ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
➞ジャパンナレッジについて詳しく見る
  1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 文化
  6. >
  7. 伝統芸能
  8. >
  9. 祭事・行事
  10. >
  11. 父の日

ジャパンナレッジで閲覧できる『父の日』の辞書・事典・叢書別サンプルページ

日本大百科全書・日本国語大辞典

日本大百科全書(ニッポニカ)

父の日
ちちのひ
Father's Day

6月の第3日曜日。1910年アメリカ、ワシントン州のブルース夫人の提唱で始まり、34年ごろ現行の日に決められてアメリカの年中行事の一つになった。父親の苦労に感謝して贈り物などをするが、日本でも1950年(昭和25)ごろからしだいに行われるようになった。

[佐藤農人]



日本国語大辞典

ちち‐の‐ひ 【父の日

解説・用例

〔名〕

父親の日頃の労苦・慈愛をたたえ、感謝をささげる日。六月の第三日曜日を当てる。アメリカのJ=B=ダッド夫人がこの日、父の墓に白いばらの花をささげたことによるという。《季・夏》

発音

〓[チ]<2>


ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。
すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
パソコン・タブレット・スマホからご利用できます。
父の日の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 57
検索コンテンツ
1. 父の日
日本大百科全書
6月の第3日曜日。1910年アメリカ、ワシントン州のブルース夫人の提唱で始まり、34年ごろ現行の日に決められてアメリカの年中行事の一つになった。父親の苦労に感謝
2. ちち‐の‐ひ【父の日】
日本国語大辞典
〔名〕父親の日頃の労苦・慈愛をたたえ、感謝をささげる日。六月の第三日曜日を当てる。アメリカのJ=B=ダッド夫人がこの日、父の墓に白いばらの花をささげたことによる
3. 父の日 【12か月のきまりごと歳時記】
生活便利帳
大切なのは感謝の気持ち。父の日は世界各地にあり、日本、カナダ、イギリス、フランスなどがアメリカと同じ6月の第3日曜日。リトアニアは6月の第1日曜日、オーストリア
4. 夸父(こほ)の日(ひ)を追(お)うよう
故事俗信ことわざ大辞典
自分の力を考えずに大きな事をしようとすることのたとえ。「夸父」は、中国の伝説上の人物。夸父が自分の力を考えずに太陽を追いかけて走り、ついに渇死したという「列子‐
5. CMD(クロス・マーチャンダイジング)[マーケティング]
イミダス 2018
関連品を含めた品ぞろえと演出で販売すること。もともと、すべての生活テーマは単品で済むものではない。父の日も夏休みも秋祭りも、すべて多様な商品のコーディネートによ
6. 一升瓶ビール[新語流行語]
イミダス 2018
軽い苦みが特徴の「金」、焙煎した麦芽の香ばしさと深いコクが特徴の「黒」の2種類がある。当初、父の日の贈り物用に2000本限定で発売したところ、「お祝い事で使いた
7. 江戸参府紀行 327ページ
東洋文庫
しかもその内容は「下関から室にいたる海路と同地の滞在」までで終わっていたが、第二版では編者アレクサンダーが父の日記からその後を補って、完結させたものとみられてい
8. おきゅう を 据(す)える
日本国語大辞典
*椎の若葉〔1924〕〈葛西善蔵〉「何分穏便のお取計らひを願ひたい、斯う云って電話を切った〈略〉とかく親父の日にお灸を据ゑられる」
9. お灸(きゅう)を据(す)える
故事俗信ことわざ大辞典
すゑる」椎の若葉(1924)〈葛西善蔵〉「何分穏便のお取計らひを願ひたい、斯う云って電話を切った〈略〉とかく親父の日にお灸を据ゑられる」
10. 親孝行商品/親孝行消費[新語流行語]
イミダス 2018
家族の絆を深めたいと考える人が増えたとされるなか、新しい消費傾向として注目されている。母の日や父の日、誕生日などのプレゼントだけでなく、近ごろはヘルパーつきの旅
11. 片多徳郎[文献目録]
日本人物文献目録
高間惣七『片多徳郎論』佐藤春夫等『片多は早熟の天才者』林倭衛『酒中に得たる宝玉』山下鉄之輔『父の日記』片多草吉『晩年の画 片田氏の思ひ出』曽宮一念『亡父徳郎の記
12. 甲子夜話三篇 2 136ページ
東洋文庫
嘗て耕牛を害せし者も有しと。さすれば聞及びし八丈島のみならず、豆州にも此獣有りける。(一又話る。故父の日。豆州に池の山と云あり。昔「いけづき」と謂ふ名馬は、此地
13. 漢字の世界 2 中国文化の原点 286ページ
東洋文庫
疑問とする説もあるが、実用の 器でなく儀器であろう。一は「大組の日は己、租 の日は丁」、二は「租の日は乙、大父の日は癸」、 三は「大兄の日は乙、兄の日は戊」など
14. 絆消費[流通産業]
イミダス 2018
家族や友人など大切な人のために買い物をする消費行動。その結果、報道によれば11年は5月の母の日、6月の父の日の関連ギフトの売り上げが前年比2割程度増加した。また
15. 蔵開 上(うつほ物語) 437ページ
日本古典文学全集
朱雀「いかなるものぞ」。大将は、仲忠「家の記、集のやうなるものに侍る。俊蔭の朝臣、唐に渡りける日より、父の日記せし一つ、母が和歌ども一つ、世を去りはべりける日ま
16. 蔵開 中(うつほ物語) 450ページ
日本古典文学全集
「古文」は、古体の漢字。漢代の隷書以前の字体という。→「蔵開上」四三七ページ。ただし「(俊蔭の)父の日記」とあった。漢字の草書体。底本「てつかう」を改めた。底本
17. 蔵開 中(うつほ物語) 477ページ
日本古典文学全集
一度仲忠によって、封印が解かれたため、朱雀帝も読めるようになったか。歌集と日記をいう。俊蔭の集と俊蔭の父の日記と解する説もある。底本「ませ」。「よ」の脱落とみた
18. こほ【夸父】[頭見出し]
故事俗信ことわざ大辞典
夸父(こほ)の日(ひ)を追(お)うよう
19. さいおんじ-きんむね【西園寺公宗】
日本人名大辞典
元徳2年権(ごんの)大納言。正二位。北条家とむすんで後醍醐(ごだいご)天皇の暗殺をはかるが失敗し,義父の日野資名(すけな)らとともに捕らえられ,建武(けんむ)2
20. 渋沢栄一[文献目録]
日本人物文献目録
青淵先生と楽翁公伝』高田利吉『渋沢栄一伝』幸田露伴『日本資本主義史上の指導者たち』土屋喬雄『父の日記など』渋沢秀雄『番傘・風呂敷・書物』幸田成友『渋沢翁と青淵百
21. 小シーボルト蝦夷見聞記 248ページ
東洋文庫
。。露と一。。¢ω)。 ⑪再蒐集 H・v・シーボルトは、これらの大コレクションをもとにして、父の日本研究、特にその名著『日本』を継続、完成させる計画であったらし
22. しらとりりょう【白鳥陵】奈良県:御所市/富田村
日本歴史地名大系
古墳築造年代・検出土器などからみても後考の余地があり、また「古事記」仲哀天皇段に、仲哀天皇が父の日本武尊をしのび、陵域の池で白鳥を養ったとある記事にも矛盾するこ
23. シーボルト先生 3 その生涯及び功業 30ページ
東洋文庫
『将軍政府が父に対する信用の梢減じたる徴なくもあらざりし。三瀬周三は日本の歴史より反訳し又抜書して、父の日本文化の発達及び将軍幕府建設の歴史を完成せしめたるが、
24. 清嘉録 蘇州年中行事記 303ページ
東洋文庫
顧禄の一族もそうした顧氏の一つで、一族みな詩文をよくした望族であった。本書『清嘉録』の序を作っている伯叔父の日新(剣峰)・承(酔経)、題辞を寄せている叔父の達樽
25. 清嘉録 蘇州年中行事記 304ページ
東洋文庫
八三〇)の夏、彼が三十代の後半のころ、家刻本として刊行された。しかしこの書の序を作っている伯父の日新は道光三年(一八二三)二月に病没しているから、原稿はすでにそ
26. 長安城中の少年 清末封建家庭に生れて 55ページ
東洋文庫
将来文章のヴェテランになるならぬということのためでは毛頭なく、べつの理由によるのである。そのへんの事情は、父の日ごろの話のうちにあらわれていた。父の眼からすれば
27. 唐代伝奇集 1 131ページ
東洋文庫
てみたが、みな父の日ごろの行状と符合している。手紙の文句はわが子の上を思って教えさとし、心のこもったもので、すべてむかしの父の態度そのままであった。さらに親戚は
28. 東洋金鴻 英国留学生への通信 245ページ
東洋文庫
共に、はるばる英国まで送られて来る祖父の日記に敬意を表して、東洋の金のおおとりに見立てて、「○器葺巴B註を少し洒落て名付けてみたのであろう。したがって、図書寮で
29. 東洋遍歴記 3 295ページ
東洋文庫
当時のポルトガル人が「王」と呼んでいた日本の大名から送られた手紙を読んでいるところであった。副王は神父の日本渡航に賛成し、あらゆる援助を約束する。 ピントは「も
30. 日蓮宗画像
日本大百科全書
身延門流という。 日頂は上総国真間ままの弘法寺ぐぼうじを管したが、排斥されて日興の門に投じてのちは、義父の日常にちじょう(1214―1299)が自邸を寺とした若
31. にっき【日記】
国史大辞典
「愚林」と謙称する一方、父宗俊の日記を「尊林」と尊称した(『中右記』『玉葉』)。藤原頼長も父忠実の在世中すでに父の日記を「殿暦」と称し、これが後世まで忠実の日記
32. バタヴィア城日誌 2 271ページ
東洋文庫
らの処刑は、キリシタン殉教でも最後の年代に位するもので、すで  にこの頃になるとキリシタン師父の日本滞在もなく、情報も不正確、錯誤があって、不明な点が  多い。
33. パンジャーブ生活文化誌 チシュティーの形見 272ページ
東洋文庫
中央アジアで、邪視、邪気除けに使用され、その種が焚かれると、白い煙をあげ、強い異臭を放つ。(7)彼の父の日記によれば、彼の父はヌール・アフマド・チシュティーの産
34. ひこさか-じんこう【彦坂〓厚】
日本人名大辞典
1833−1897 幕末-明治時代の僧。天保(てんぽう)4年1月25日生まれ。天台宗。叔父の日光山護光院大僧都〓貞にまなび,明治
35. ひびや-もにか【日比屋モニカ】
日本人名大辞典
1549−1577 織豊時代のキリシタン。天文(てんぶん)18年生まれ。堺の豪商日比屋了珪の娘。叔父の日比屋宗札から妻にのぞまれ,夫の入信を条件にとつぐ。1男1
36. ファザーズバッグ[新語流行語]
イミダス 2018
大阪市)では、男性用ブランドのコムサメンとのコラボレーションで「ファザーズバッグ」を開発。「父の日」ギフト商品としては、これまで年配者を対象にしたものが多かった
37. ライト ジュディス
世界文学大事典
訪れ,シドニーで秘書などを務めながら詩作を開始。太平洋戦争で人手不足となった牧場の手伝いに帰って老牧童の話や祖父の日記から衝撃を受け,自分のルーツを悟る。これが
38. 記念日・長寿を祝う 【マナーと常識事典】画像
生活便利帳
ばれる。「ありがとう」の気持ちをメッセージに託そう。お返しは基本的に不要。【6月第3日曜日/父の日】日頃の感謝を込めて、趣味の品、ネクタイなどの衣類、嗜好品など
「父の日」の情報だけではなく、「父の日」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

父の日と同じ祭事・行事カテゴリの記事
田楽(国史大辞典・新版 能 狂言事典・改訂新版 世界大百科事典)
広義には稲作に関する芸能の総称として用いるが、狭義には田楽躍(おどり)を本芸とする職業芸能者が演じる芸能をいう。また田植の囃しや田楽躍に用いる太鼓を称する場合もある。広義の田楽は、(1)田植を囃す楽、(2)職業芸能者である田楽法師による芸能
民俗芸能(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
地域社会の中で、住民の信仰や風俗・習慣と結び付きながら伝承してきた郷土色ゆたかな芸能。郷土芸能・民間芸能などともいう。祭や宴遊・講などを主な伝承の場とし、特に農耕の祭に呪術的機能を買われて演じられ、また芸能をもって成人教育とするなど
大日堂舞楽(改訂新版 世界大百科事典・日本大百科全書)
民俗芸能。秋田県鹿角市八幡平字小豆沢(あずきざわ)の大日堂(大日孁貴(おおひるめむち)神社)で,1月2日に行われる祭事芸能。小豆沢,大里,谷内,長嶺の4集落の能衆によって舞われる。能衆は世襲で,それぞれの集落に所伝の舞がある
壬生の花田植/佐陀神能(イミダス)
「壬生(みぶ)の花田植(はなたうえ、はなだうえ)」は広島県北広島町に伝わる稲作儀礼で、一説に鎌倉時代の発祥とも言われる。華やかに飾り立てた牛に代掻(しろか)きをさせた田で、紺の単衣(ひとえ)に菅笠(すげがさ)姿の早乙女たちが太鼓や笛、鉦(かね)などに合わせて
精霊流し(国史大辞典・日本大百科全書)
盆行事の最終段階で、精霊を送り出す儀礼。先祖の霊は、七月十三日の精霊迎えを経て、十五日または十六日夕方まで各家に滞在したのち、精霊流しによって、再びあの世へ送り返されると信じられていた。祖霊をはじめ、死者の霊は山の彼方の世界に行っているが
祭事・行事と同じカテゴリの記事をもっと見る


「父の日」は祭・祭事・イベントに関連のある記事です。
その他の祭・祭事・イベントに関連する記事
菖蒲湯(日本大百科全書・日本国語大辞典)
5月上の午 (うま)の日、5日に邪気を払うためショウブ(菖蒲)の根葉を刻んで湯に入れ、行水することをいう。『古今要覧稿』では「あやめの湯」とよんでいる。菖蒲には薬草としての効能があり、この湯に入れば病気にかからない、といわれていた。5月5日に入ると
母の日(日本大百科全書・日本国語大辞典)
5月の第2日曜日。母に敬意と感謝を表す日。四旬節の四度目の日曜日に教会を訪れて両親の霊に感謝を捧 (ささ)げたイギリス、ギリシアの風習と、1910年ごろアメリカの一女性が母の追憶のため教会で白いカーネーションを配ったことが結合したものといわれ、19
父の日(日本大百科全書・日本国語大辞典)
6月の第3日曜日。1910年アメリカ、ワシントン州のブルース夫人の提唱で始まり、34年ごろ現行の日に決められてアメリカの年中行事の一つになった。父親の苦労に感謝して贈り物などをするが、日本でも1950年(昭和25)ごろからしだいに行われるようになった
十三参り(世界大百科事典・日本大百科全書)
13歳の祝いの行事の一つ。京都市法輪寺,茨城県東海村虚空蔵堂,福島県柳津(やないづ)町円蔵寺など,おもに近畿,東北地方南部の虚空蔵菩薩に13歳になった男女が縁日である旧暦3月13日を中心に厄落し,開運,知恵授けのために詣でる行事。13歳は干支の2順目
御水取(日本大百科全書・日本国語大辞典・平成ニッポン生活便利帳)
3月12日(旧暦2月12日)、奈良市東大寺二月堂の行事。3月1日から二七日 (にしちにち)(14日間)行われる修二会 (しゅにえ)(修二月会)のなかの一行法をいうが、俗には修二会全体の総称としても用いられている。 二月堂修二会は、十一面観音に罪や
祭・祭事・イベントに関連する記事をもっと見る


ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る