日国友の会

わいあん【淮安】

読者カード 項目 2019年06月11日 公開

2017年10月24日 古書人さん投稿

用例:淮安府 戸数凡三萬五千軒〈巻一〉
『華夷通商考』 1708年 西川求林齋
語釈:淮安区は中華人民共和国江蘇省北部淮安市に位置する市轄区。中国の古代から近世にかけての河川行政(治水)・水運行政(漕運)・製塩行政の中心地となった古い街であり、揚州・蘇州・杭州とならぶ大運河上の四大都市と称された。〈中略〉現在の淮安区はかつて清代には淮安府、中華民国以降は淮安県と呼ばれた。2000年に淮陰市が淮安市に改名するまで、淮安区は淮安市という県級市であった。〈以下略〉〔Wikipedia〕

コメント:取り敢えず

編集部:第2版では、立項されませんでした。

著書・作品名:華夷通商考

媒体形式:単行本

刊行年(月日):1708年

著者・作者:西川求林齋

掲載ページなど:284ページ(「日本経済大典」(復刻版第4巻)より)

発行元:薗田総合企画