日国友の会

アルキル

読者カード 項目 2020年03月18日 公開

2018年06月06日 古書人さん投稿

用例:其塩類並既明ノ方法ニ従ヒ「アルキール」(Alkyl)及「アシヂール」(Acidyl)ヲ挿入スルニ由テ生成スル誘導体ハ医療上ニ応用セラルヘシ
『学事彙報 ○「ノルトロピノン」(Nortropinon)ノ製法(「薬学雑誌」(第180号)より)』 1897年3月26日
語釈:〔名〕(英 alkyl)「アルキルき(ー基)」に同じ。

コメント:取り敢えず

編集部:第2版では、この語形では立項されませんでした。ちなみに、「アルキル基」の語釈は「脂肪族飽和炭化水素から水素原子一個を除いた残りの原子団。一般式CnH2n+1 化学式の場合は一般に、略号Rを用いる。メチル、エチル、プロピルなど」となっています。

著書・作品名:学事彙報 ○「ノルトロピノン」(Nortropinon)ノ製法(「薬学雑誌」(第180号)より)

媒体形式:雑誌

刊行年(月日):1897年3月26日

著者・作者:

掲載ページなど:233ページ

発行元:日本薬学会