日国友の会

かいこうじ【戒光寺】

読者カード 項目 2019年03月15日 公開

2017年07月30日 古書人さん投稿

用例:戒光寺
『撮壌集』 1454年 飯尾永祥
語釈:(京都市東山区)泉涌寺総門内左側に位置する塔頭。本尊木造釈迦如来立像(鎌倉時代)は国指定重要文化財で、丈六さんとよばれる名釈迦仏の一つ。開基曇照は建保二年(一二一四)渡宋して理宗皇帝から忍律法師の号を賜った。安貞二年(一二二八)帰国して律を説き、八条の北、堀河の西に南山律宗の戒光寺(現京都市南区)を建てた。応仁元年(一四六七)兵火に焼かれ、一条小川(現同市上京区)に再建。天正一八年(一五九〇)三条の北、京極きようごくの東(現同市中京区)に移転したが、正保二年(一六四五)後水尾上皇の意志で泉涌寺に移されて塔頭となった(「山城名勝志」など)。〈以下略〉〔平凡社『日本歴史地名大系@JananKnowledge』〕

コメント:取り敢えず

編集部:第2版では、立項されませんでした。

著書・作品名:撮壌集

媒体形式:単行本

刊行年(月日):1454年

著者・作者:飯尾永祥

掲載ページなど:277ページ〔「続群書類従 巻889」〕

発行元:続群書類従完成会