日国友の会

たいせつざん【大雪山】

読者カード 用例 2018年07月11日 公開

2016年12月15日 古書人さん投稿

用例:旭川の東巍然として雲表に聳え石狩平野を睥睨してるゐのが有名な大雪山である
『千島及び北海道地形測量餘談(「地球」(第4巻第3号))』 1925年9月1日 陸地測量部地形科班員
語釈:(「だいせつざん」とも)〔一〕北海道中央部、上川支庁にある火山群。中央部のカルデラ御鉢平(おはちだいら)を中心に、北海道最高峰の旭岳(二二九〇メートル)、北鎮(ほくちん)岳(二二四四メートル)、白雲岳(二二三〇メートル)などからなる。ふもとに層雲峡や愛山渓温泉などの登山基地がある。大雪山国立公園の中心。

コメント:解釈1の初事例です

編集部:第2版では、用例が入りませんでした。

著書・作品名:千島及び北海道地形測量餘談(「地球」(第4巻第3号))

媒体形式:雑誌

刊行年(月日):1925年9月1日

著者・作者:陸地測量部地形科班員

掲載ページなど:57ページ

発行元:内外出版