日国友の会

だいずかす【大豆粕】

読者カード 用例 2019年05月15日 公開

2017年10月08日 古書人さん投稿

用例:稲には、表土が深すぎるような処を選び、まづ排水し、丁寧に深く耕し、人糞尿や鯡粕(にしんがす)や大豆粕(ダイヅガス)などを施し、一坪に二三本位の割合に種茎を植ゑるのです。
『実用園芸新書』 1908年11月22日 青木信一編
語釈:〔名〕大豆の油をしぼり取った粕。動物飼料、肥料などに用いられる。

コメント:遡ります

編集部:第2版では、小林多喜二『一九二八・三・一五』(1928)からの例が添えられていますが、さらに、20年さかのぼることになります。

著書・作品名:実用園芸新書

媒体形式:単行本

刊行年(月日):1908年11月22日

著者・作者:青木信一編

掲載ページなど:185ページ

発行元:参文舎