日国友の会

バイシャ

読者カード 用例 2019年12月03日 公開

2018年03月28日 古書人さん投稿

用例:此と相併て政治の執権者にして武夫なるは刹帝利(クシャトリヤ)Kshatriyaとなりて第二位に位し、一般の人民は毘舎(ヴイシャ)Vaicya族とて第三位となれり、
『印度宗教史』 1897年11月10日 姉崎正治
語釈:〔名〕(サンスクリット Vaiṡya)《ベーシャ・ヴェーシャ》インドの四姓(カースト)のなかで第三の身分。農業・商業に従う庶民。バラモンの法典では農業・牧畜・商業に従うことが定められたが、七世紀までに商人に限られることになった。今日では商人カーストをさす。

コメント:取り敢えず

編集部:第2版では、幸田露伴『プラクリチ』(1932)の例が添えられていますが、さらに、36年さかのぼります。

著書・作品名:印度宗教史

媒体形式:単行本

刊行年(月日):1897年11月10日

著者・作者:姉崎正治

掲載ページなど:79ページ

発行元:金港堂書籍