日国友の会

コンパレーター

読者カード 用例 2020年06月29日 公開

2018年07月16日 古書人さん投稿

用例:送信機より発射されたマイクロ波が同じアンテナで受信され、これがコンパレータに入って誤差信号として取り出され、
『近代電子工学講座 9 近代応用電子工学』 1969年8月5日 工学博士 井上勅夫
語釈:〔名〕(英 comparator)基準となる長さとの比較によって物体の長さを精密測定する装置。天文学のスペクトル写真の波長測定や電気回路などで用いられる。

コメント:取り敢えず

編集部:第2版では、用例が入りませんでした。

著書・作品名:近代電子工学講座 9 近代応用電子工学

媒体形式:単行本

刊行年(月日):1969年8月5日

著者・作者:工学博士 井上勅夫

掲載ページなど:88ページ

発行元:電気書院