日国友の会

ようせい【妖精】

読者カード 用例 2019年10月19日 公開

2018年03月28日 古書人さん投稿

用例:日光の如く輝き、空気の如く軽快なる是等の小妖精(せうエウセイ)の為に、神々はアルフハイム(Alfheim)(妖精の世界)と呼べる一の世界を造り、
『希臘及北欧神話』 1919年10月29日 訳者 杉谷虎蔵
語釈:〔名〕(2)人間の姿をした自然物の精。西洋の昔話などに、不思議な術を持つ美しい女の小人として出てくることが多い。フェアリー。

コメント:解釈2の事例で遡ります

編集部:第2版では、寺田寅彦『田園雑感』(1921)の例が早いのですが、さらに、2年さかのぼることになります。

著書・作品名:希臘及北欧神話

媒体形式:単行本

刊行年(月日):1919年10月29日

著者・作者:訳者 杉谷虎蔵

掲載ページなど:411ページ

発行元:冨山房