日国友の会

パルジャニヤ

読者カード 項目 2019年08月14日 公開

2017年12月06日 古書人さん投稿

用例:波樓闇尼耶(パルジャヌヤ)Parjanyaは即雲なり又雨なり、
『印度宗教史』 1897年11月10日 姉崎正治
語釈:(Parjanya)インド神話に登場する雨の神である。マルト神群やインドラ神とよく似た性格を持つ。 パルジャニヤは『リグ・ヴェーダ』では3篇の独立讃歌を持つ。しばしば牡牛と呼ばれ、雨雲を作り出し、雷をともなう雨を降らせ、大地を潤す。またパルジャニヤは植物の保護者とされ、草木に種子を授け、芽生えさせるという。(cf.Wikipedia)

コメント:取り敢えず

編集部:第2版では、立項されませんでした。

著書・作品名:印度宗教史

媒体形式:単行本

刊行年(月日):1897年11月10日

著者・作者:姉崎正治

掲載ページなど:33ページ

発行元:金港堂書籍