1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 文学
  6. >
  7. 古典文学
  8. >
  9. 今昔物語
  10. >
  11. 伝教大師亘宋伝天台宗帰来語第十(今昔物語)
新編 日本古典文学全集

ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
伝教大師亘宋伝天台宗帰来語第十
今昔物語集
1000以上の説話を載せる、仏教&世俗説話の集大成
〈今昔(いまはむかし)……〉で始まる和漢混交文で書かれた1059の説話を、1~5巻「天竺(てんじく)部」(インド)、6~10巻「震旦(しんたん)部」(中国)、11~20巻「本朝(日本)仏法部」、21~31巻「本朝世俗部」の31巻で構成。このうち本朝仏法・世俗部を収録。内容は多岐にわたり、貴賎上下も老若男女も、はては犯罪者や霊鬼・妖怪まで跳梁暗躍する。編者成立年ともに未詳。
[中古][説話]
校注・訳:馬淵和夫 国東文麿 稲垣泰一

今昔物語集 巻第十一 本朝仏法
●聖徳太子於此朝始弘仏法語第一  しやうとくたいしこのてうにしてはじめてぶつぽふをひろめたまふことだいいち
●行基菩薩学仏法導人語第二  ぎやうぎぼさつぶつぽふをまなびてひとをみちびくことだいに
●役優婆塞誦持呪駈鬼神語第三  えのうばそくしゆをじゆぢしてきじんをかることだいさむ
●道照和尚亘唐伝法相還来語第四  だうせうわじやうたうにわたりてほふさうをつたへてかへりきたることだいし
●道慈亘唐伝三論帰来神叡在朝試語第五  だうじたうにわたりてさむろんをつたへてかへりきたりじんえいてうにありてこころむることだいご
●玄昉僧正亘唐伝法相語第六  ぐゑんばうそうじやうたうにわたりてほふさうをつたふることだいろく
●婆羅門僧正為値行基従天竺来朝語第七  ばらもんそうじやうぎやうぎにあはんがためにてんぢくよりてうにきたることだいしち
●鑑真和尚従震旦渡朝戒律語第八  がむじんわじやうしんだんよりてうにかいりつをわたすことだいはち
●弘法大師渡宋伝真言教帰来語第九  こうぼふだいしそうにわたりてしんごんのをしへをつたへてかへりきたることだいく
●伝教大師亘宋伝天台宗帰来語第十  でんげうだいしそうにわたりててんだいしゆうをつたへてかへりきたることだいじふ
い出て真言宗(しんごんしゆう)をうちたて、世に広めた。するとその時、諸宗の多くの学者たちが、この宗の即身成仏の教義に疑問をもち論難する。そこで大師は、その疑問を断とうがために、清涼殿において、南に向い、大日如来の入定(にゆうじよう)の印(いん)を結び深く念じ入ると、顔の色が黄金のようになり、体から黄金の光を放った。すべての人はこれを見て頭をたれて礼拝した。このような霊験が数知れぬほどあった。さて大師は、真言の教えをさかんに広めおかれ、嵯峨天皇(さがてんのう)の護持僧となり僧都(そうず)の位でおいでになった。わが国に真言の教えが広まったのはこの時からである。 その後、この僧都の流れをくむものが諸所にあって、真言の教えは今もさかんに広まっている、とこう語り伝えているということだ。十 今は昔、桓武天皇(かんむてんのう)の御代(みよ)に、伝教大師(でんぎようだいし)という聖(ひじり)がおいでになった。俗姓(ぞくしよう)は三津氏(みつのうじ)、近江国志賀郡(おうみのくにしがのこおり)の人である。幼いころから賢く、七歳にもなるとまことに聡明で、何ごとについても前もって知っていた。父母はこれを不思議に思った。
伝教大師亘宋伝天台宗帰来語第十(今昔物語)
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓帰来語第十一  かへりきたることだいじふいち
●智證大師亘宋伝顕蜜法帰来語第十二  ちしようだいしそうにわたりてけんみつのほふをつたへてかへりきたることだいじふに
●聖武天皇始造東大寺語第十三  しやうむてんわうはじめてとうだいじをつくりたまふことだいじふさむ
●淡海公始造山階寺語第十四  たんかいこうはじめてやましなでらをつくることだいじふし
●聖武天皇始造元興寺語第十五  しやうむてんわうはじめてぐわんごうじをつくりたまふことだいじふご
●代々天皇造大安寺所々語第十六  だいだいのてんわうだいあんじをところどころにつくりたまふことだいじふろく
●天智天皇造薬師寺語第十七  てんちてんわうやくしじをつくりたまふことだいじふしち
●高野姫天皇造西大寺語第十八  たかののひめのてんわうさいだいじをつくりたまふことだいじふはち
●光明皇后建法華寺為尼寺語第十九  くわうみやうくわうごうほふくゑじをたててあまでらとなしたまふことだいじふく
●聖徳太子建法隆寺語第二十  しやうとくたいしほふりうじをたてたまふことだいにじふ
●聖徳太子建天王寺語第二十一  しやうとくたいしてんわうじをたてたまふことだいにじふいち
●推古天皇造本元興寺語第二十二  すいこてんわうもとのぐわんごうじをつくりたまふことだいにじふに
●建現光寺安置霊仏語第二十三  げんくわうじをたててりやうぶつをあんぢすることだいにじふさむ
●久米仙人始造久米寺語第二十四  くめのせんにんはじめてくめでらをつくることだいにじふし
●弘法大師始建高野山語第二十五  こうぼふだいしはじめてかうやのやまをたつることだいにじふご
●伝教大師始建比叡山語第二十六  でんげうだいしはじめてひえのやまをたつることだいにじふろく
●慈覚大師始建楞厳院語第二十七  じかくだいしはじめてりようごむゐんをたつることだいにじふしち
●智證大師初門徒立三井寺語第二十八  ちしようだいしはじめてもんとみゐでらをたつることだいにじふはち
●天智天皇建志賀寺語第二十九  てんちてんわうしがでらをたてたまふことだいにじふく
●天智天皇御子始笠置寺語第三十  てんちてんわうのみこかさぎでらをはじめたまふことだいさむじふ
●徳道聖人始建長谷寺語第三十一  とくだうしやうにんはじめてはつせでらをたつることだいさむじふいち
●田村将軍始建清水寺語第三十二  たむらのしやうぐんはじめてきよみづでらをたつることだいさむじふに
●秦川勝始建広隆寺語第三十三  はだのかはかつはじめてくわうりうじをたつることだいさむじふさむ
〓〓建法輪寺語第三十四  ほふりんじをたつることだいさむじふし
●藤原伊勢人始建鞍馬寺語第三十五  ふぢはらのいせひとはじめてくらまでらをたつることだいさむじふご
●修行僧明練始建信貴山語第三十六  しゆぎやうのそうみやうれんはじめてしんぐゐさんをたつることだいさむじふろく
〓〓始建竜門寺語第三十七  はじめてりうもんじをたつることだいさむじふしち
●義淵僧正始造竜蓋寺語第三十八  ぎゑんそうじやうはじめてりうがいじをつくることだいさむじふはち
ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
タブレットやスマホからも利用できます。