日国友の会

さんじょう【三畳】

読者カード 項目 2018年03月11日 公開

2016年09月18日 古書人さん投稿

用例:是を潜って這入ますと、三畳(でふ)で、此処には角火鉢、茶棚等がムいまして、
『雑録(「文藝倶楽部」(第二巻第三編)より)』 1896年2月10日 市村家橘述、園部紫嬌記
語釈:〔名〕畳三畳ほどの、小部屋。三畳の間。

コメント:取り敢えず

編集部:第2版では、立項されませんでした。

著書・作品名:雑録(「文藝倶楽部」(第二巻第三編)より)

媒体形式:雑誌

刊行年(月日):1896年2月10日

著者・作者:市村家橘述、園部紫嬌記

掲載ページなど:200ページ

発行元:博文館