ジャパンナレッジNEWS

辞書に関係あることも ないことも ごった煮でお届けする 公式だけどオフィシャル感のない スタッフブログ的サイト。登録いただければ メールでもお送りします。
ジャパンナレッジ会員ならナレッジサーチャー(ジャパンナレッジ簡易検索)使えます。

節分の夜のルーティン

2021-02-02

なんとなく今年は行くのは控えたほうがいいのかな……(六点リーダー症候群の私です)なんて思いながら、やっぱりもらいに行ってしまいました。早稲田・穴八幡宮の一陽来復の御守。冬至から節分までの期間限定で授与される御守です。さて「一陽来復」とは?

陰が窮まって陽にかえること。陰暦一一月または、冬至をいう。転じて、冬が去り春が来ること。また、悪いことが続いたあと、ようやく好運に向かうこと。(故事俗信ことわざ大辞典)

冬至の日、穴八幡宮では冬至祭が行なわれているそうだ。そうだ、というのは私は冬至の日に御守をもらいに行ったことはなく、いつもいつも節分直前に駆け込む。ほんと、夏休みの宿題をラスト5日でやる!という精神は、この年になってもまったく直らないものである。

一陽来復の御守は金融融通のお守りでもある。フリーで働く友人曰く「この御守をいただいてからこの方、お金に困ったことはない」と言っていた。確かにそうだ、私もなんとか元気に働いて、お給金をもらっている。

そしてこの御守は懐中のお守りではない。家にまつるものだ。その年の恵方に向けて、冬至、大晦日、節分のいずれかの深夜12時(つまり節分であれば節分から立春に変わる夜中の12時ちょうど)にまつるのだ。「御祭りする部屋の中心(御家族や御本人が集まる処、居間やリビング)から方位を図り、来年の明きの方(恵方)である巳午(真南から少し東寄りの方角※これは今年の恵方です)に一陽来復の文字が向く様、反対側(北側※今年限定)の壁か柱に、御本人御家族が御守を見下さない様、成るべく高い位置に御祭り下さい」と場所にも決まりがある。

御守は一年動かしてはならない。もし途中で落ちたり、転居したりする場合は、取り外して、自分の神棚でいったん納めてから、神社に納めに行かねばならない。画鋲で刺しちゃいけないし、テープを被せるようにして貼ってはならない、というわけで、いつも本当に深夜12時のこの作業は緊張するのだ。

コロナ禍になってからというもの、私は早寝になってしまった。つまり、今夜は緊張感をもって、深夜12時まで起きていなければならない。これがまた辛い。というわけで、いま私は非常に憂鬱である。しかし明ければ立春。引きこもりの冬からなんとか早く抜け出せるよう、暖かい春を夢見て、心して御守をおまつりしたい。

2021-02-02 written by かおるん
2月2日に節分となるのは、なんと124年(明治30年)ぶり。また節分が3日じゃないのは、1984年2月4日以来37年ぶり。そして当分4年ごとに2月2日が節分になるそうです。