日国友の会

きょうもの【京物】

読者カード 用例 2020年03月25日 公開

2018年06月10日 古書人さん投稿

用例:一京物大概太刀者。帯表目貫穴上。刀差面之目貫穴下。銘打鑪横下。
『諸国鍛冶寄』 1614頃か年 深尾四郎右衛門眞継
語釈:〔名〕(2)慶長(一五九六~一六一五)以後、京都に住んだ刀鍛冶の作った新刀、また、その刀鍛冶の総称。

コメント:解釈2の初事例です

編集部:第2版では用例が入りませんでした。

著書・作品名:諸国鍛冶寄

媒体形式:単行本

刊行年(月日):1614頃か年

著者・作者:深尾四郎右衛門眞継

掲載ページなど:20ページ〔「続群書類従 巻第九百二十八」(第32輯上)、1925〕

発行元:続群書類従完成会