日国友の会

ダイヤルパルス

読者カード 項目 2020年05月20日 公開

2018年07月05日 古書人さん投稿

用例:もう一つはコネクタと称するもので、1位の数字のダイヤルパルスに相当する数だけ上昇して、10位の数字のダイヤルパルスに相当するだけ回転して、指定された回線へ接続する機能をもち、
『近代電子工学講座 9 近代応用電子工学』 1969年8月5日 工学博士 井上勅夫
語釈:〔名〕(英 dial pulse)アナログ電話回線において、接と断により端末設備(電話機)から電話交換機へ送出する選択信号の名称である。トーンダイヤルに対比して用いられる場合は、ダイヤルパルスに対応した回線種別を指すことが多い。(cf.Wikipedia)

コメント:取り敢えず

編集部:第2版では、立項されませんでした。

著書・作品名:近代電子工学講座 9 近代応用電子工学

媒体形式:単行本

刊行年(月日):1969年8月5日

著者・作者:工学博士 井上勅夫

掲載ページなど:35ページ

発行元:電気書院