日国友の会

かりこし【借越】

読者カード 語釈 2020年01月14日 公開

2018年04月19日 古書人さん投稿

用例:客是より借越(カリコシ)をなさゞりしと云ふ
『雑報 ●当座借越を為す客に向って(「中外商業新報」より)』 1891年10月6日
語釈:〔名〕(2)一定限度以上に借りること。特に、銀行の当座預金の場合、銀行がその顧客に認めている信用額を越えて顧客が借りること。

コメント:取り敢えず

編集部:第2版では、用例が入りませんでした。

著書・作品名:雑報 ●当座借越を為す客に向って(「中外商業新報」より)

媒体形式:新聞・広報・官報

刊行年(月日):1891年10月6日

著者・作者:

掲載ページなど:1ページ

発行元:中外商業新報