日国友の会

さくやく【炸薬】

読者カード 用例 2020年03月16日 公開

2018年06月05日 古書人さん投稿

用例:第三 三等軍用火薬ハ炸薬即チ榴弾若クハ榴霰弾ヲ破裂セシムルノ用ニ供スルモノニシテ薬粉ヲ附着シ或ハ欠損シタル薬粒ヲ混有シ
『原報 ○爆発物ノ製造、性能及ヒ用途(「薬学雑誌」(第180号)より)』 1897年3月26日 大野勝行
語釈:〔名〕爆破による破壊を目的とする爆薬のうち、砲弾や爆弾などに詰めて炸裂させる火薬をいう。

コメント:遡ります

編集部:第2版では、『現代大辞典』(1922)の例が早いのですが、さらに、25年さかのぼります。

著書・作品名:原報 ○爆発物ノ製造、性能及ヒ用途(「薬学雑誌」(第180号)より)

媒体形式:雑誌

刊行年(月日):1897年3月26日

著者・作者:大野勝行

掲載ページなど:225ページ

発行元:日本薬学会