日国友の会

ステップバイステップ

読者カード 用例 2020年05月20日 公開

2018年07月05日 古書人さん投稿

用例:1889年アメリカ人ストロージャー(A. B. Strowger)が上昇回転スイッチの原理を発明して、ステップバイステップ式(段々式)の自動交換機が発展して、現在広く世界各国で使用されている。
『近代電子工学講座 9 近代応用電子工学』 1969年8月5日 工学博士 井上勅夫
語釈:〔形動〕(英 step by step)段階的に着実に事を運ぶ様子。

コメント:辞典しか事例がないので

編集部:第2版では、勝屋英造『外来語辞典』(1914)の例が添えられています。

著書・作品名:近代電子工学講座 9 近代応用電子工学

媒体形式:単行本

刊行年(月日):1969年8月5日

著者・作者:工学博士 井上勅夫

掲載ページなど:33ページ

発行元:電気書院