日国友の会

えきたいレーザー【液体ー】

読者カード 項目 2020年06月29日 公開

2018年07月18日 古書人さん投稿

用例:レーザには固体レーザとか液体レーザといったものもあるが、光通信に使用する場合には連続波が必要であるから連続波を発生するのにもっとも適当なガスレーザについて説明する。
『近代電子工学講座 9 近代応用電子工学』 1969年8月5日 工学博士 井上勅夫
語釈:〔名〕誘導放出を起こす媒体として液体を用いるレーザー。気体の原子や分子などを管内などに封入して励起する。粉末状の色素を有機溶媒に溶かして発振媒体とする色素レーザーが知られる。〔『デジタル大辞泉』@JapanKnowledge〕

コメント:取り敢えず

編集部:第2版では、立項されませんでした。

著書・作品名:近代電子工学講座 9 近代応用電子工学

媒体形式:単行本

刊行年(月日):1969年8月5日

著者・作者:工学博士 井上勅夫

掲載ページなど:97ページ

発行元:電気書院