日国友の会

そくりょうほう【測量法】

読者カード 用例 2018年03月11日 公開

2016年09月17日 古書人さん投稿

用例:近世「ヘルムホルツ」氏精密ノ測量法ヲ行ヒ黄斑ヨリ角膜ヲ経テ物体ニ至ル時ノ線ハ
『須淮氏眼科必携 四』 1876年8月19日 日耳曼須淮氏原撰
語釈:〔名〕(1)測量する方法。

コメント:解釈1の事例で遡ります

編集部:第2版では、『風俗画報‐二三一号』(1901)からの例が添えられていますが、さらに、25年さかのぼることになります。

著書・作品名:須淮氏眼科必携 四

媒体形式:単行本

刊行年(月日):1876年8月19日

著者・作者:日耳曼須淮氏原撰

掲載ページなど:36ページ

発行元:阪井氏蔵版