日国友の会

しゅうてん【終点】

読者カード 用例 2019年02月10日 公開

2017年06月17日 古書人さん投稿

用例:航海奨励法 第五條 (前部分省略)又外国より発航し帝国各港に寄港する船舶に在てハ最初の寄港地を終点として其の航海理数を算定す
『●衆議院議案 ●航海奨励法案(政府提出)(「東京朝日新聞附録」より)』 1896年1月15日
語釈:〔名〕いちばん終わりのところ。最終の地点。特に、列車・バスなどが、最後に行き着く停留所や駅。←→起点・始点。

コメント:僅かですが遡ります

編集部:第2版では、『風俗画報-一六九号』(1898)からの例が早いのですが、さらに、2年さかのぼることになります。

著書・作品名:●衆議院議案 ●航海奨励法案(政府提出)(「東京朝日新聞附録」より)

媒体形式:新聞・広報・官報

刊行年(月日):1896年1月15日

著者・作者:

掲載ページなど:16ページ

発行元:東京朝日新聞社