1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 歴史
  6. >
  7. 遺跡
  8. >
  9. >
  10. 原城跡
日本歴史地名大系

ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題のオンライン辞書・事典・叢書サービスです。
原城跡
はらじようあと

[現]南有馬町大江・浦田

有明海に臨む岬(原の島・ハルの島、標高三一・五メートル)に築かれた中世の城館の跡。国指定史跡。史料上ははる城とも記され、また志自岐原しじきばる城・日暮ひぐらし城・有馬城とも称される。明応五年(一四九六)有馬貴純(有馬氏八代という)が築城したと伝え(ただし貴純の没年は明応二年ともいう)日野江ひのえ(現北有馬町)に代わる規模の大きい城館が必要であったとされるが、有馬氏の時代には当城は日野江城の支城であったという。また日野江城まで一里にわたって橋が架けられ、北岡の落橋きたおかのおてばしは橋が老朽化して落ちた場所という所伝もある。一五八三年(天正一一年)に有馬城は三度目の火災にあっている(一五八四年一月二〇日「フロイス書簡」イエズス会日本年報、フロイス「日本史」、アビラ・ヒロン「日本王国記」)。慶長一七年(一六一二)有馬晴信は岡本大八事件によって改易とされたが、子の直純は旧領を与えられた。同一九年同氏の日向国あがた(現宮崎県延岡市)への転封に伴い、元和二年(一六一六)松倉重政が日野江城に入るが、これ以前に当城は破却されている。同四年の島原城築城では原城の石材などが利用され、日暮城と称されたという。しかし城跡は寛永一四年(一六三七)に起きた島原の乱で一揆勢の拠点となった。

〔島原の乱〕

寛永一四年一〇月二四日、南有馬の角蔵、北有馬の三吉というキリシタンが捕らえられ、翌二五日に北有馬で代官が殺害された。これを契機に有馬の百姓が蜂起、島原半島の全域にわたる勢いで一揆が起きた。いわゆる島原の乱で、半島から二万四千人余、肥後天草あまくさ島から一万三千人余が結集したとされる(実際は計二万数千人ともいわれる)。同月二六日には島原城を攻撃して落城の危機に追込んだことから、島原藩は参府中の藩主松倉勝家に連絡するとともに近隣の諸大名家に救援を求めたが、幕府の指示を待って動かない状態が続き、その間に一揆は領内の全体に広がっていった。一六三七年一二月、平戸オランダ商館が有馬領の住人の反乱について一般に行われている理由として紹介しているのは、有馬の領主が移封になったときその兵士や貴族をほとんど有馬に残して出発しなければならなかったが、その次の領主は家臣の大部分を連れてきて、有馬氏の旧臣の収入を取上げて何も与えなかったため、旧臣らは農業に従事しなければならなかったものの、さまざまの税を課し、不可能なほどの多量の米を取上げたからであり、これを満たせない者に蓑踊(藁の外套を巻付けて火を放つ)という残忍な処罰を行ったので、こうして大勢が長い間をかけて死ぬよりは一度に死のうと決議したのであるという(平戸オランダ商館の日記)

幕府はこれをキリシタン一揆として重視、上使に板倉重昌を派遣、肥前佐賀藩・筑後久留米藩・同柳川藩に出陣を命じた。また寛永一四年一二月三日付の鹿児島城島津氏宛の松平定行書状(旧記雑録抜書)には「肥州甘草并於島原吉利支丹結徒党、一揆を起申候」と記される。この軍勢の到着する一二月五日の前、多くの村では領主側に転じたとされるが、島原半島南部や天草の一揆方は廃城となっていた原城を同年一二月一日から七日間にわたって修築し、空堀・土塁を造成、また竹柵・木柵を巡らして拠点とした。またくち(現口之津町)の藩蔵から年貢米五千石とともに鉄砲五三〇挺・弾薬一千箱余を奪い、諸村の藩貯蔵を破って米二万八千俵・大豆四千俵・雑穀約五千余石分を原城に運び込み、天草四郎(益田時貞)を総首領として立籠った。なかでは評定人をはじめ軍奉行・惣奉行・鉄砲奉行など、また三五人の庄屋から構成される談合人が定められている(「原城紀事」「島原一揆松倉記」など)。この籠城は乱のいわば第二段階で、幕府の権力そのものと対決することになった。板倉重昌は老中松平信綱の上使としての派遣を知るや、その到着前に落城させようと同一五年元旦に総攻撃をかけ自ら討死している。信綱は陣地の構築を行ったうえで兵糧攻めに転じる一方、投降の勧告のほか、一揆軍の幹部である南蛮絵師山田右衛門作と内通し、オランダ商館長クーケバッケルに命じて八〇人乗組のライプ号から(のちには陸上からも)大砲一五門で一五日間にわたって発砲させるなど、多様な切崩しをみせ(平戸オランダ商館の日記)、四ヵ月にわたる交戦も二月二七日・二八日の総攻撃で落城、鎮圧した。この乱では佐賀藩の三万五千人をはじめ諸大名家が寛永一〇年の軍役令の基準を超えた動員を行っていること、諸家ともに抜け駆けを当然としていること、戦闘集団の相互依存的関係など、中世以来の戦の習いがなお確認されるという。乱後に禁教を強化、ポルトガル貿易の禁止など幕政に大きな影響をもたらした。

乱後まもなく作成されたという原城攻囲陣営並城中図(松浦史料博物館蔵)では幕府の軍勢の布陣と原城内の様子が詳細に描かれている。「筑紫巡遊日録」貞享二年(一六八五)六月二七日条に「有馬城」とみえ、本丸は長さ八六間・横一二二間、二の丸は長さ二〇二間・横一四〇間、三の丸は長さ二二〇間・横一二〇間と記される。「有馬一揆物語」では本丸は長さ八〇間・横一四〇間・高さ一八間などと異なり、また天草丸は長さ一二〇間・横八五間とある。なお有馬一揆の称は島原一揆とともに江戸時代から用いられていた(「萩藩閥閲録」など)。宝永四年(一七〇七)検地と記す島原領内村明細帳に「原城」とみえ、「切支丹天草四郎邪宗法行、深江村より南目、西目、千々石村まで一四ケ村、北目、三会村・杉谷村共ニ拾六ケ村一揆楯籠」ったと記される。「耶蘇天誅記」には三方が海で、西方は陸続きながら「峻岸数丈ニシテ、ソノ下ニ深田塩浜ノ足入レアリ、実ニ自然ノ堅固ヲ備エタル名城ナリ」と記される。こうした要害の地にある当城域は、東西二五〇メートル・南北七〇〇メートルの規模と想定され、本丸の北に二の丸・三の丸、同じく南西に大江出丸(のち天草丸)、同北西に鳩山はとやま出丸があり、さらに二の丸の東にも出丸が築かれている。大手門のほか搦手に大江おおえ門・田町たまち門が設けられ、海に面して浦田うらだ門・蓮池はすいけ門・田尻たしり門などがあった。前掲の島原領内村明細帳に二の丸・出丸・天草丸について言及され、うち天草丸の下の海辺に鈴木正三(重成)が古戦場の霊魂を供養する石碑を建立したと記される。跡地は現在ほとんど畑地となっているが、大江地区には本丸・二の丸・三の丸・鳩山出丸や天草などのほか、城跡の西方の黒田陣場くろだじんばいち陣場じんば小笠原陣場おがさわらじんば井籠台せいろうだいなどの地名が残されている。また平成四年(一九九二)からの発掘調査で本丸跡から池尻いけじり口や西手の張出し遺構が検出され、また十字架二五点・メダイ(青銅製)一四点、ロザリオ(ガラス製)の珠三一点および花十字文軒丸瓦や十字の文様を施す銅製碗片、弾丸・砲弾、豆板銀・銭貨などが出土している。十字架は鉛製の素朴なもので、籠城中に弾丸を溶かして造ったものと思われ、平成一二年に花十字文瓦が出土したことは注目される。

ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
タブレットやスマホからも利用できます。 ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る
原城跡の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 198
検索コンテンツ
1. 原城跡[百科マルチメディア]
日本大百科全書
国指定史跡 長崎県南島原(みなみしまばら)市 ©一般社団法人長崎県観光連盟 ...
2. はらじょうあと【原城跡】佐賀県:鹿島市/本城河内村
日本歴史地名大系
[現]鹿島市大字山浦字本城 西蔵寺の背後にそびえる標高三三三メートルの城平山頂に築かれた中世の山城で、本城という地名はこの城に基づくものであろう。築城の経過など ...
3. はらじょうあと【原城跡】長崎県:南高来郡/南有馬町/南有馬村
日本歴史地名大系
[現]南有馬町大江・浦田 有明海に臨む岬(原の島・ハルの島、標高三一・五メートル)に築かれた中世の城館の跡。国指定史跡。史料上は春城とも記され、また志自岐原城・ ...
4. いわはらじょうあと【岩原城跡】長野県:南安曇郡/堀金村/岩原村
日本歴史地名大系
[現]堀金村大字烏川 岩原 角蔵山の北の峰にあたる住吉麓から北方に張り出した尾根先にある。文献上の初見は享保九年(一七二四)「信府統記」で、「本城ノ平東西十二三 ...
5. いわばるじょうあと【岩原城跡】熊本県:鹿本郡/鹿央町/岩原村
日本歴史地名大系
[現]鹿央町岩原 上岩原集落の西方にあり、古城・高城ともよばれる標高一七四メートルの山稜に位置する。山頂部は北東方向に主軸を呈する尾根となり、北東側寄りに長径四 ...
6. いわやはらじょうあと【石屋原城跡】広島県:神石郡/三和町/父木野村
日本歴史地名大系
[現]三和町父木野 郷 神石郡と芦品郡の境を画する丘陵の先端部にある山城で、神谷川の谷と西城路を眼下に押える要衝である。南から北へ瘤状に突出た丘陵の背後を空堀で ...
7. うえはらじょうあと【上原城跡】長野県:茅野市/上原村
日本歴史地名大系
[現]茅野市ちの 上原 諏訪氏の山城跡(県史跡)で、上原村の北東部、諏訪盆地を一望する金比羅山頂にある。平坦部からの比高は約二〇〇メートル。北は永明寺山に連なり ...
8. うしがはらじょうあと【牛ヶ原城跡】福井県:大野市/上大門村
日本歴史地名大系
[現]大野市牛ヶ原 牛ヶ原北方の鍋床山中腹、東西三〇間、南北四〇間ほどの平地にある。「太平記」巻一一(越前牛原地頭自害事)に「淡河右京亮時治ハ、京都ノ合戦ノ最中 ...
9. えばらじょうあと【榎原城跡】京都府:福知山市/榎原村
日本歴史地名大系
[現]福知山市字榎原 奥榎原 奥榎原集落中央部の西方にある。標高約二〇〇メートルの山頂を削平し、東西に約八〇メートル、幅約三〇メートルないし五〇メートルに二つの ...
10. えばらじょうあと【荏原城跡】愛媛県:松山市/重信川南岸地域(旧下浮穴郡の一部)/荏原町村
日本歴史地名大系
[現]松山市恵原町 河野氏の重臣平岡氏が代々拠点とした中世の城跡。面積三五・八アール、周囲に土塁をめぐらし、その外側に堀がある。北側堀幅二〇メートル、西と南が一 ...
11. おおかわらじょうあと【大河原城跡】長野県:下伊那郡/大鹿村/大河原村
日本歴史地名大系
[現]大鹿村大河原 上蔵 現大鹿村大河原の中心地字市場より東方へ約二キロ登った上蔵の南端、小渋川に臨む断崖上にある。南北朝時代に南朝方の中心的存在となった宗良親 ...
12. おおたわらじょうあと【大田原城跡】栃木県:大田原市/大田原城下
日本歴史地名大系
[現]大田原市城山二丁目 南東へ流れる蛇尾川右岸丘陵頂と麓の平地にある。比高約二五メートル。複郭式の平山城で、城郭は東西三〇〇メートル余・南北四五〇メートル、面 ...
13. おおはらじょうあと【大原城跡】兵庫県:三田市/大原村
日本歴史地名大系
[現]三田市大原 掘切 武庫川東岸、東方から平野に迫り出した比高約一〇メートルの台地端に築かれた中世の城跡。城主は大原氏とされる。元亀二年(一五七一)一一月一一 ...
14. おだわらじょうあと【小田原城跡】神奈川県:小田原市/小田原城下地図
日本歴史地名大系
現小田原市城内・城山を中心に、外郭は東は山王川右岸、西は早川左岸に広がる。伝承では土肥氏一族の小早川氏の取立てという。大森氏・小田原北条氏・小田原藩主歴代の居城 ...
15. かきはらじょうあと【柿原城跡】徳島県:板野郡/吉野町/柿原村
日本歴史地名大系
[現]吉野町柿原 吉野川に架かる阿波中央橋の東方堤防下に位置した。現在は堤敷や水田になっており、遺構は残らない。柿原氏が拠ったといい、「故城記」に「柿原殿 源氏 ...
16. かきばるじょうあと【柿原城跡】熊本県:熊本市/柿原村
日本歴史地名大系
[現]熊本市花園七丁目 柿原の住宅地の北側背後の台地上にあり、城ノ原の地名が残る。内堀跡の一部が幅一五メートル・長さ五〇メートルの窪地として現存し、堀畑と称し、 ...
17. かしわらじょうあと【柏原城跡】三重県:名張市/柏原村
日本歴史地名大系
[現]名張市赤目町柏原 高天原山(四六六・二メートル)の山麓に続く丘陵の先端部に築かれた大規模な堡で、周辺部は崩壊し耕地となった部分もあり、全景は不明だが中央部 ...
18. かじわらじょうあと【梶原城跡】和歌山県:海草郡/下津町/大崎浦
日本歴史地名大系
[現]下津町大崎 大崎浦の西部佐田山にあり、梶原氏の城跡といわれるが、今は畑となって痕跡はない。梶原氏については笠畑家文書の紀州地士覚に「海士郡大崎に梶原と申仁 ...
19. かんばらじょうあと【蒲原城跡】静岡県:庵原郡/蒲原町/蒲原宿
日本歴史地名大系
[現]蒲原町蒲原 城山 蒲原町の北側に屹立する標高一四九メートルの山稜一帯に築城された戦国期の城跡。西側の向田川と東側の山裾沢川によって挟まれた複雑な地形を巧み ...
20. きはらじょうあと【木原城跡】茨城県:稲敷郡/美浦村/木原村
日本歴史地名大系
[現]美浦村木原 台地西側にある。築城の時期は不明だが、城主近藤氏の菩提所永巌寺の創設が応永元年(一三九四)であることからみて南北朝―室町初期と思われる。近藤氏 ...
21. きはらじょうあと【木原城跡】熊本県:下益城郡/富合町/木原村
日本歴史地名大系
[現]富合町木原 雁回山の北麓、標高一三五メートル、集落からの比高一二五メートル、字城山にある。源為朝在城の伝承などあるが、築城年代など確かな文献はない。戦国期 ...
22. くすばるじょうあと【楠原城跡】熊本県:飽託郡/北部町/楠原村
日本歴史地名大系
[現]北部町楠野 楠原 楠野台地の北東部にあり、帯状形に北東から南西に主軸をなしている。標高七五メートル、北側麓の水田からの比高は約三〇メートルで、現在城跡には ...
23. くばらじょうあと【久原城跡】長崎県:大村市/大村
日本歴史地名大系
[現]大村市久原 玖島川左岸の丘陵(標高三〇メートル)に築かれた中世の城跡。正暦五年(九九四)藤原純友の孫の直澄が初めて大村に入り、久原城を拠点とし、大村氏を称 ...
24. くわばらじょうあと【桑原城跡】長野県:諏訪市/上桑原村
日本歴史地名大系
[現]諏訪市四賀 上桑原 鷹戸屋城・水晶城・矢竹城ともいい、上桑原の北方の山上にあった山城。諏訪氏の重要な城の一つであった。桑原山の突出した部分を利用しており、 ...
25. くわばらじょうあと【桑原城跡】兵庫県:三田市/桑原村
日本歴史地名大系
[現]三田市桑原 武庫川と支流の山田川の合流地点に北側から迫り出した丘陵先端の大浪山(二一八メートル)山頂にある中世の山城跡。南から西への眺望は良好で、東の山田 ...
26. こうらじょうあと【河原城跡】長崎県:東彼杵郡/川棚町/河棚村
日本歴史地名大系
[現]川棚町上組郷 川良・七成寺 川棚川右岸に面して築かれた中世の城跡。標高四二・五メートル。川良城とも。築城年代は未詳ながら川棚氏または河原氏の居城であったと ...
27. こばるじょうあと【小原城跡】熊本県:玉名郡/南関町/小原村
日本歴史地名大系
[現]南関町小原 小山 小原集落北端の善光寺北側背後の標高二八七メートルの善光寺山にある。「国誌」によると大友氏の臣小原鑑元が築城と伝え、鑑元は天文二三年(一五 ...
28. ごぜんばらじょうあと【御前原城跡】栃木県:矢板市/中村
日本歴史地名大系
[現]矢板市早川町 御前原 内川左岸、国道四号矢板バイパスの西側に位置し、南北に走る丘陵帯の西裾に近く、南東流する内川の北岸台地を占める。本丸跡は城跡公園となり ...
29. さかきばらじょうあと【榊原城跡】三重県:久居市/榊原村
日本歴史地名大系
[現]久居市榊原町中ノ村 赤部谷 北へ湾曲して流れる榊原川の中洲近くに突出た比高三〇メートルの丘陵上にあり、眼下に榊原村を一望する。旧小字名を城山という。現在は ...
30. さどわらじょうあと【佐土原城跡】宮崎県:宮崎郡/佐土原町/佐土原城下
日本歴史地名大系
[現]佐土原町上田島 旧佐土原城下の南南西にあった中世から近世の城。県指定史跡。築城の時期は不明だが、「日向地誌」は鎌倉時代に伊東祐時(工藤祐経の子)の子息祐明 ...
31. さはらじょうあと【佐原城跡】神奈川県:横須賀市/佐原村地図
日本歴史地名大系
[現]横須賀市佐原四丁目 佐原の太子堂の南側、小谷を隔てた標高三〇メートルほどの台畑とよばれる南から北へ突出した舌状台地は、佐原十郎義連の城跡と伝える。衣笠城を ...
32. しずはらじょうあと【静原城跡】京都市:左京区/静原村地図
日本歴史地名大系
[現]左京区静市静原町 静原村の北方城谷山の山頂にある。上下二郭で構成され、上郭は周囲三町、下郭は周囲二町余であったといい(京都府愛宕郡村志)、現在も石垣などに ...
33. しばはらじょうあと【芝原城跡】徳島県:徳島市/旧名東郡地区/芝原村
日本歴史地名大系
[現]徳島市国府町芝原 高野山真言宗蔵珠院および東隣の八幡神社付近にあったと推定される。南方の水田よりも一段高くなっているため城跡らしい面影を伝えているが、遺構 ...
34. しまばらじょうあと【島原城跡】長崎県:島原市/島原城下
日本歴史地名大系
含むとされる。キリシタンらは当城を一ヵ月にわたって包囲、反攻する幕府軍に対して一揆勢三万七千人が原城跡(現南有馬町)に立籠って応戦、翌年二月末にようやく陥落して ...
35. すわばらじょうあと【諏訪原城跡】静岡県:榛原郡/金谷町/牧野原村
日本歴史地名大系
[現]金谷町牧之原 旧東海道の通る牧之原台地に位置する戦国期の城跡。国指定史跡。天正元年(一五七三)一〇月、武田勝頼が築城した(甲陽軍鑑・三河物語)。同年のもの ...
36. たかはるじょうあと【高原城跡】宮崎県:西諸県郡/高原町/麓村
日本歴史地名大系
[現]高原町西麓 西麓の市街地の北方、北・東・西の三方を谷に囲まれた台地上にある山城。松ヶ城ともよばれ、もともと島津氏の城であったと伝えるが(三国名勝図会)、築 ...
37. たけはらじょうあと【竹原城跡】茨城県:東茨城郡/美野里町/竹原上郷村
日本歴史地名大系
[現]美野里町竹原 館 園部川の左岸に位置し、跡地は「城山」とも称する。永禄二年(一五五九)竹原義国が府中城(現石岡市)の支城として築き、天正一八年(一五九〇) ...
38. たはらじょうあと【田原城跡】愛知県:渥美郡/田原町/田原城下
日本歴史地名大系
[現]田原町田原 巴江 周辺は田原湾に臨み、海水が巴形に城を囲むところから別名巴江城ともいう。文明一二年(一四八〇)頃、大津城(現豊橋市)から移った戸田宗光が渥 ...
39. たわらじょうあと【田原城跡】大阪府:四條畷市/田原村地図
日本歴史地名大系
[現]四條畷市上田原 上田原の字八ノ坪、生駒山地より突出した丘陵上(城山)にあり、所在地を「土居の内」と称する。標高約一八〇メートル、山麓水田との比高約三〇メー ...
40. だのはるじょうあと【駄原城跡】大分県:竹田市/戸上村
日本歴史地名大系
[現]竹田市戸上 大野川上流部の支流滝水川と国道五七号の間にある。「大友家文書録」天正一四年(一五八六)一二月条に「島津義弘隊長坂瀬豊前守、攻駄原畑塁、志賀親善 ...
41. ちょうじゃばるじょうあと【長者原城跡】佐賀県:神埼郡/東脊振村/辛上村
日本歴史地名大系
[現]東脊振村大字大曲字辛上 背振山地から南に延びた低丘陵地。別名竹原城。執行氏家譜によると、大伴安麻呂九世少納言兼直が鳥羽天皇の時代神埼庄櫛田宮(現神埼町)の ...
42. ながはらじょうあと【永原城跡】滋賀県:野洲郡/野洲町/上永原村
日本歴史地名大系
[現]野洲町上屋 旧朝鮮人街道東側、現祇王小学校敷地にあった六角氏重臣永原氏の城館跡。二町四方の掘割に本丸・二の丸があったとされ、調査により室町・戦国期のものと ...
43. ならばらじょうあと【楢原城跡】奈良県:御所市/楢原村
日本歴史地名大系
[現]御所市大字楢原 葛城山東麓、標高三二〇メートルの丘尾上にある。東・南・北は深い谷で、尾根は東方へ二四〇メートル余り細長く突出、段状に七つの郭が連なっている ...
44. ぬばらじょうあと【奴原城跡】広島県:双三郡/三和町/敷名村
日本歴史地名大系
敷名兵部元綱毛利弘元の子元就の弟所拠、また椋梨左衛門包久ともいへり、いまだ詳ならず」とある。奴原城跡北方一キロの旧有原村との村境には、その出城とみられる大笹城跡 ...
45. はいばらじょうあと【埴原城跡】長野県:松本市/中山地区/埴原村
日本歴史地名大系
[現]松本市中山 埴原 鉢伏山(一九二九メートル)の西に連なる高遠山(一三一六メートル)の南西の尾根の突端を中心とし、東は山続きで鉢伏山頂に至り、北は洞沢の平地 ...
46. はぎはらじょうあと【萩原城跡】広島県:双三郡/三良坂町/灰塚村
日本歴史地名大系
[現]三良坂町灰塚・大谷 滝山の山塊から西へ張出す山の尾根を階段式に削り出した山城で、南縁を上下川が流れる。本丸以下幾つかの郭からなり、本丸には井戸跡、北側斜面 ...
47. はぎはらじょうあと【萩原城跡】広島県:広島市/安佐北区/三田村
日本歴史地名大系
[現]安佐北区白木町三田 安駄山の北、三篠川左岸鳥井原近くの山上にあり、「国郡志下調書出帳」に「古川ノ上山ニ有之、三田少輔七郎元実ノ本城にて能登守嫡備前守実重是 ...
48. はちじょうばらじょうあと【八条原城跡】広島県:東広島市/志和西村
日本歴史地名大系
[現]東広島市志和町志和西 安駄山東麓に広島藩が幕末に築いた城。慶応三年(一八六七)測量を開始し翌明治元年(一八六八)着工、突貫工事の末、同三年春完成した。表向 ...
49. ひらはらじょうあと【平原城跡】長野県:小諸市/平原村
日本歴史地名大系
[現]小諸市平原 平原村字城地籍から八満村(現小諸市八満)にかけて築かれた平山城で、平原氏の居城。数条の深堀をめぐらした東西二五間、南北九〇間ほどの跡が残り、郭 ...
50. ふくはらじょうあと【福原城跡】兵庫県:佐用郡/佐用町/佐用村
日本歴史地名大系
[現]佐用町佐用 福原 佐用城ともいう。佐用川の西岸に突き出した標高二〇〇メートルの丘陵上に築かれた中世の城跡。現在国道三七三号の拡幅によって一部が破壊されてい ...
「原城跡」の情報だけではなく、「原城跡」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

原城跡と同じカテゴリの記事
大坂城跡(日本歴史地名大系)
日本歴史地名大系/平凡社/[現]東区大阪城。東区の北東の一角にある城跡で、本丸と二ノ丸のほぼ全域七三万平方メートルが国の特別史跡。城跡にもと玉造定番屋敷・同与力同心屋敷の一部を加えた約一〇三万平方メートルが大阪城公園となっている。
伏見城跡(日本歴史地名大系)
伏見山(桃山丘陵)に豊臣秀吉によって築かれた城。関ヶ原の合戦に伴う東軍と西軍の攻防戦で被害を受けた後、徳川家康の手で大規模な修築復興がなされたが、元和九年(一六二三)廃城になった。
井伊谷城跡(日本歴史地名大系)
[現]引佐町井伊谷。井伊谷の盆地北側、標高一一四メートルの城(しろ)山の山頂とその南東方向の麓にあった居館。井伊(いい)城ともいい、井伊氏の居城。なお史料上、南北朝期にみえる井伊城は三岳(みたけ)城をさす。
三岳城跡(日本歴史地名大系)
[現]引佐町三岳・川名。三岳山の山頂部にある山城跡。標高四六六・八メートルの山頂を中心として東西約七〇〇メートルにわたる尾根上に築かれていた。国指定史跡。井伊氏の本城で、平時の居館であった井伊谷(いいのや)の井伊谷城に対し、詰の城として利用され、当城と井伊谷城は同一視されていた。御嵩城・三嶽城・深嶽城あるいは井伊城
(日本大百科全書(ニッポニカ))
塁、堀、柵など外敵の侵入を防ぐために設けられた軍事的構築物のことをいい、さらにそれによって防衛された地域もいう。城郭という語も城と同義に用いられる。しかし火器の発達した近代に構築された軍事的防衛施設は城とよばず要塞とよばれる。最初は自然の地形を利用して防衛のためにのみ築城したが
城と同じカテゴリの記事をもっと見る


「原城跡」は長崎世界遺産に関連のある記事です。
その他の長崎世界遺産に関連する記事
ド=ロ(日本人名大辞典)
フランスの宣教師。1840年3月27日生まれ。カトリック。慶応4年(1868)プチジャンの要請をうけて来日し,長崎の大浦天主堂で石版印刷による宗教書を刊行。のち外海(そとめ)地域の主任司祭。診療所をひらき,出津(しつ)教会などを建設したほか,地元民の教育や社会福祉事業につくした。大正3年
五輪教会(日本歴史地名大系)
[現]福江市蕨町 五輪 奈留瀬戸に面して建つカトリック教会堂。寛政年間(一七八九―一八〇一)大村領外海(そとめ)からキリシタンの移住があったとされる。元治二年(一八六五)大浦天主堂(現長崎市)でのいわゆる信徒発見のあと、明治元年(一八六八)蕨小島(わらびこじま)
出津教会(日本歴史地名大系)
[現]外海町黒崎西出津郷 カトリック教会堂。県指定文化財。江戸時代よりキリシタンが潜伏していた地域で、寛政年間(一七八九―一八〇一)当地など大村藩領の外海から五島などへ移住する信徒が多かったことから、キリシタンの母郷ともよばれる。明治一二年(一八七九)主任司祭として
頭ヶ島教会(日本歴史地名大系)
[現]有川町友住郷 頭ヶ島 頭ヶ島にあるカトリック教会。天主堂は県指定文化財。江戸時代は長く無人島であったが、安政六年(一八五九)鯛ノ浦のキリシタン二、三戸が移住し、開拓を行ったという。慶応三年(一八六七)戸数二五のキリシタン集落になっていた(有川町郷土誌)。鯛ノ浦の
野首教会(日本歴史地名大系)
[現]小値賀町野崎郷カトリック教会で、野首天主堂ともいう。江戸時代よりキリシタンが潜伏していた地で、野首に寛政九年(一七九七)大村領の外海(そとめ)から移住した信徒や、瀬戸脇(せとわき)に三井楽(みいらく)(現三井楽町)・久賀(ひさか)島(現福江市)から移ったキリシタンが
長崎世界遺産に関連する記事をもっと見る
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る