日国友の会

ストロージャーほうしき【ー方式】

読者カード 項目 2020年05月20日 公開

2018年07月05日 古書人さん投稿

用例:このストロージャー方式はA形と略称されて、日本にも採用されている。
『近代電子工学講座 9 近代応用電子工学』 1969年8月5日 工学博士 井上勅夫
語釈:〔名〕(ストロージャーは考案者の名前A.B.Strawgerにちなむ)自動電話交換方式として世界最初につくられたもの。アメリカの A.ストロージャーの考案 (1889) 。日本ではA型自動交換機と呼ばれている。この交換方式は,ステップバイステップ方式の一形式で,発呼者のダイヤルパルスによる上昇と回転の2方向の運動によって,接続線を選択する。この方式はその後クロスバー交換機,電子交換機に移行し,現在は使用されていない。(「ブリタニカ国際大百科事典」(デジタル版)より)

コメント:取り敢えず

編集部:第2版では、立項されませんでした。

著書・作品名:近代電子工学講座 9 近代応用電子工学

媒体形式:単行本

刊行年(月日):1969年8月5日

著者・作者:工学博士 井上勅夫

掲載ページなど:33ページ

発行元:電気書院