日国友の会

ぜんとく【善徳】

読者カード 用例 2020年02月14日 公開

2018年05月10日 古書人さん投稿

用例:師ハ危険を冒し艱難を凌ぎ善徳(ゼントク)の修業を為し乍ら迫害(はくがい)を受け誣告を蒙り
『聖フランセスコザベリヨ書翰記 上巻』 1891年11月16日 著作兼発行者 浅井乕八郎
語釈:〔名〕(2)道徳に合ったよい行ない。

コメント:「ぜんとく」の確例です

編集部:第2版では、このブランチでは、中村正直訳『西国立志編』(1870-71)の例が早いのですが、確例は入りませんでした。

著書・作品名:聖フランセスコザベリヨ書翰記 上巻

媒体形式:単行本

刊行年(月日):1891年11月16日

著者・作者:著作兼発行者 浅井乕八郎

掲載ページなど:126ページ

発行元:著作兼発行者 浅井乕八郎