日国友の会

いわせ【岩瀬】

読者カード 用例 2018年11月09日 公開

2017年03月16日 古書人さん投稿

用例:勢至堂から 岩瀬郡ト云」
『奥羽道記』 1691年 丸山可澄
語釈:(二)(岩瀬)福島県の中南部の郡。阿武隈川、釈迦堂川流域の山間地。古くは、磐瀬・石瀬・石背とも書いた。→石背(いわせ)。

コメント:解釈2の事例で遡ります

編集部:2013年3月29日付けで、『太政官布告』(第壱百七拾号,1875)からの例 をご紹介いただいていますが、さらに、174年さかのぼることになります。

著書・作品名:奥羽道記

媒体形式:単行本

刊行年(月日):1691年

著者・作者:丸山可澄

掲載ページなど:133ページ

発行元:古典文庫