ジャパンナレッジNEWS

辞書に関係あることも ないことも ごった煮でお届けする 公式だけどオフィシャル感のない スタッフブログ的サイト。登録いただければ メールでもお送りします。
ジャパンナレッジ会員ならナレッジサーチャー(ジャパンナレッジ簡易検索)使えます。

方言チャート番外編「県人度判定」をやってみた。

2019-06-24

みなさん、ごきげんよう! 梅雨空でどんよりな東京地方。てか、まだ九州北部、四国、中国、近畿が梅雨入りしてないって、ん? どうゆうこと? めっちゃ心配なかおるんです!

さて、あの1000万人がトライした方言チャートの番外編が今月14日、ついにリリースされました。東京女子大学篠崎晃一教授と4年生ゼミのみなさんが、新たな判定をつくったのです!

その名も県人度判定(ベータ版ですっ)。お試しになっていない方は、こちらにアクセスしてください!
https://ssl.japanknowledge.jp/kenjindo/

方言の使用状況であなたの県人度(方言愛)がわかるというもの。たった6問なので、まったくお時間は取らせません!

そして、出身地の方言愛を判定するだけでなく、いま住んでいるところとか、引っ越したところとか……いろんな地域の方言で試せるのもこの判定の特長です。

というわけで、京都で生まれ、大阪で5年くらい勤務し、いま東京で○年(ご想像にお任せします!)住んでいるかおるん、早速3都府(県がないやーん)に挑戦してみましたっ!

さてさて結果は……

京都73% まずまずの京都愛
大阪52% ビミョ~な大阪愛
東京60% まずまずの東京愛

ほほう~。まあ住んでる年数的にこんなもんなんやろな~って結果がバッチリ出ました。そっかあ、かおるん、東京生活、めっちゃ長くなってしまったんだなあ(遠い目)。

転勤族の方、入学や就職で実家から引っ越した方、親せきが住んでいたり何度もその地に旅行に行っている方などなど、あなたの慣れ親しんだ方言で、ぜひぜひ試してみてください。

2019-06-24 written by かおるん
県人度判定で納得いっていないものが「ものもらいに、“めばちこ”という表現を使うか」という京都の設問。ここ最近、京都は「めいぼ」より「めばちこ」の使用率が高まっているのだそうで……。「めばちこ」といえば大阪のもんなんどすけどねえ。