ジャパンナレッジNEWS

辞書に関係あることも ないことも ごった煮でお届けする 公式だけどオフィシャル感のない スタッフブログ的サイト。登録いただければ メールでもお送りします。
ジャパンナレッジ会員ならナレッジサーチャー(ジャパンナレッジ簡易検索)使えます。

TRPGって知ってますか?

2018-08-29

こんにちは! インターンシップに参加させていただいているナカムラです。今回「私の好きなこと」というお題でメルマガに書かせていただけるとのことなので、私の趣味を紹介させていただきます。

取り上げるのは、所属しているサークルで行っている「TRPG」です。TRPGというのは「テーブルトーク・ロールプレイングゲーム」の略称で、まさに文字通り「テーブルの上で行うRPG」。本来ならばコンピューターのプログラムで行う部分を人間の想像力で処理するRPGで、雰囲気としてはいま流行りの「人狼ゲーム」に近いものです。

メンバーは、まとめ役を行うゲームマスター(以下GM)とプレイヤー4人くらいでOK。時間は短ければ1時間、長ければ6時間くらいかけて行います。ゲームに必要なものは「ルールブック」「サイコロ」「キャラシート」の3つ。基本的にボードゲームを売っているようなお店であれば、取り揃えてあります。
それぞれについて説明すると……

・TRPGのルールを詳細に書いた「ルールブック」(以下、ルルブ)
これは、通常のRPGで例えるならば、ゲームソフトに相当する部分です。つまり、このルルブ次第で、ドラクエ(「ドラゴンクエスト」)のようなファンタジーの世界になるのか、シリアスなホラーになるのか、それともドタバタギャグコメディになるのかが決まります。まさしくTRPGの肝となる、重要な部分です。

・判定に使用する「サイコロ」(以下ダイス)
RPG同様、TRPGでも、例えば衝撃的なできごと(死体や邪悪な怪物などに遭遇する)を経験してパニックにならないかどうかや、途中で負ったケガの治療が成功するかどうかなど、要所要所で判定というものが必要になります。事前に何点出せばクリアできるという数値(達成値と呼ぶ)を決定しておいて、ダイスを振る。その達成値を満たしていれば判定はクリアとなって、パニックを回避したり、ケガを上手に治療できたりします。

・キャラクターシート
これはRPGで例えるならば、キャラのデータを保存するセーブデータに相当するもの。これに自分のキャラのデータ、例えば筋力や足の速さなどを書き加えれば、TRPGを始める準備はもう整ったと言えるでしょう。

TRPGをするのにハードルが高いと感じる人にはまず、まずは楽しそう!と思っていただくことが重要です。ぜひ動画サイトなどでTRPGについて調べてみてください。そこで楽しそうだなと思っていただけたら、どうか一度試してください。近年ではコンベンションと呼ばれる、外でTRPGを行うイベントが増えていたり、ネットを介して行う方法などもあります。

2018-08-29 written by ゲスト