日国友の会

バイキングりょうり【―料理】

読者カード 用例 2018年08月01日 公開

2018年07月06日 尽波満洲男さん投稿

用例:一般にはちょっと縁遠いお値段だが、都心のホテルでやっているこれが”バイキング料理”
『朝日新聞』 1959年10月9日
語釈:〔名〕並べられた各種の料理を、各自が好きなだけ取り分けて食べる形式の食事。昭和三三年(一九五八)、北欧のスモーガスボードと呼ばれる料理にヒントを得て、帝国ホテルのレストラン「インペリアルバイキング」が初めて供して以来、日本で呼ばれるようになった名。バイキング。

コメント:遡ります。

編集部:2018年4月1日付けで、ねじり草さんに、矢崎源九郎『日本の外来語』(1964)からの例をご紹介いただいていますが、さらに、5年さかのぼることになります。

著書・作品名:朝日新聞

媒体形式:新聞・広報・官報

刊行年(月日):1959年10月9日

著者・作者:

掲載ページなど:夕刊3ページ

発行元:朝日新聞社