日国友の会

バナナルとう【—島】

読者カード 項目 2018年07月11日 公開

2016年12月15日 古書人さん投稿

用例:バナナル島から引返してリオ・ダス・モルテスを溯った、
『談叢 死の河の探検(「地球」(第4巻第3号))』 1925年9月1日 E・C・スミス
語釈:(ポルトガル Ilha do Bananalから)ブラジル中部,ゴイアス州西部にある川中島。トカンティンス川支流アラグアイア川の中流部の分流によって形成された広大な島で,ゴイアス州の西境をなす西側の本流と東側の分流にはさまれて南北 300km以上にわたって延びる。最大幅は約 60km。ババスヤシが茂り,各種の熱帯鳥類や淡水魚が生息するため,1959年この島にアラグアイア国立公園が設置された。〔『ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典』@kotobank〕

コメント:取り敢えず

編集部:第2版では、立項されませんでした。

著書・作品名:談叢 死の河の探検(「地球」(第4巻第3号))

媒体形式:雑誌

刊行年(月日):1925年9月1日

著者・作者:E・C・スミス

掲載ページなど:60ページ

発行元:内外出版