日国友の会

たきざわ【滝沢】

読者カード 語釈 2018年11月09日 公開

2017年03月15日 古書人さん投稿

用例:瀧澤村 此から上り一里山坂左右皆松山ナリ
『奥羽道記』 1691年 丸山可澄
語釈:福島県金山町の地名。会津地方西部,只見川と滝沢川の合流点に位置する。地名は滝沢川にちなむという(新編会津)。地内には中の平遺跡があり縄文土器を出土,ほかに居平遺跡からは縄文後期・晩期および弥生期の土器が出土している。〈略〉〔『新版角川日本地名大辞典』@JapanKnowledge〕

コメント:取り敢えず

編集部:第2版では立項されませんでした。

著書・作品名:奥羽道記

媒体形式:単行本

刊行年(月日):1691年

著者・作者:丸山可澄

掲載ページなど:132ページ

発行元:古典文庫