日国友の会

アルファフェトプロテイン【α—】

読者カード 項目 2018年06月13日 公開

2016年11月17日 古書人さん投稿

用例:αーフェトプロテイン[アルファ―、α-fetoprotein, AFP]
『バイオテクノロジー用語小事典(ブルーバックス B-839)』 1990年9月20日 渡辺 格監修/ディー・エヌ・エー研究所編
語釈:〔名〕(英 α-fetoprotein)胎児の血清に含まれる糖たんぱく質。成人では微量に存在し、肝臓癌(かんぞうがん)などで増加がみられるので、血液検査による癌診断の一助として用いられる。α胎児たんぱく。AFP。〔『デジタル大辞泉』@JapanKnowldgeによる〕

コメント:取り敢えず

編集部:第2版では、立項されませんでした。

著書・作品名:バイオテクノロジー用語小事典(ブルーバックス B-839)

媒体形式:単行本

刊行年(月日):1990年9月20日

著者・作者:渡辺 格監修/ディー・エヌ・エー研究所編

掲載ページなど:28ページ

発行元:講談社