1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 歴史
  6. >
  7. 歴史上の出来事
  8. >
  9. お家騒動
  10. >
  11. お由良騒動
日本大百科全書(ニッポニカ)

お由良騒動
おゆらそうどう

江戸時代末期、鹿児島(薩摩(さつま))藩のお家騒動。嘉永朋党(かえいほうとう)事件、近藤(こんどう)崩れ、高崎(たかさき)崩れともいう。藩主就任をめぐる島津斉彬(しまづなりあきら)派と久光(ひさみつ)派の抗争。 藩財政立て直しのため、10代藩主、斉興(なりおき)と斉興を後見していた元藩主重豪(しげひで)(8代)は1828年(文政11)、調所広郷(ずしょひろさと)を財政改革主任(後に家老)に抜擢(ばってき)、調所は財政改革に成功したが、1847年(弘化4)軍制改革、給地高改正で藩士の猛反発を受けた。かねて斉興に不満だった斉興の世子斉彬は、幕府老中阿部正弘(あべまさひろ)の命を受けて鹿児島に入り、調所排斥に踏み切った。一方、斉興と調所は、洋式軍制を信奉する斉彬の財政策を認めず、その藩主就任を危惧(きぐ)していた。また、斉興側室のお由良(久光の母)は、久光の藩主就任を目ざし調所派と連携した。斉彬の藩主就任を望んだ阿部が、密貿易の発覚を根拠に斉興の引退を求めると、1848年調所は密貿易の責任を取り服毒自殺した。1848年、49年(嘉永1、2)斉彬の子が相次ぎ没し、これをお由良の呪詛調伏(じゅそちょうぶく)と信じた斉彬派は、怒ってお由良らの暗殺を企てた。これが発覚し、1849年町奉行(まちぶぎょう)近藤隆佐衛門、鉄砲奉行山田清安、船奉行高崎五郎右衛門らが首謀者として切腹させられ、翌年には遺体が掘り返されて磔刑(たっけい)、鋸刑(きょけい)(鋸(のこぎり)びきの刑)にされるなど、あわせて30人が切腹、遠島の処分を受けた。脱藩者の通報を受けた幕府によって斉興は隠居させられ、1851年(嘉永4)斉彬が11代藩主に就任した。犠牲は少なくなかったが、藩は人事を刷新し、斉彬と久光は信頼関係を回復、幕末維新で活動する人材を得ることになった。
[三木 靖]

ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のオンライン辞書・事典サービスです。国史大辞典、日本国語大辞典、日本大百科全書、日本古典文学全集、日本歴史地名大系などを利用することが出来ます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る
お由良騒動の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 6
検索コンテンツ
1. お由良騒動
日本大百科全書
江戸時代末期、鹿児島(薩摩(さつま))藩のお家騒動。嘉永朋党(かえいほうとう)事件、近藤(こんどう)崩れ、高崎(たかさき)崩れともいう。藩主就任をめぐる島津斉彬 ...
2. おゆら‐そうどう[‥サウドウ]【お由良騒動】
日本国語大辞典
江戸後期、薩摩藩の継嗣をめぐるお家騒動。藩主島津斉興の長子、斉彬(なりあきら)に対し、側室お由良の生んだ久光を推す派があって藩内が対立し、嘉永二年(一八四九)斉 ...
3. うぬつむら【小野津村】鹿児島県:大島郡/喜界町
日本歴史地名大系
)喜界島に流された江戸日本橋の六郎兵衛は喜界島小野津与人の預りとなっていた(大島要文集)。お由良騒動に伴って嘉永三年(一八五〇)大久保利通の父治右衛門が当村に遠 ...
4. 御家騒動
日本大百科全書
藩内外の情勢がいっそう複雑になる幕末には、改革派と保守派の対立・抗争がさらに激化する。鹿児島藩(薩摩藩)のお由良騒動がそれを代表し、藩主島津斉興(なりおき)の後 ...
5. 南国太平記
日本大百科全書
世継ぎにと願う軽輩の武士階級との対立抗争として知られている幕末の薩摩(さつま)藩の御家騒動、いわゆるお由良騒動を素材にしている。激動する幕末維新の時代相を背景に ...
「お由良騒動」の情報だけではなく、「お由良騒動」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

お由良騒動と同じお家騒動カテゴリの記事
お由良騒動(日本大百科全書(ニッポニカ))
江戸時代末期、鹿児島(薩摩)藩のお家騒動。嘉永朋党事件、近藤崩れ、高崎崩れともいう。藩主就任をめぐる島津斉彬派と久光派の抗争。 藩財政立て直しのため、10代藩主、斉興と斉興を後見していた元藩主重豪(8代)は1828年(文政11)、調所広郷を財政改革主任(後に家老)に抜擢


「お由良騒動」は西郷どんに関連のある記事です。
その他の西郷どんに関連する記事
海江田信義(有村俊斎)(国史大辞典・改訂新版 世界大百科事典)
鹿児島藩出身の維新政府官僚。天保三年(一八三二)二月十一日生まれる。鹿児島藩士有村仁左衛門とその妻連の長男。同藩の日下部伊三次の嗣子となり、その旧姓海江田に改姓。武次または通称俊斎といった。嘉永五年(一八五二)、江戸に出仕して水戸藩士藤田東湖らと交わり、その後
お由良騒動(日本大百科全書(ニッポニカ))
江戸時代末期、鹿児島(薩摩)藩のお家騒動。嘉永朋党事件、近藤崩れ、高崎崩れともいう。藩主就任をめぐる島津斉彬派と久光派の抗争。 藩財政立て直しのため、10代藩主、斉興と斉興を後見していた元藩主重豪(8代)は1828年(文政11)、調所広郷を財政改革主任(後に家老)に抜擢
島津久光(日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
幕末・明治初期の政治家。文化14年10月24日、薩摩島津氏27代当主斉興の三男に生まれた。母は側室お由良。山城、周防、和泉、三郎などと称した。一門重富島津家を嗣ぐ。1858年(安政5)長男茂久(のち忠義と改名)が29代当主となったので、久光が藩政の実権を握った。1861年(文久1)
島津斉彬(日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
江戸末期の薩摩藩主。斉興の長男。文化6年9月28日江戸に生まれる。異母弟久光を推す一派との家督争い(お由良騒動)を経て1851年(嘉永4)43歳で藩主となった。その間曽祖父重豪の感化もあって洋学に傾倒し、蘭医シーボルトに会見、川本幸民、箕作阮甫、高野長英、杉田成卿
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のオンライン辞書・事典サービスです。国史大辞典、日本国語大辞典、日本大百科全書、日本古典文学全集、日本歴史地名大系などを利用することが出来ます。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る