日国友の会

みょうこうじ【妙光寺】

読者カード 項目 2019年03月15日 公開

2017年07月29日 古書人さん投稿

用例:妙光寺
『撮壌集』 1454年 飯尾永祥
語釈:京都市右京区宇多野上ノ谷町に所在。臨済宗建仁寺派。山号は正覚山。本尊は釈迦如来。開山は心地覚心(法燈円明国師)で弘安八年(一二八五)開創。花山院藤原師継が長子忠季の菩提を弔うため北山仁和寺の別業を改めて禅寺となし、忠季の幼名、妙光を寺号としたのに始まる。〈以下略〉〔吉川弘文館『国史大辞典』@JapanKnowledge〕

コメント:取り敢えず

編集部:第2版では、立項されませんでした。

著書・作品名:撮壌集

媒体形式:単行本

刊行年(月日):1454年

著者・作者:飯尾永祥

掲載ページなど:276ページ〔「続群書類従 巻889」〕

発行元:続群書類従完成会