日国友の会

かいぎしつ【会議室】

読者カード 用例 2019年10月19日 公開

2018年03月28日 古書人さん投稿

用例:神々相議して神苑を此処に定め、之をアスガルド(Aagard)(神園)と名けて、先づ其の中央に黄金と大理石とより成れる一大会議室(クワイギシツ)を建て、其の周囲に神々の神殿を建て列ね、
『希臘及北欧神話』 1919年10月29日 訳者 杉谷虎蔵
語釈:〔名〕会議をするための室。

コメント:一般的に使われていた言葉の様な気がします。明治時代からあるのではないでしょうか。

編集部:第2版では、立項されており、夏目漱石『坊っちゃん』(1906)から早い例が引かれていますが、確例はこれが初めてです。

著書・作品名:希臘及北欧神話

媒体形式:単行本

刊行年(月日):1919年10月29日

著者・作者:訳者 杉谷虎蔵

掲載ページなど:412ページ

発行元:冨山房