日国友の会

かいきゅうせいど【階級制度】

読者カード 用例 2019年12月03日 公開

2018年03月28日 古書人さん投稿

用例:其固成の結果は即彼の有名なる四姓の階級制度なりとす、
『印度宗教史』 1897年11月10日 姉崎正治
語釈:〔名〕「かいきゅうせい(階級制)(1)」に同じ。

コメント:取り敢えず

編集部:第2版では、中江兆民『一年有半』(1901)の例が添えられていますが、さらに、4年さかのぼります。ちなみに、「階級制(1)」の語釈は「官位、身分、地位のきびしい区別によって組織が運営される制度」となっています。

著書・作品名:印度宗教史

媒体形式:単行本

刊行年(月日):1897年11月10日

著者・作者:姉崎正治

掲載ページなど:77ページ

発行元:金港堂書籍