あおにょうぼう【青女房】
国史大辞典
「なま女房」ともいい、未熟、年若の意味。『明月記』元久元年(一二〇四)十二月二日条や『太平記』、謡曲『葵上』などにもみえる。 (山中 裕)
12. あか‐ぎ【赤木】
日本国語大辞典
」*梁塵秘抄〔1179頃〕二・四句神歌「小磯の浜にこそ、紫檀あかぎは寄らずして、流れ来で」*謡曲・葵上〔1435頃〕「赤木の数珠の苛高(いらたか)を」*義経記〔
13. あきつ‐きみ【明津君・秋津君】
日本国語大辞典
〔名〕(秋津島の君の意)天皇の敬称。*浄瑠璃・葵上〔1681~90頃か〕一「ゆづりのあとの秋津君、うけつぎまします御世(みよ)のかず」*浄瑠璃・傾城酒呑童子〔1
14. あずさ[あづさ]【梓】画像
日本国語大辞典
の弦にあらねども、水向けられて虚(うか)とは憑らず」(4)「あずさみこ(梓巫)」の略。*謡曲・葵上〔1435頃〕「ここに照日(てるひ)の巫(みこ)とて隠れなき梓
15. あずさ に かく
日本国語大辞典
*名語記〔1275〕八「死人をあづさにかくとて弓の絃をたたきてかへば亡魂きたりて物語をする事あり」*謡曲・葵上〔1435頃〕「梓の上手の候ふを請じ、生き霊死霊の
16. あずさ の 弓(ゆみ)
日本国語大辞典
ば妹はまかなし持ちて行く安都佐能由美(アヅサノユミ)の弓束(ゆづか)にもがも〈防人〉」*謡曲・葵上〔1435頃〕「梓の弓の末筈(うらはず)に、立ち寄り憂きを語ら
17. 梓巫女画像
世界大百科事典
招くために使われた巫具で,これを用いてカミオロシ,ホトケオロシをすることから梓巫女の名がおこった。能の《葵上》には照日と呼ばれる巫女が梓弓の弦をはじいて口寄せす
18. あふひ-まつり【葵祭】
全文全訳古語辞典
見物用の桟敷も設けられ、多くの見物人でごった返した。そのために場所争いも起こり、『源氏物語』の葵上と六条御息所の車争いの話は有名である。また、藤原道長が一条桟敷
19. あらわれ‐い・ず[あらはれいづ]【顕出】
日本国語大辞典
」*有明の別〔12C後〕二「母君もばけ物のあらはれいでたる心ちして、ただいざりかくれ給ふを」*謡曲・葵上〔1435頃〕「梓の弓に怨霊の、これまで現はれ出でたるな
20. いき‐りょう[‥リャウ]【生霊】
日本国語大辞典
預丹波少将事「生霊(イキリャウ)、死霊軽(かろ)からず、おどろおどろしくぞ聞こえける」*謡曲・葵上〔1435頃〕「ここに照日の巫(みこ)とて隠れなき梓の上手の候
21. 一休ばなし(仮名草子集) 276ページ
日本古典文学全集
揉むと高い音がする。「赤木の数珠の苛高をさらりさらりと押し揉んで、ひと祈りこそ祈つたれ」(謡曲・葵上)。ここの文章は「葵上」によるか。「念」。考え。思慮。「たつ
22. 田舎源氏(歌舞伎舞踊劇)
日本大百科全書
黄昏が自害して母をいさめるので、東雲も改心し宝剣の所在を教えて自害する。初めの道行の艶美えんび、古寺で『葵上あおいのうえ』の後ジテを装った東雲が御所車の背景から
23. いのり【イノリ(祈り)】[技法・演出]
能・狂言事典
猛りたつ怨霊・悪霊(後ジテ)と、それを祈り伏せようとする山伏・僧侶(ワキ)の闘争をあらわす働事。《道成寺》《葵上》《黒塚》にあり、流派によっては《飛雲》にも用い
24. いら‐たか【苛高】
日本国語大辞典
蔓の手たゆき、零余子(ぬかご)かづら」【二】〔名〕「いらたかじゅず(苛高数珠)」の略。*謡曲・葵上〔1435頃〕「赤木の数珠(じゅず)の苛高(いらたか)をさらり
25. うきよ は=牛(うし)の小車(おぐるま)[=車(くるま)の輪(わ)]
日本国語大辞典
(「牛」は「憂(う)し」にかける)この世の因果応報のめぐりくるさまを、車にたとえたもの。*謡曲・葵上〔1435頃〕「憂き世は牛の小車の、巡るや報いなるらん」*浄
26. 浮世(うきよ)は=牛(うし)の小車(おぐるま)〔=車(くるま)の輪(わ)〕
故事俗信ことわざ大辞典
この世の限りない変転。「牛」を「憂し」にかけて、車にたとえていう。「浮世は車」ともいう。 謡曲・葵上(1435頃)「憂き世は牛の小車の、巡るや報いなるらん」浄瑠
27. うずい‐もの[うずゐ‥]【踞者】
日本国語大辞典
〔名〕尊大に構える人。わがまま者。→踞(うずい)。*浄瑠璃・葵上〔1681~90頃か〕二「ほたへすぎたるうずゐもの」*和訓栞〔1777~1862〕「うづゐ〈略〉
28. うろこ‐おとし【鱗落】
日本国語大辞典
〔名〕能楽の所作の一つ。「道成寺」「葵上」などの曲の中にある衣落(きぬお)とし、すなわち、のちの場で唐織(からおり)という上着を脱ぎすてる型をいう。僧に祈られて
29. うわなり【嫐】
歌舞伎事典
昭和一一(1936)年四月東京・歌舞伎座で五世市川三升(一〇世団十郎)が三世歌川豊国の錦絵と能《葵上》とに基づき、十八番として上演している。さらに、昭和六一(1
30. うわなり‐うち[うはなり‥]【後妻打】画像
日本国語大辞典
しの下子どもの、うはなり打とかやして、髪をかなぐり、取くみ引くみするは理りにぞ侍べき」*謡曲・葵上〔1435頃〕「あらあさましや。六条の御息所ほどの御身にて、後
31. うん‐じょう[‥ジャウ]【雲上】
日本国語大辞典
高貴な人々のいる所。宮中。禁裏。*凌雲集〔814〕三月三日侍宴〈賀陽豊年〉「露晞心已粛、雲上慶還申」*謡曲・葵上〔1435頃〕「われ世にありしいにしへは、雲上の
32. えい【詠】[技法・演出]
能・狂言事典
おもにシテが謡う。第一句は上音で始まりクリ節があり、第三句から中音に下がり、第五句は下音で終わる(《葵上》など)。下ノ詠は低音域で和歌を吟唱する小段で、おもにシ
33. 鬼
世界大百科事典
鬼(《葵上》など)と地獄の鬼(《朝比奈》など)の2系列があると記している。鬼能は,能組の中で五番目物であり,代表曲としては《鵜飼》《野守(のもり)》《紅葉狩》《
34. 鬼(おに)
日本大百科全書
謡曲『紅葉狩もみじがり』は信州戸隠とがくし山の鬼女であるし、『鉄輪かなわ』の後シテ京女の生霊も『葵上あおいのうえ』『道成寺』に同じく嫉妬しっとのあまり鬼女と化し
35. おに‐おうぎ[‥あふぎ]【鬼扇】
日本国語大辞典
〔名〕能楽の扇の一つ。地紙の両面ともに、赤地に一輪の大きな牡丹花を描いたもの。観世流では、「道成寺」と「葵上」だけに用いる。
36. おもい‐し・る[おもひ‥]【思知】
日本国語大辞典
ひなりぬれ」*徒然草〔1331頃〕一四二「子持ちてこそ、親の志はおもひ知(しる)なれ」*謡曲・葵上〔1435頃〕「思ひ知らずや、世の中の情は人のためならず。われ
37. か‐じ[‥ヂ]【加持】
日本国語大辞典
この頃もののけにあづかりて、困(こう)じにけるにや、ゐるままにすなはちねぶりごゑなる、いとにくし」*謡曲・葵上〔1435頃〕「大臣(おとど)より葵の上のおん物の
38. かずら【鬘】
国史大辞典
を用い、奉書製の平元結でむすぶ。特殊な鬘のつけ方に『玉葛』で鬘の一部分を肩前に着垂らしたり、『葵上』の特殊演出で長鬘にさらに髢をつぎ足してひきずるほど長くするこ
39. かずら【鬘】 : 鬘/(二)
国史大辞典
を用い、奉書製の平元結でむすぶ。特殊な鬘のつけ方に『玉葛』で鬘の一部分を肩前に着垂らしたり、『葵上』の特殊演出で長鬘にさらに髢をつぎ足してひきずるほど長くするこ
40. かぞう【萱草】
国史大辞典
『源氏物語』葵に「ほどなき衵、人よりは黒う染めて、黒き汗衫、萱草の袴など着たるも、をかしき姿なり」とあるのも、葵上の死後の童女の服喪の装束による姿である。萱草は
41. か‐たく【火宅・煆宅】
仏教語大辞典
家のこと。 日本永代蔵 二・三 「心の燃る火宅を出て」 か‐たく 火宅 煆宅 の門 迷いの世界。 葵上 「三つの車に法の道、火宅の門をや出でぬらん」 か‐たく
42. 火宅の門
仏教語大辞典
迷いの世界。 葵上 「三つの車に法の道、火宅の門をや出でぬらん」
43. かたらい の 道(みち)
日本国語大辞典
男女、夫婦の道。*浄瑠璃・葵上〔1681~90頃か〕一「すゑはかりなき民までも、さかゆく国にかたらひの道のみちこそただならね」
44. 甲子夜話三篇 4 103ページ
東洋文庫
     時太郎氷室           喜多ツレ 市郎右衛門葵上   左近 源七郎  粧瑠螂  勲鴫鮒    中入前よりこの葵上の番者は、殿下云はる㌧は、源七
45. 甲子夜話続篇 1 323ページ
東洋文庫
又切戸より出て打と云。獅子は赤頭にて、狂ひの所長く、始めは橋が㌧りの勾欄にのぼりゐ、後は彼の着したる唐織を『葵上』などの如くうち被りて舞台に臥す。これより被りた
46. 甲子夜話続篇 3 237ページ
東洋文庫
因に云。故日吉市十郎、没年八十に喩たり。これは上手の不可院左近に学たる人なり。その話に、某嘗て『葵上』の能を為て、怨を言ひ下に居て病人の側に近寄るとき、左近上面
47. 甲子夜話続篇 6 197ページ
東洋文庫
尚まざる者なる当し。審思せよ々々。〔二〕 都下に梓神子と云者あり。是も昔よりのことと聞こへし。『葵上』の謡に、愛に照日の神子と申て、正き梓の上手の候を召、生霊死
48. 鬘画像
世界大百科事典
たは狂乱の女などに用いる。さらに長いかもじ(髢)を継ぎ足したものを長髢(ながかもじ)といい,《葵上》の小書〈空ノ祈(くうのいのり)〉などに用いる。また,《玉葛(
49. 鉄輪
日本大百科全書
とりえず、「時節を待ってまたとるべし」と消えていく。教養と理性に抑圧された貴婦人の恨みを描く『葵上あおいのうえ』に対し、『鉄輪』は直接的な嫉妬しっとの復讐ふくし
50. かなわ【鉄輪】[能曲名]
能・狂言事典
)。 後ジテの面〈橋姫〉または〈生成(なまなり)〉に表されるような嫉妬をテーマとする。しかも《葵上》や《道成寺》とちがって、市井の一婦人の嫉妬であるだけに、ひた
「葵上」の情報だけではなく、「葵上」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

葵上と同じ能楽カテゴリの記事
(日本大百科全書(ニッポニカ))
能は日本の伝統芸能の一つで、狂言とともに南北朝時代から現代に演じ継がれ、世界でもっとも長い演劇生命と伝統をもっている。独自の様式をもつ能舞台に、能面を用い、世阿弥(ぜあみ)が「舞歌二道」と指示したように、舞(まい)に高められ抽象化された演技と、謡(うたい)と囃子(はやし)による音楽要素の融合された演劇である。
能楽(国史大辞典)
南北朝時代に始まった日本の代表的な古典芸能。歌と舞を主要素とする歌舞劇で、猿楽の能をさす。創成期の猿楽などが演じた歌と舞による劇形式の芸を「能」といい、「猿楽の能」のほか「田楽の能」や類似の芸「延年の能」も存在したが、室町時代以後は猿楽の能が主流となったので単に「猿楽」
狂言(改訂新版・世界大百科事典)
南北朝時代に発生した中世的庶民喜劇で,能,歌舞伎,文楽(人形浄瑠璃)などとともに日本の代表的な古典芸能の一つ。特に能とは深い関係をもつところから〈能狂言〉とも呼ばれる。能が主に古典的題材をとり上げ幽玄美を第一とする歌舞劇であるのに対し,狂言は日常的なできごとを笑いを通して
風姿花伝(花伝書)(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
世阿弥の能楽論書。七巻。『花伝』ともいう。俗に『花伝書』と称されたのは、はじめて本文を紹介した吉田東伍『世阿弥十六部集』における命名の影響が大きい。それについては、室町時代後期には能の伝書を意味する普通名詞的用法があり
申楽談儀(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
能楽伝書、一冊。正しくは『世子六十以後申楽談儀』。世子とは世阿弥の敬称。世阿弥六十歳、応永二十九年(一四二二)観世大夫を長男元雅に譲って出家したころ、次男元能が、父の芸談を筆記し整理して、この年十一月、元能も芸道を捨て出家する時に、この聞書をまとめて、
能楽と同じカテゴリの記事をもっと見る


「葵上」は古典に関連のある記事です。
その他の古典に関連する記事
夢中問答集(国史大辞典・日本大百科全書・世界大百科事典)
夢窓疎石が足利直義の問に答えた法話集。『夢中問答』ともいう。三巻三冊。全編九十三章の問答を仮名交り文にて記し、在家の女性や道に志す者に見せたいという直義の意を受けて、大高重成が刊行した書で、重成は等持寺の古先印元を介して、康永元年
さす(全文全訳古語辞典・日本国語大辞典)
{さ・し・す・す・せ・せ}一 〔自動詞サ行四段〕一 【指す・差す】自然の力が、ある方向に作用する。❶(日光などが)直射する。例「わたつみの豊旗雲(とよはたぐも)に入り日さし今夜(こよひ)の月夜(つくよ)さやけかりこそ」〈万葉・1・15〉
やさし(全文全訳古語辞典)
〔形容詞シク活用〕 《やせるの意の動詞「やす」の未然形が形容詞化した語》動詞「痩(や)す」(=やせる)を形容詞化した語。身もやせ細るほどでつらい、がもとの意。他人の目にやせ細る思いをすることから、恥ずかしい、気がひける、の意となり、その恥ずかし
かなふ(全文全訳古語辞典)
〔自動詞ハ行四段〕 {は・ひ・ふ・ふ・へ・へ}❶ 《「心にかなふ」「思ふにかなふ」など「…にかなふ」の形で》合致する。適合する。ふさわしい。例「あやしき下臈(げらふ)なれども、聖人の戒めにかなへり」〈徒然草・109〉訳(高名の木登りは)
まどふ(全文全訳古語辞典)
〔自動詞ハ行四段〕 {は・ひ・ふ・ふ・へ・へ} 《上代は「まとふ」。他動詞は「まどはす」》主に人の心についていい、途方に暮れる、うろたえる、などの意味を表す。また、他の動詞に付いて、程度のはなはだしい意を添える。❶(心が)迷う。乱れる。思い悩む
古典に関連する記事をもっと見る


ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る