日国友の会

ドラビダご【—語】

読者カード 用例 2018年06月14日 公開

2018年04月01日 ねじり草さん投稿

用例:インドの南部に行なわれるドラヴィダ語族や
『日本の外来語』 1964年 矢崎源九郎
語釈:〔名〕主にインド南部とスリランカ東北部で話される同系統の諸言語の総称。タミル語、テルグ語、カンナダ語、マラヤーラム語などが含まれる。パキスタンに孤立して分布している同系統のブラーフイー語の存在など、ドラビダ諸語全体の系統や渡来の経路については未解決な問題が多い。

コメント:用例がなかったので。

編集部:第2版では、用例を添えることができませんでした。

著書・作品名:日本の外来語

媒体形式:単行本

刊行年(月日):1964年

著者・作者:矢崎源九郎

掲載ページなど:147ページ

発行元:岩波書店