日国友の会

とうちしゃ【統治者】

読者カード 用例 2019年01月11日 公開

2017年05月04日 古書人さん投稿

用例:即ち統治者(トウチシャ)が廣く天下の智たる民意を求めて之を統治者(トウチシャ)の智に化し
『普通選挙論の根底如何(下)(「法律新聞」より)』 1921年1月23日 弁護士 松本重敏
語釈:〔名〕統治権を有するもの。国家を統治するもの。統治権の主体。

コメント:遡ります

編集部:第2版では、坂口安吾『安吾新日本地理』(1951)からの例が早いのですが、さらに、30年さかのぼることになります。

著書・作品名:普通選挙論の根底如何(下)(「法律新聞」より)

媒体形式:新聞・広報・官報

刊行年(月日):1921年1月23日

著者・作者:弁護士 松本重敏

掲載ページなど:3ページ

発行元:法律新聞社