日国友の会

けっしょうせい【結晶性】

読者カード 用例 2020年03月18日 公開

2018年06月08日 古書人さん投稿

用例:「ピラミドン」ハ淡黄白色結晶性殆ント無味ノ粉末ニシテ大約十分ノ水ニ溶解シ
『学事彙報 ○最新薬(「薬学雑誌」(第180号)より)』 1897年3月26日
語釈:〔名〕高分子化合物、岩石などで、結晶を形成する性質、およびその物質の結晶部分をさしていう。

コメント:遡ります

編集部:2008年9月23日付けで、末広鉄男さんに、河上寿男『錬成スキーと雪・冬山』(1944)の例をご紹介いただいていますが、さらに、47年さかのぼります。

著書・作品名:学事彙報 ○最新薬(「薬学雑誌」(第180号)より)

媒体形式:雑誌

刊行年(月日):1897年3月26日

著者・作者:

掲載ページなど:244ページ

発行元:日本薬学会