日国友の会

うりどめ【売止】

読者カード 用例 2019年11月08日 公開

2018年03月07日 古書人さん投稿

用例:目下在米の減少と作柄を気遣ひて問屋ハ孰れも其価を引絞り居る折柄地方の荷主より売止めの電報達し
『中外物価新報 ◎米価俄に騰貴す(「中外物価新報」より)』 1888年8月2日
語釈:〔名〕売ることを一時中止すること。

コメント:遡ります

編集部:2010年5月3日付けで、『東京朝日新聞』1904年3月18日付け記事の例をご紹介いただいていますが、さらに、6年さかのぼります。

著書・作品名:中外物価新報 ◎米価俄に騰貴す(「中外物価新報」より)

媒体形式:新聞・広報・官報

刊行年(月日):1888年8月2日

著者・作者:

掲載ページなど:1ページ

発行元:中外物価新報