日国友の会

バンツーしょご【—諸語】

読者カード 用例 2018年06月14日 公開

2018年04月01日 ねじり草さん投稿

用例:南アフリカのバントゥー語族など、色とりどりの語族が考えられはする。
『日本の外来語』 1964年 矢崎源九郎
語釈:〔名〕(バンツーはBantu)《バントゥーしょご》アフリカ大陸の赤道付近から南に広がる共通した特徴をもつ言語の総称。名称は、これらの言語の大部分で共通する「人(複数)」を意味する語に由来する。単一の祖語から派生したと考えられている。スワヒリ語、ムエジ語、ルガンダ語、ルワンダ語、ズールー語、コサ語などが含まれる。

コメント:用例がなかったので。

編集部:第2版では、用例を添えることができませんでした。

著書・作品名:日本の外来語

媒体形式:単行本

刊行年(月日):1964年

著者・作者:矢崎源九郎

掲載ページなど:147ページ

発行元:岩波書店