1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 歴史
  6. >
  7. 遺跡
  8. >
  9. 古墳
  10. >
  11. 誉田古墳群
国史大辞典

誉田古墳群
こんだこふんぐん
大阪府藤井寺・羽曳野両市にまたがる丘陵地帯に分布するわが国有数の古墳群で、古市古墳群とも呼ばれている。応神陵を中心に北方に仲姫陵・允恭陵、南には墓山古墳、白鳥・清寧・仁賢・安閑の諸陵など、中期初頭から後期にかけての大型前方後円墳などが群在している。応神陵陪塚の丸山古墳からは江戸時代に金銅透彫鞍金具(国宝)が出土しており、同じく陪塚のアリ山古墳からは第二次世界大戦後大量の鉄製武器が検出された。堺市の百舌鳥古墳群とともに、単なる在地豪族の墳墓群ではなく、五世紀以降の畿内政権の大王、または王陵群と考えられる。→百舌鳥古墳群(もずこふんぐん)
[参考文献]
森浩一・石部正志「古墳文化の地域的特色(五)―畿内およびその周辺―」(『日本の考古学』四所収)、上田宏範「前方後円墳における築造企画の展開」(橿原考古学研究所編『近畿古文化論攷』所収)、白石太一郎「畿内における大型古墳群の消長」(『考古学研究』六一)
(上田 宏範)
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のオンライン辞書・事典サービスです。国史大辞典、日本国語大辞典、日本大百科全書、日本古典文学全集、日本歴史地名大系などを利用することが出来ます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る
誉田古墳群の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 5
検索コンテンツ
1. こんだこふんぐん【誉田古墳群】
国史大辞典
大阪府藤井寺・羽曳野両市にまたがる丘陵地帯に分布するわが国有数の古墳群で、古市古墳群とも呼ばれている。応神陵を中心に北方に仲姫陵・允恭陵、南には墓山古墳、白鳥 ...
2. 誉田古墳群
日本大百科全書
→古市古墳群 ...
3. かわちのくに【河内国】画像
国史大辞典
、柏原市の玉手山古墳群、羽曳野・藤井寺両市にわたる誉田古墳群などがあり、古代王権の発展や消長の考察に貴重な材料を提供している。特に誉田古墳群は応神陵・仲哀陵・仲 ...
4. 古市古墳群
日本大百科全書
地形に築かれた、古墳時代中期から後期初頭にかけての古墳の総称。誉田(こんだ)古墳群とも古市誉田古墳群ともよばれたことがある。古墳群は石川以西、東除(ひがしよけ) ...
5. ふるいちこふんぐん【古市古墳群】
国史大辞典
誉田古墳群(こんだこふんぐん)  ...
「誉田古墳群」の情報だけではなく、「誉田古墳群」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

誉田古墳群と同じ古墳カテゴリの記事
茶臼山(日本歴史地名大系)
[現]天王寺区茶臼山町 四天王寺南西、天王寺公園のなかにある比高約八メートルほどの小丘。茶磨山(摂陽群談)・茶磑山(摂津名所図会大成)とも書く。東面して三段築成された前方後円墳とみられ、西側から南側にかけてめぐる河底かわぞこ池は周濠の遺構と推定されている。全長約二〇〇メートルで
新原・奴山古墳群(日本歴史地名大系)
[現]津屋崎町勝浦・奴山 津屋崎町のほぼ中央部に位置し、標高一〇―三〇メートル、長さ一キロの細長い台地上に分布する古墳時代中期―終末期の古墳群。昭和五一年に一―四号墳、同五五年に五―六号墳の発掘調査が実施され、同六〇年から四ヵ年で前方後円墳五・方墳一・円墳四四が確認された。
埼玉古墳群(日本国語大辞典)
埼玉県行田市埼玉所在の古墳群。分布の中心が旧埼玉村にあるところから称する。武蔵国造笠原直使主の一族の墳墓群と推定されている。二子山古墳など九墓が国史跡として指定され、「さきたま風土記の丘」として出土した埴輪、武具、馬具、銅印、純金勾玉などがあわせ保存されている。
はに‐わ 【埴輪】(日本国語大辞典)
古墳の墳丘上に立て並べた素焼の土製品。円筒埴輪・形象埴輪に二大別され、形象埴輪は家形・器具器材・動物・人物など多様である。古墳に供えた器台、壺などが儀器化し、発生したという説が有力。
ふん‐ぼ 【墳墓】(日本国語大辞典)
(「墳」は盛り土のある墓、「墓」は盛り土のない墓所の意)(1)死体や遺骨・遺品などを埋めて供養する所。木や石などを立て、墓じるしとしたもの。また、日本では古墳、飛鳥・奈良時代の火葬墓、中国では墳丘をさす。はか。つか。ぼち。
古墳と同じカテゴリの記事をもっと見る


「誉田古墳群」は日本の歴史に関連のある記事です。
その他の日本の歴史に関連する記事
王政復古(日本大百科全書(ニッポニカ))
江戸幕府の崩壊から明治政府の成立過程における一つの政治理念で、最終的には、1868年1月3日(慶応3年12月9日)の「王政復古の大号令」の発表による新政府成立を示す。江戸時代には、全国統治の実権は将軍=徳川氏と幕府に握られ、天皇や公卿で構成される朝廷は、儀礼的な存在に形骸
尊卑分脈(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
諸氏の系図を集成・編集した書物。洞院公定原撰。現行の本には欠逸した部分があり、また後人の追補・改訂も多いとみられる。伝本によって収載する系図に出入・異同があり、その配列も区々で、原形を復原推定することは困難である。江戸時代の刊本『諸家大系図』は十四冊
系図纂要(国史大辞典)
皇室および諸氏・諸家の系図を集成した書物。飯田忠彦が編集したものとみられる。内閣文庫本は百三冊。ただしもとこれと一具をなしたと思われる一冊が東大史料編纂所に蔵せられ、現伝の形で完具するか否か一考の余地がある。成立年代は本文に安政四年(一八五七)までの記事を含むことや
本朝皇胤紹運録(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
天皇・皇親の系図。洞院満季撰。一巻。『皇胤紹運録』『紹運録』『紹運図』『日本紹運図』『本朝帝皇紹運録』『帝皇系譜』などとも呼ばれ、『本朝皇胤紹運録略』と題する写本もある。書名は宋の諸葛深の『歴代帝王紹運図』に倣って名づけられたといわれる。
地下家伝(日本大百科全書(ニッポニカ))
新清和院(光格天皇中宮)北面の侍、三上景文の編纂になる地下の家譜集成。33巻。1842年(天保13)9月に着手し、44年5月に完成。巻1の六位蔵人から始まり、巻20までが六位の地下官人の、巻21より巻32までが諸公家、四親王家、諸門跡などの諸大夫・侍・坊官候人の略歴を家ごとに掲げて
日本の歴史に関連する記事をもっと見る
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のオンライン辞書・事典サービスです。国史大辞典、日本国語大辞典、日本大百科全書、日本古典文学全集、日本歴史地名大系などを利用することが出来ます。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る