ジャパンナレッジNEWS

辞書に関係あることも ないことも ごった煮でお届けする 公式だけどオフィシャル感のない スタッフブログ的サイト。登録いただければ メールでもお送りします。
ジャパンナレッジ会員ならナレッジサーチャー(ジャパンナレッジ簡易検索)使えます。

夏の奥多摩で初挑戦したのは…

2020-09-08

気軽に自然を満喫できるところへ行こうと思い立ち、8月の三連休に奥多摩へ日帰り旅に出かけました。
御岳山に登るか、渓流釣りをするか、キャンプを楽しむか………せっかくの奥多摩なので現地で何かしたいなと考えた結果、今回は湖でSUPに挑戦することに!

「SUP」とはスタンドアップパドルボードのことで、「サーフボードより幅が広いボードの上に立ち、パドルで漕ぐスポーツ。」(ジャパンナレッジ『現代用語の基礎知識』)。

ここ数年とくに人気が急上昇している、海や川や湖などでできる水上アクティビティです。
私も以前から気になっていたので、さっそくツアー会社が企画するSUP半日体験プランを予約しました。
当日は、御嶽駅から白丸ダムという多摩川をせき止めてできた白丸湖まで車で送迎してくれます。ライフジャケットとヘルメットを装着しインストラクターのレクチャーを受けたら、すぐに1人でパドルを片手にボードに乗って湖に入ります。
この日も天気が良くかなりの猛暑だったのですが、山奥の湖なので水上はとても涼しく快適。
慣れるとボードの上に立ち、パドルでスイスイ進んでいけます。インストラクターはボードの上でジャンプしたり、達人になるとヨガなどもできるそう。
初心者の私はとてもそんな余裕はなくバランスをとるので精一杯でしたが、濡れても良い服装で着替えがあるならあえて湖に飛び込んで(落ちて…?)みるのもアリ。冷たい水がとっても気持ちいいのです。
もちろんボードの上に立たなくても、座って漕ぐなり、ボードの上に寝転がって空を眺めるなり、好きなスタイルでOK。自分のペースで自由に楽しめるところも大きな魅力。
何より1人1人が別々に各ボードに乗っているため、いやがおうでもソーシャルディスタンスを保てます。久々に、屋外でマスクを外して思いきり呼吸をしました。

これはさらにハマりそうな予感。次回は、波がある海でのSUPにチャレンジしたいです。

2020-09-08 written by マツオカ
今年はとくに東京都民でにぎわっている奥多摩。東京ナンバーの車で大大大渋滞でした。。。
連休にお出かけする方には電車をおすすめします!